債務整理で弁護士費用が払えないとどうなる?弁護士辞任はこんなケースも・・

場外馬券場

債務整理で弁護士費用が払えないと最悪は『辞任』しますよね。

依頼者は多重債務者ですからお金にルーズであったり何かしらのリスクは抱えていると弁護士さんは分かっているものの、債務整理という最終的な約束を破られては、信頼することはできなくなりますよね。ビジネス的にも未払いを取り立てる行為はコストが掛かりますし面倒くさいですしね。

一回辞任されると、途中で債務整理を投げ出すことになりますから一斉に取り立てが再開しますし、次の弁護士を探してもなかなか見つからない場合もあります。また自己破産しか選択肢が無くなってしまったという方もいますよね。

今回は『債務整理で弁護士費用が払えないとどうなる?』についてまとめたいと思います。

借金減額シミュレーター【無料】』はこちらからすぐ!
↓↓↓↓↓
東京ミネルヴァ法律事務所
東京ミネルヴァ法律事務所】東京都港区新橋2-12-17 新橋I-Nビル9階 代表弁護士:川島 浩 東京弁護士会(登録番号43058)

弁護士辞任はこんなケースも・・

ギャンブル浪費が原因の借金で弁護士さんに個人再生の依頼。途中生活が楽になったので競馬の馬券を購入してしまい、提出する銀行の取引履歴で弁護士さんに知られてしまい辞任されてしまいました。

例え毎月の支払いが出来ていてもこのように辞任されるケースがあります。銀行の通帳もそうですが、収入や入出金は弁護士がきちんと把握していますからね。ギャンブルで借金を作り弁護士に相談して債務整理、そしてまたギャンブルをやるとなるとかなり厳しいのではないでしょうか。

”キャンブル依存の深い闇、公務員から犯罪者に転落”というニュースの特集がかなり印象深かったですね。原さんは25年パチンコにのめり込む。当時は東京都交通局に就職。...
審査に喜ぶ男性
前給で乗り切る! 給料債権ファクタリングは【七福神】

弁護士に頼むときはお金がかかる

借金を返せないと困ったりトラブルまで発生したりします。こんなとき誰かの力があれば解決出来るのにと思う心理になります。しかしここで弁護士に債務処理を行うとまず弁護士を通したときのお金が発生します。このお金のことを債務処理の着手金と言って、数十万のお金が必要になります。もし払わないとどうなるかというと、債務処理は受け付けて貰えず、話はなかったことになります。いくら借金に困っているとは言っても弁護士に頼むときも何かするでもお金がいることを考えるようにしないと大変なことになります。

キャッシングをオススメする女性
30日間無利息キャンペーン中のキャッシングのフタバ

困ったらまず電話をして相談をしてみる

未払いが続くとどうなるか?せっかく借金のトラブルをなくそうとしかけていたのがまた続くようになり、結果的に何も変わらなくなってしまいます。それどころかこの案件に関して弁護士に払う費用は払わない限りずっと催促されてしまい、弁護士のことと借金のことで2つ借金のトラブルを抱えてしまいます。

弁護士費用が払えないからと言っても、払えないままにしておくのは一番いけません。弁護士と借金している人の信用、着手金という契約の信用も薄れてしまいよくありません。どうして払えないことがあるかというと、確かにお金がないというケースもありますが、銀行でお金を下ろす時間を忘れてしまったり、振り込む時刻を忘れてしまう人もいます。このお金を下ろすのを忘れていたり振り込む時刻を忘れていた場合は相談次第では期限を延ばせる場合もあります。くれぐれもこれからは忘れないように気を付けなければいけません。

デメリットをなくすために

弁護士を頼む場所によっては、この債務処理の発生する着手金が無料になってるところもあります。債務処理は本当は数十万お金がかかりますが、場所によってはお金がかからないのは大きなメリットです。今でもただでさえ借金のトラブルを抱えているからなるべくお金の支出は減らしたいところです。無料ではなく分割払いで対応しているところもあり、今お金に困っている人のために向けたいいサービスがあるところもあります。

借金をしている人は普段から心掛けが必要

確かにむやみに借金を作るのはあまりよくありませんが、どうしても生活上借金を作る場合があります。この借金を作ったら今まで通り働くだけではなく、給料アップのことを考えたり弁護士に頼むときのお金のことまでしっかり勉強しておく必要があります。あまりにも何も知らないでいるとどんどん悪い方へ進みます。困ったら自分で判断せず、勉強して行動しないといけません。弁護士の費用は通常は最低でも50万円は用意しておかなければいけないし、もう少しお金がいるところもあります。

まとめ

結果としては弁護士にお金が払えないとどうなるかというと、簡単に説明すると案件を断ち切ってしまうどころか、借金に関してどんどん悪化します。要するに今までの借金と弁護士に払う借金と2つも借金をしてしまいます。あらかじめお金は前もって用意する必要があり、ぎりぎり生活をしているといざというときに困ります。収入も最初から安定したところで働き、弁護士に頼むときはもう一度頭でよく考えて判断することをおすすめします。むやみに弁護士に頼んだりすると高額な料金が発生してしまい、ますます困ります。こうならないためにも普段から借金をなるべく作らないようにしておきます。

あなたにオススメする資金繰り対策!

借金返済プランに驚く男性

①債務整理検討していない人もまずは借金減額シミュレーター

②ダメ元でおまとめローンの審査に申し込んでみる!

30日間利息無料のキャッシングに申し込んでみる!

④会社勤めの方は給料ファクタリングで前給を検討!

⑤請求書をオンラインで現金化クラウドファクタリングが便利!