国民健康保険を未払いの状態で病気になったら?猶予期間と分割の話し

病気のマスク女性

なんとか生活を凌いでいても国民健康保険の未払いで病気になると医療費がトンデモないことになりますよね。病気も放置するわけにも行かず、やはりなんとかして保険料を支払っていく方法が望ましいです。

会社で勤めている人は社会保険に加入することになりますが、個人事業主や無職の人は国民健康保険に加入することになります。その保険料を払わないとどうなるのでしょうか?

今やるべきことは借金一本化!
最短で翌日の融資!老舗の安心できる企業です!
↓↓↓↓↓

督促等の流れ

支払いがないことが確認された場合には、市役所の国保年金課から支払いをお願いする書面が送られてきます。そのまま放置していると市役所から電話がきたり、自宅に直接来たりということになります。それでも支払いがない場合には、給与や財産の差し押さえが行われ、保険料を強制的に支払うことになります。

保険料を支払わない期間が一定期間あると、保険証を返す必要があり、その代わりに短期保険証というものをもらうことになります。使っていくうえでは保険証とほとんど変わりはありませんが、有効期間が保険証に比べて格段に短いため、更新する手間が出てきます。さらに保険料を支払わない期間が長引くと、短期保険証から資格証明書に変わります。これは病院を受診すると窓口で10割負担をしなければならず、その後に市町村に自分で申請することにより、差額の代金が戻ってくることになります。

資格証明書がある段階では、保険証がある時と同等の医療のサービスを受けることが可能ですが、保険料を支払わない期間が1年6ヶ月を経過すると、お金が返ってくることもなくなってしまうため、特別医療費や高額医療費も10割の負担になってしまいます。

おまとめローンに通った男性
1本化ローンのユーファイナンス

未払いの時に病気になったら?

保険証には有効期限があって、仮に保険料を支払っていなかったとしても、有効期限内であれば保険証を使うことができます。有効期限がもし切れてしまった場合でも、緊急を要する病気になってしまった場合には、役所にその理由を説明することによって、緊急に発行する場合があります。

病院の窓口で後から保険証を提出すると言ってから、役所で手続きをして発行してもらう方法がありますが、全国各地によって手続きが異なってくる場合があります。保険料が未払いであったとしても、保険証が有効期限内かどうかを確認することが大事になります。

キャッシングをオススメする女性
30日間無利息キャンペーン中のキャッシングのフタバ

保険料を支払うことができない場合の対処法

保険料を支払えるのに支払わないのは非常に悪質なものですが、支払うことができずに滞納してしまうこともよくあります。その場合の対処法についてですが、まずは市役所には相談窓口が必ずありますので、まずは支払うことができない理由をきちんと説明することが大事です。病気やけがをしたために働くことができず、保険料を支払えないなどという理由を話せば、何らかの対処をしてくれることがあるでしょう。

また、滞納した分を一度に全部支払うことが難しい場合には、猶予期間を設けてくれることがあります。何回かに分けて支払うことを認めてくれる場合もあります。ただ、それ相応の理由があることが必要であるため、生活状況などを事細かに質問されることになります。私のケースですと一部ですが月3千円しか払えないと直訴したところ、保険証は発行してくれましたね。自治体とか担当者によっても扱いが変わりますのでまずは相談することが先決です。無視してても役所から家に来ますけどね。

さらには会社が倒産して職がなくなってしまったり、地震や水害などの災害によって被災したり、生活保護を受給していたりなど生活していくうえでの重大な事態のために保険料が支払えなくなった場合には、保険料が下がる可能性があります。世帯収入や国民健康保険に加入している家族の人数、所得税額や固定資産税額などによって下がる割合が決定されます。

減額の申請については、期限の7日前までに行うことが義務付けられているため、納付期限が過ぎたものについてはその保険料を支払う必要があります。特別な理由がある場合には期限を過ぎても認められる場合がありますが、事態に気づいたらできるだけ早めに市町村に相談をすることが大事になります。

あなたにオススメする資金繰り対策!

借金返済プランに驚く男性

借金減額シミュレーターはここからスグ!借金どのくらい減る?


②借金相談は債務整理の全国無料相談で解決する!

③借金増えたらおまとめローンの審査に申し込んでみる!

30日間利息無料のキャッシングに申し込んでみる!