開業医の破産の現状!早めに勤務医としてやり直すのが得策

開業医

医者も儲かる職業ですが、それ以上に借金の金額が多く設備投資もかなりの負担になりますよね。莫大な借金を抱えて自己破産してしまう開業医は多いです。しかしながら自己破産し勤務医に戻っても一般人よりは復活は早いですよね。

失敗しても何度でもチャレンジできるのが開業医です。本業意外に不動産投資で失敗する人なども稀にいますが、そういう方は一度本業に専念していただきたいと思いますよね。

借金減額診断【無料】』はこちらからすぐ!
↓↓↓↓↓
東京ミネルヴァ法律事務所 [債務整理]借金減額診断イメージ

開業医の破産

一般的には開業医でも破産するのかと思われる方が多いでしょう。それが昨今の状況では十分あり得るのです。特に、過当競争が顕著になっている歯科医は要注意です。なぜ高収入の代表格である医者が破産するのか。それは収入に対して借金が多すぎるからです。そして破産後はどうなるのでしょうか。ここでは、医者の開業についての現状をみてみましょう。

審査に喜ぶ男性
前給で乗り切る! 給料債権ファクタリングは【七福神】

医者が借金する理由

医者が開業しようと計画したときは、建物の内外装やデジタルレントゲン、診療用イスなどの設備投資と、保険診療なのではじめの入金が2ヶ月後になるため、その分の運転資金が必要になります。自己資金があればいいのですが、トータルで何千万円とする資金をすべて自己資金で調達できる医者はほとんどいません。

ここで、立派な医院にしようとしたら、1億円とはいかないまでもそれに近い投資をしてしまう場合もあります。銀行サイドは医者はあまりはずれがない融資先と思い込んでいる部分があるので、結構積極的に融資します。このような構造で創業時に多額の借金が作られることが少なくないのです。

・創業時の資金調達で借金は作られる。

キャッシングをオススメする女性
30日間無利息キャンペーン中のキャッシングのフタバ

選ばれる医院になれるか

医者も商売であれば差別化できることが必要です。しかし、中には医師免許があれば大丈夫と考える医者もいて不用意に開業してしまう人が必ずいます。歯科医師などは数が増えてきており、患者にアピールできる技術などがないと選ばれる歯科医にはなれません。患者に嫌われるとたちまち地元の噂になって、その医院は流行ることはありません。あわてて途中でやり方を変えたとしても、一度広まったネガティブな印象はなかなか改善できず、結局は必要な売上が何年経っても計上できないことになります。

そのへんは、飲食店とほとんど一緒です。新しいお店ができたと思っても、すぐにつぶれることが多いですよね。お客を呼び込む魅力、他店との差別化がないと生き残れないのです。銀行も医者だから貸すのではなく、商売として成り立つように差別化ができるのかを審査しないと、不良債権が増えるばかりになってしまいます。

・医院も創業時に差別化できないと、生き残れない。

ついに破産

収入はほとんどなく、借入は超高額。銀行に条件変更してもらい、元金の支払を待ってもらう程度では、どうにもなりません。となれば、債務整理や破産の道をたどることになります。病院の経営がうまく行かず、今後もうまくいく見込みがないのであれば、潔く整理するほうが賢明でしょう。

ずるずると頑張ってみても傷口が広がるばかりです。ここで気になることは、自己破産によって医師免許はどうなるのかということです。結論は、医師免許が剥奪されることはありません。ということは、破産後も勤務医としてほかの病院でやり直しをすることができるということです。

・破産しても、医師免許には影響がない。

破産からの復活

破産は人生全て終わりのようなイメージがあります。しかし、破産は新しい人生の始まりでもあるのです。前述したように、医師免許さえあれば、そして条件さえこだわらなければ雇ってもらえる病院はまだあります。破産後はクレジットやローンは組めませんが、10年程度経てばまた借入ができるようになります。それまでしっかり自己資金を貯めて、今度は失敗しないように再度開業にチャレンジすることもできます。そのために大事なのは、あきらめる判断です。

ぎりぎりまで頑張るとよけいに借入を増やしたりして、悪循環になってしまうことが多いです。これは一般の方も同じですね。早めに債務整理に強い弁護士に相談することが正しいあり方です。

・再出発のために、失敗したと思ったら早めに専門家に相談する。

あなたにオススメする借金対策方法!

借金返済プランに驚く男性

①債務整理検討していない人もまずは借金減額診断しよう!


②ダメ元でおまとめローンの審査に申し込んでみる!

30日間利息無料のキャッシングに申し込んでみる!

④会社勤めの方は給料ファクタリングで前給を検討!