車は現金ではなくローンで買った方がいい理由はこれだ!

車に乗る女性

ローンは一概に全部ダメ!ということではないようです。識者でも車は現金ではなくローンで買った方がいいと断言する人も多いですよね。車や住宅は金利が低いですからね。一括で買うだけの資金を用意するのも大変です。一括で買ってスッカラカン、急な出費には高利のキャッシングというのは一番やってはいけないパターンです。

今回は『車は現金ではなくローンで買った方がいい理由はこれだ!』についてまとめたいと思います。

借金減額診断【無料】』はこちらからすぐ!
↓↓↓↓↓
東京ミネルヴァ法律事務所 [債務整理]借金減額診断イメージ

現金とローンの魅力

車を買おうか買わないか考えている人もいます。現金で支払う場合、利子もつかないし後からお金がなかったらどうしようという心配をしなくて済みます。しかし一般的にローンの場合は利子がつき、安定した収入がないとローンと一緒に生活していくのが大変と考えてしまいがちです。ローンのいいところは今現金が足りなくても収入がしっかりしていればローンを使って車などの欲しいものを早く手に入れることが出来ます。

ホリエモンなども車は現金ではなくローンで買った方がいいと言っていますよね。やはり手元に現金があればあるほどアクションを起こしやすいからでしょう。

ホリエモン(堀江貴文)の動画で「車は現金で買うな!リースか分割にしろ」とアドバイスがありました。金持ちは確かに借金も大きいのですよね。ですがやはりうまい具合...

審査に喜ぶ男性
前給で乗り切る! 給料債権ファクタリングは【七福神】

車をローンで買った方がいい理由

車のローンにはいろいろ現金で払うよりメリットもいくつかあります。現金で払う方がお金が損しないで済むからいいのではないかとここで考える人も多くいます。しかしながら実際には現金の方がお得とは言わず、ローンの方がお得な場合があります。ローンの方が現金より値引きする金額が大きいため、ローンの仕方によっては有利に持っていけることも出来ます。

キャッシングをオススメする女性
30日間無利息キャンペーン中のキャッシングのフタバ

車をローンで買った方がいい他の理由

ローンには値引きだけではなく他のメリットもあります。せっかく購入しようと手続きをしたのにキャンセルすることもあると思います。実は現金でもローンでもキャンセルをするとキャンセル代金がかかります。現金の場合キャンセル代金は自分で負担しなければいけないし、大変な思いをします。しかしローンの場合キャンセル代金はローンの会社がしてくれるため、ここのところが信用あるというメリットに繋がります。

簡潔に説明するとつまり

簡単に説明すると一見現金の方がお得に感じると思う車の購入ですが、ローンなりにいろいろメリットもあるから、ローンの方をおすすめする人もいます。買ったときに金利がかかって嫌だと思うなら現金、金利は元々安いからメリットの要素で組んで考えるならローンという方法があります。ローンにしても車に関しては金利が安いから今お金がなくてすぐに車が欲しいときは一番簡単な手続きの方法です。ただし収入が安定している仕事についているのが条件です。

車を購入するところによって金利の差は少しある

ここで注意するところは車をローンで組んでいるとき販売店によって金利の差があります。一番おすすめなのはローンの金利が2パーセントもしくは3パーセントのところです。ただし場所によっては金利が高く倍以上の7パーセントのところもあるから注意が必要です。いくら金利が安いといっても7パーセントのところは高いため、金利の低いローンやお店を選ぶのが先決です。

まとめ

ここでまた何故あえてローンを組んだ方がいいかというと、ローンを組むとき先ほど述べたように収入が安定しているのが条件と書きました。新入社員の頃は車が欲しくローンを組まないと買えない金額ですが、働いているうちに収入が上がり安定しやすい会社も沢山あります。つまり今返せない借金でもボーナスを貯めたお金や繰り上がった給料の返済により返すことが出来るようになるから、ローンで買った方がいいという理由に繋がります。特に今ローンしか組めない状態になっている人は、値引き額が大きいところと金利が安いだけでも大きなメリットに繋がります。

こうしたメリットを考えた場合、上手にローンを組むとあまり損はしないで車を購入することが出来て、逆にローンの方がいい場合も出てきます。現金もいいですが、現金だけのメリット、ローンだけのメリットがあり、買う人が望むニーズによって支払い方も選べます。ローンは損ばかりすることが頭にあるかもしれませんが、実際にはローンをする品物や購入しようと思っている金額によっても差はあります。

あなたにオススメする借金対策方法!

借金返済プランに驚く男性

①債務整理検討していない人もまずは借金減額診断しよう!


②ダメ元でおまとめローンの審査に申し込んでみる!

30日間利息無料のキャッシングに申し込んでみる!

④会社勤めの方は給料ファクタリングで前給を検討!