入院時に保証人がいない場合どうすればいいのか?

入院個室

独身や高齢者、また親に頼れないような方が単身で入院する際、保証人がいない場合は病院から断られることが多いそうです。いわゆる入院費の未払いを心配しての事です。借金を抱えて現金がないような方も自分が病気になった際の事は想定しておいた方が良さそうです。

この問題に対しては国の指導要綱もあります通り、いくつか対策があるようですのでご紹介しておきます。

今やるべきことは借金一本化!
最短で翌日の融資!老舗の安心できる企業です!
↓↓↓↓↓

保証人代行サービスの活用

入院時に身の回りに保証人がいなくても、保証人代行サービスというシステムを活用することで入院することが可能になります。現在、保証人代行サービスを行っている会社や団体は、以前と比べると増加してきています。

このような保証人代行サービスを利用することで、身の回りに家族や親戚、友達などといった人がいない人でも安心して保証人の代行を任せることが出来ます。例えば、保証人代行サービスを行っている一つとして行政書士の人が挙げられます。行政書士の人の仕事は、死後の事務委任契約や遺言書などといった法的な手続きを行うエキスパートです。

そういった死後に関する問題や事務手続きなどの法的準備を代行してくれるので、身元の保証や身元の引き受けなどが可能となります。しかし、行政書士の人に保証人の代行を頼む上で一つ注意しなければならないことがあります。行政書士の人は仕事の関係上忙しいことが多く、入院してから頼むといったようなことは、スケジュール上難しい場合があります。

緊急時の入院以外ではなるべく事前に時間と余裕を持って代行手続きの相談の話し合いを進めておきましょう。また、それ以外にも病院側とも事前に相談をしておくことで、代行手続きの作業が捗ります。代行手続きを行っている会社は、NPO団体などというように他にもいくつか存在しており、以前よりも増加してきているのが特徴です。

おまとめローンに通った男性
1本化ローンのユーファイナンス

保険会社の契約サービスを利用する

保険会社の中には契約サービスの一つとして、入院時の身辺整理や入院時の保証人になるサービスなどといった様々なオプションが付いている場合があります。このオプションサービスのプランを活用することで、保証人の代わりになってくれる場合があります。

保険会社によって、それぞれのオプションサービスが異なりますので確認をしてみるのが良いでしょう。まだ保険会社に契約をしていない人や、これから契約の更新をする予定がある人は、そういった入院時の保証人となってくれるオプションサービスのプランがあるかどうか確認をしてみるのが良いでしょう。

キャッシングをオススメする女性
30日間無利息キャンペーン中のキャッシングのフタバ

クレジットカード払いで入院費を払う

病院によっては、患者さん本人がクレジットカードで入院費を確実に支払う場合、入院時の保証人が不要になるケースもあります。もちろん全ての病院で可能になる訳ではありませんが、きちんと入院費の支払いが約束されることで、保証人がいなくても入院を受け入れてくれる病院があるのは確かです。

また、クレジットカード払い以外でも、入院する前に前金として一定の金額を支払うことで、保証人がいない場合でも入院をさせてくれる場合もあります。病院によって金額は異なりますが、大体20万円程度はかかります。

入院先の医療ソーシャルワーカーに相談する

医療ソーシャルワーカーさんの仕事は、社会福祉の立場から患者さんの病気や心理的、社会的問題などに関することを解決するプロフェッショナルです。大きな病院には大抵医療ソーシャルワーカーさんがいますので、保証人がいないことを話せば色々と親身になって相談に乗ってくれます。また、医療ソーシャルワーカーさんは、他分野などの職種との横の広がりが大きいため、入院時における保証人の問題を解決してくれる案を提案してくれます。

入院時の保証人は、「なし」で通す

入院時には必ず保証人の確認を取られます。しかし、保証人を求められたとしても「なし」で通すという手段もあります。これは病院にもよるのですが、保証人の記入欄に「なし」と記入しても入院することが出来る場合もあります。あくまでも最終手段の内の一つとして覚えておくと良いでしょう。

あなたにオススメする資金繰り対策!

借金返済プランに驚く男性

借金減額シミュレーターはここからスグ!借金どのくらい減る?


②借金相談は債務整理の全国無料相談で解決する!

③借金増えたらおまとめローンの審査に申し込んでみる!

30日間利息無料のキャッシングに申し込んでみる!