maneoソーシャルレンディングの危険性!担保価値や遅延で浮き彫りに

目論見と男性

会社に対して個人から資金を集めて不動産を担保に金利を還元するソーシャルレンディング。これをmaneoという会社が行っていました。ソーシャルレンディングでは最大手ですよね。

これが今投資家に分配する金利分の遅延が目立つようになりちょっとした騒ぎになっています。元本保証も怪しい事態になっているようです。分かりやすい解説動画とともに問題点を整理してみたいと思います。

今回は『maneoソーシャルレンディングの危険性!担保価値や遅延で浮き彫りに』についてまとめたいと思います。

借金減額診断【無料】』はこちらからすぐ!
↓↓↓↓↓
東京ミネルヴァ法律事務所 [債務整理]借金減額診断イメージ

maneoのソーシャルレンディング延滞問題

maneoが会社の資金繰りとして個人投資家のお金を集めるスキームですから、それ自体は一般的な不動産ファンドと似ていますが、不動産はあくまで担保で投資するのは企業の事業に対するものだということです。さらにmaneo自体の担保不動産に対する価値の決め方や不透明さが色々と際立っていますよね。

問題点を挙げると
①銀行からお金を借りれないリスク企業が対象
②月々金利を支払い、支払えなくなったら担保不動産
③投資家は途中で解約できない
④会社の事業内容が見えない
⑤担保の評価や担当者が怪しい

担保価値が16億ありますよと担保保全(評価付け)をして投資家からお金を集めて、いざ毎月の還元ができなくなり、担保を引き上げようとなった段階で『担保価値が大幅に下回ってますと』いうことになっているようです。maneoは全額元本を補填をしませんから当然投資家の方に負担がくることになりますよね。

担保は業者買取価格で評価されているということですが資料は一切開示されていませんよね。担当者は『保全は問題ない』と言っています。上記の未払い担保割れの件とは真逆の事態となっています。業者が買い取るのではないの?ということです。

元々銀行からお金を借りれないリスク企業に対して事業の健全性も見極めないまま、億単位の金を募集し年利11~14%で還元するといったことが可能であるか?かなりずさんなモデルであるということですよね。これは自転車操業のマネーゲームであるポンジスキームと言われてもおかしくない案件です。

審査に喜ぶ男性
前給で乗り切る! 給料債権ファクタリングは【七福神】

集めた融資資金を流用?

日経新聞でも記事になっていました「maneo」、集めた融資資金を流用 100億円規模か 投資家に虚偽説明、監視委処分勧告へ【日本経済新聞

証券取引等監視委員会はネット経由で小口資金を集めて融資を仲介する投資募集会社「maneoマーケット」(東京・千代田)を行政処分するよう金融庁に勧告する方針を固めた。投資家に事実と異なる説明をして資金を集めた金融商品取引法違反行為が見つかったため。集めた資金は100億円規模とみられ、本来の目的以外に資金が流用されていたという。金融庁は勧告を踏まえ、業務改善命令など行政処分の検討に入る。

これからは個別に訴訟も起きますし、新規事業への悪影響もあることから業績が悪くなり益々投資家への支払いが厳しくなるものと思われます。金融商品取引法違反ということですが場合によっては刑事事件での詐欺罪もあるかもしれません。

ソーシャルレンディングは同じスキームの『みんなのクレジット』ここも要チェックですよね。ネットではmaneoより危ないとの声も出ています。急遽社名を変えてますよね。

キャッシングをオススメする女性
30日間無利息キャンペーン中のキャッシングのフタバ

ルールが追いつかない脆弱性を突かれた

仮想通貨交換業者と同様、急激な市場の拡大に体制整備が追いついておらず、ずさんな運営実態が浮き彫りになった。

仮想通貨でも危ない業者がこぞって参入してきましたが、今やっと審査体制も厳しくなってルール作りも検討されていますよね。

maneoはグリーン社の依頼で、北海道での太陽光発電やスリランカでの水力発電事業への融資名目で年利11~14%で投資家を募集。3084人から約130億円を集め同社に仲介した。だが実際には同社はグループ会社の増資など事前の説明と異なる目的に集めた資金を流用していた。

グリーン社は自己資金と投資家から集めたお金を分けて管理しておらず、焦げ付きが発生する可能性がある。

自社の増資に投資家の資金を使っていたということは本来の投資の意図が違いますよね。多額の資金を簡単に集められるのに、中間に複数の会社を絡ませれば規制の網をすり抜けることができるとのこと。

投資家のお金は帰ってくるのか?

投資家がmaneoに支払ったの20億円は返ってくるのか?その20億の担保となる物件について明らかになっていますが、山の上(新百合ヶ丘)の元病院?これはかなりヤバイですよね。

病院を解体するのも危険性もあるので相当お金がかかりそうですし、担保価値は20億円明らかにないですよね。事業に行き詰まって売れない土地建物を処分するためにこのmaneoのスキームに乗っかったとしか思えないです。

病院の跡地って事は、地下に何か旧建物や汚染物が埋まっている可能性が高いですね。土地を売る時の条件で土壌汚染の箇所に注意しないと危ないですね。

投資される方はリスクを考慮することは勿論のこと、特に担保物件の価値や会社の事業内容などをよく精査することをおすすめします。maneoの案件全てが詐欺案件ということではないわけですからね。

あなたにオススメする借金対策方法!

借金返済プランに驚く男性

①債務整理検討していない人もまずは借金減額診断しよう!


②ダメ元でおまとめローンの審査に申し込んでみる!

30日間利息無料のキャッシングに申し込んでみる!

④会社勤めの方は給料ファクタリングで前給を検討!