失業保険受給中にアルバイトしていいの?1日4時間の壁

飲食店でアルバイトする男性

失業保険をもらいながらアルバイトできればいいのになぁ

焦って転職するより期間いっぱいまで失業保険もらいながらじっくり良い職場を探していきたいという考え方もあります。その間にアルバイトができれば効率がいいですよね。ただ失業保険のルールもありますからよく調べてから行動したほうが良さそうです。

今回は『失業保険受給中にアルバイトしていいの?1日4時間の壁』についてまとめたいと思います。

借金減額診断【無料】』はこちらからすぐ!
↓↓↓↓↓
東京ミネルヴァ法律事務所 [債務整理]借金減額診断イメージ
東京ミネルヴァ法律事務所】東京都港区新橋2-12-17 新橋I-Nビル9階 代表弁護士:川島 浩 東京弁護士会(登録番号43058)

雇用保険の加入

現在では会社に勤務している従業員は全員が「雇用保険」に加入しているため、どんな事情にしろ会社を辞めた場合は失業保険を受給できます。ただ、退職してすぐに失業保険を受給できるわけではなく、7日間の「待期期間」があります。また、自己都合で退職した人はさらに、3ヶ月の「給付制限期間」があります。

ところで、失業保険だけだと収入が大幅に減るため(給与の50~60%)、アルバイトをして収入を増やそうとする人がいますが、失業保険の支給条件に抵触することになります。

審査に喜ぶ男性
前給で乗り切る! 給料債権ファクタリングは【七福神】

失業保険期間中のアルバイト

実は、失業保険期間中のアルバイトに関して、厚生労働省には違反規定がありません。ただし、アルバイトをした時間や日数、収入などによって、失業保険が不支給になったり、給付額が変わったりします。なお、アルバイトをした場合は、必ず「失業認定申告書」に内容を漏らさず記入しなければなりません。

7日間の待機期間中のアルバイトは一切できず、行うと待期期間がその分延長されます。ただ、給付制限期間中であれば、1日4時間以上だが、週に20時間未満のアルバイトのような「就職扱い」とされないアルバイトであれば問題ありません。

失業保険受給中のアルバイトについては以下の2つに分かれます。

キャッシングをオススメする女性
30日間無利息キャンペーン中のキャッシングのフタバ

1日4時間未満のアルバイト

4時間未満のアルバイトの場合は内職と見做され、失業保険の給付が即不可になることはありません。ただし、アルバイトの収入金額によって、失業保険の金額が変わります。

なお、減額された失業保険が支給された場合はそのまま給付予定日数から減らされ、不支給になった場合は不支給になった日数分(アルバイトをした日数分)だけ「繰り延べ」されます。例えば、給付予定日数90日の人が7日間アルバイトをして不支給になると、90日目の後に7日間の給付日数が付け加えられます。

ちなみに、アルバイトをした場合の給付額は以下の3通りになります。

・全額支給:
基本手当日額が全額支給されます。
アルバイト収入額-控除額1,287円+基本手当日額≦賃金日額の80%の場合

・減額支給:
基本手当日額から賃金日額の80%を超えた金額分が減額されます。
アルバイト収入額-控除額1,287円+基本手当日額>賃金日額の80%の場合

・不支給:
基本手当日額は全額支給されず、繰り延べされます。
アルバイト収入額-控除額1,287円≧賃金日額の80%の場合

なお、基本手当日額は失業保険の基本となる1日分の給付額のことであり、賃金日額は退職前の給与の1日分の金額です。

1日4時間以上のアルバイト

1日4時間以上のアルバイトをすると、失業保険が支給されません。ただし、失業保険が無くなるわけではなく、給付予定最終日の後ろへ繰り延べされるだけです。

アルバイトをしても、失業保険の全額受給が可能な場合例えば、退職前の平均月収30万円(賃金日額1万円)のAさん(34歳、雇用保険加入期間12年)が会社都合で退職すると、基本手当日額は5,687円です。そのAさんがアルバイト収入を得た上で、且つ失業保険を全額受給できるのは、1日のアルバイト代が以下の金額の場合です。

(賃金日額1万円×80%)+控除額1,286円-基本手当日額5,687円=3,599円

従って、時給1,000円で、1日3時間のアルバイトなら(3,000円)、アルバイト代を手に入れた上に、失業保険も全額貰えます。また、1日3時間であれば、就職扱いにもなりません。

再就職

現実としては、アルバイトを黙っていてもバレることはありません。ただ、アルバイトをするよりも早く再就職先を見つけて、「再就職手当」を貰った方がよほど賢明です。

あなたにオススメする借金対策方法!

借金返済プランに驚く男性

①債務整理検討していない人もまずは借金減額診断しよう!


②ダメ元でおまとめローンの審査に申し込んでみる!

30日間利息無料のキャッシングに申し込んでみる!

④会社勤めの方は給料ファクタリングで前給を検討!