交通事故の示談金を支払えない場合の対処法!

事故でムチ打ちになった男性

交通事故の示談金が払えないとなると犯罪行為に発展する可能性もあり、逮捕や収監することもあります。

交通事故は相手の命を奪ってしまうリスクがあります。たとえ命を奪ってしまうような事故ではなくても相手の肉体的や精神的に影響を及ぼし、障害となって残ってしまうこともあります。示談金が発生すると数万というわけにはいかず、数十万、数百万という高額請求されるものなので高額な示談金を支払うのは難しく、自分の貯金で払えないと悩むケースは多いです。そこで、交通事故の示談金が払えない場合の対処方法を調べました。

借金減額シミュレーター【無料】』はこちらからすぐ!
↓↓↓↓↓
東京ミネルヴァ法律事務所
東京ミネルヴァ法律事務所】東京都港区新橋2-12-17 新橋I-Nビル9階 代表弁護士:川島 浩 東京弁護士会(登録番号43058)

交通事故の示談金を払えない場合の対処方法その1:「分割払いは出来ないか交渉する」

示談金は基本は一括払いになりますが、金額が高額になるケースが多いため、一括で払うのは難しい場合は分割払いが出来ないか相手に交渉してみることで支払い負担を軽くする方法を取ってみます。

この時最初に一括払いでと決めたのにやっぱり払えないから分割にして欲しいと後から依頼するのは印象が悪いので、示談の時に分割払いでも構わないという取り決めがされているかどうかを確認することです。分割払いでも構わないという取り決めがあることが確認できたら相手の同意を得れば分割払いが可能となります。

定職に就いていて給料が安定していることや担保、連帯保証人がついてると支払いの見込みが高いと判断され、分割払いが認められる可能性も高くなります。分割払いの場合は最初にある程度まとまった金額を払っておき、支払えない分だけを分割にしてもらうとより印象が良いです。

審査に喜ぶ男性
前給で乗り切る! 給料債権ファクタリングは【七福神】

交通事故の示談金を払えない場合の対処方法その2:「お金を借りる」

分割払いが出来なく、自分の貯金で工面も難しく示談金が払えない場合は他人からお金を借りることも必要になります。交通事故は自動車保険や自賠責保険での保証金がありますが、それで示談金を支払えない場合はお金を借りてでも支払う必要があります。

しかし、交通事故の示談金は個人レベルで銀行や金融機関での借り入れは不可能なので、お金を借りる方法として親や兄弟、親戚、知人、友人に借金をするかキャッシングを利用してお金を用意して支払いすることになります。

キャッシングをオススメする女性
30日間無利息キャンペーン中のキャッシングのフタバ

交通事故の示談金を払えない場合の対処方法その3:「カードローン」を利用する

すぐに示談金を捻出したい場合にカードローンを利用して対策を取るのをおススメします。月々決まったお金を返済する必要は出てきますが、カードローンの中には家族に分からない形でローン契約を結べたり、契約までWEBで完結したり、申し込みから契約までスピーディーに行ってくれるところも増えていますので、交通事故の示談金のようにまとまったお金を準備したい場合に活用できます。

カードローンを利用する際は大手の会社で一定期間金利0円サービスを行っているところを選ぶと安心してお得に利用できます。

交通事故の示談金を払えない場合の対処方法その4:「債務整理する」

ローンや借金返済を行っている方は返済に追われているので示談金を払うのは不可能なケースが多いです。交通事故なら対人対物の保険金が払われますが、それでも支払う示談金が足りない場合は債務整理をして今ある借金を整理したり、清算する必要も出てきます。

交通事故の示談金は基本は一括即時払いとなりますが、示談金は高額になるのですぐに用意が難しい場合は分割にしてもらうことを交渉し、分割払いで足りない分はお金を借りたり、カードローンを利用して払うことになります。しかし、ローンや借金返済がある方でローンを組むことが難しく、まとまった金額をすぐに用意することが不可能な場合は最終手段として債務整理を行って借金の整理や清算をして示談金を工面することになります。

あなたにオススメする資金繰り対策!

借金返済プランに驚く男性

①債務整理検討していない人もまずは借金減額シミュレーター

②ダメ元でおまとめローンの審査に申し込んでみる!

30日間利息無料のキャッシングに申し込んでみる!

④会社勤めの方は給料ファクタリングで前給を検討!

⑤請求書をオンラインで現金化クラウドファクタリングが便利!