借金返済のために車を売却するべきか?

車を売却するか悩む妻

『返済キツイから車売るか・・・』

車はかなりの金食い虫ですからね。手放すのは合理的です。毎月の固定費もだいぶ楽になりますからね。

借金返済のために車を売却しようかと検討する人も増えています。車は維持費がかかるので家計を圧迫する原因にもなっています。借金返済が困難で車を持っている方は一度手放すことで借金返済負担が軽くなることもあります。

借金減額シミュレーター【無料】』はこちらからすぐ!
↓↓↓↓↓
東京ミネルヴァ法律事務所
東京ミネルヴァ法律事務所】東京都港区新橋2-12-17 新橋I-Nビル9階 代表弁護士:川島 浩 東京弁護士会(登録番号43058)

車にかかる費用が無くなれば返済負担が軽く

車のガソリン代や安いスタンドを探したり、メンテナンスにかかるお金は安い車用品店でも購入でき、100円ショップにもカー用品の取り扱いもあるのでちょっとした工夫で節約することは可能ですが、車にかかる税金、保険、車検代はお店のように安いところを選ぶというのは不可能で、車の維持費用として必ずかかるものです。税金、保険、車検代は車を持っている人は有無を言わさずのしかかってくるものですが、これを車を売却することでゼロになるので家計にとっても、借金返済を考える人にとっても経済的負担や精神的負担を軽くできることが期待できます。

公共交通機関も通っていなくて車が無いと移動も不可能と言う場合以外では、車が無くても生活している人は沢山います。現在ある借金を考えてみて返済の見通しが立たなくて、毎月借金を返すために頭を悩ませているのなら車を売却することを考えた方が良いと言えます。

審査に喜ぶ男性
前給で乗り切る! 給料債権ファクタリングは【七福神】

もし借金を返済できないのに車を所有していたら

借金が返済できずに万が一滞納している状態なのに車を持っている場合は財産として差し押さえられてしまうのではと不安になりますが、突然差し押さえることはありません。それは、車の価値と言うのは年々下がるからです。

当時は新車で購入してもその5年後には価値が半額になり、100万円の新車だったら50万円にまで下がってしまうのです。半額になった価値の車を売却するとなると10万円以下となり、車自体の売却価値が低いと言う結果になり、差し押さえる対象としない場合が多いです。

ですが、税金や車検などをひっくるめて年に数万円の維持費がかかる車を持つのであれば、その分を返済に回した方が良いですし、車を売却すれば保険や車検、税金といった維持費はかからなくなり、駐車場も必要なくなり、何年も乗っていて価値が下がっていたとしてもいくらかお金は入ってきます。その分を借金返済に回すことも出来ます。

キャッシングをオススメする女性
30日間無利息キャンペーン中のキャッシングのフタバ

車を高く売るには?

車を売却するなら1円でも高いところで売りたいものです。1円でも高く車を売りたいなら1社の査定で満足することなく、何件かの買取業者に査定を依頼して相場を知ることです。ですが、1件ずつ業者を回って査定してもらうのは交通費と時間もかかり効率が悪いです。

そこで高く買取してもらうのにおススメなのがネットでの一括査定です。ネットで登録して入力することで複数の業者に査定依頼でき、どこが高いかを一目でわかるようになっています。下取りしてもらうよりも高い査定額が出ることもあるので高く売りたいなら下取りではなくネットでの一括査定を活用することです。

ローンを支払い中!それでも車は売れる?

ローンの支払いが終わってない状態でも車を売却することは可能です。だた、車の名義が誰になっているかによって売却方法は変わることを知っておきます。車検証の中段にある「所有者の氏名または名称」を確認して、そこに本人もしくは家族の名前である場合は簡単に売却できます。家族が所有者の場合は委任状を準備する必要があり、銀行のマイカーローンを利用している場合はローンによっては支払い中の売却を禁止している場合もあるので事前に必ず確認が必要です。

もし、車検証の所有者欄がローン会社、ディーラ、クレジット会社の名義となっている場合は自分が所有者ではないのでそのままでは車を売却できず、ローン会社やディーラーにある所有権を解除し自分名義にする必要があります。その場合はローンの完済が必要ですが、車を売却して得た代金を使ってローンを支払うことで売却可能です。これは売却料金がローンの残りを上回っていれば可能ですが、ローンの残りよりも売却代金が少ない場合は車を売却した後に返済できない分のローンの支払い義務が残ります。ローンの残りがいくらあって、自分の車がいくらで売却できるのかを事前に調べる必要があります。

よって、借金返済のために車を売却してその代金を返済に回すことで返済負担を軽くできる可能性があることが分かります。ローンの支払い中でも売却は可能ですが、車検証の名義が「自分もしくは家族」か「それ以外」で売却方法が変わる点を知っておく必要があります。車の売却の査定にはネットで一括査定を活用することで効率良くどこが高く売ってくれるかを確認できます。

あなたにオススメする資金繰り対策!

借金返済プランに驚く男性

①債務整理検討していない人もまずは借金減額シミュレーター

②ダメ元でおまとめローンの審査に申し込んでみる!

30日間利息無料のキャッシングに申し込んでみる!

④会社勤めの方は給料ファクタリングで前給を検討!

⑤請求書をオンラインで現金化クラウドファクタリングが便利!