飲食店テナントの賃料滞納リミットは3ヵ月間!対処法まとめ

飲食店

お店を経営していく上でテナントの賃料滞納は頭が痛い問題ですよね。店を開けないと利益が出ないのですからどうしようもありません。とはいえ浮き沈みの多い店舗事業において借金などが影響し、黒字でもキャッシュフローが悪化する場合もあるということです。

今回は『飲食店テナントの賃料滞納リミットは3ヵ月間!対処法まとめ』についてまとめたいと思います。

借金減額診断【無料】』はこちらからすぐ!
↓↓↓↓↓
東京ミネルヴァ法律事務所 [債務整理]借金減額診断イメージ

飲食店テナントの店舗契約

飲食店テナントが賃料滞納したらどうなるのかは、創業当初の賃貸契約にさかのぼらなくてはなりません。飲食店は創業する際には必ず店舗契約を結びます。その時の大家との約束事を店舗賃貸借契約書として書面で残します。

賃貸借契約は普通の契約とは違って、大変重い契約です。もちろん簡単に解除はできません。そこで双方で話し合って、こういうことをすれば契約解除になるということを決めます。実務上は、3ヵ月間の家賃滞納があった場合に契約解除とする条項を入れることがよくあります。

審査に喜ぶ男性
前給で乗り切る! 給料債権ファクタリングは【七福神】

家賃滞納の度合いは?

大家の立場で考えれば家賃滞納はたまったものじゃありません。本当は1ヵ月滞納されただけでも解除したいのが本音でしょう。そのような条項を入れれば1ヵ月の滞納でも解除できるのでしょうか。答えはNOです。本来解除は貸主と借主の信頼関係が壊れることが前提になります。

それが実務上は3ヵ月程度なのです。一方で、契約時に大家と交渉して6ヵ月や1年の滞納で解除としてもらうのは可能です。なぜなら借主は借地借家法によって守られているので、借主に不利な特約は認められないからです。賃貸契約を結ぶ際には、経営者は条件面をしっかりと確認しておくことが大切です。

キャッシングをオススメする女性
30日間無利息キャンペーン中のキャッシングのフタバ

もしも信頼関係が壊れたら

飲食店は競争が激しいです。飲食店間の競争だけでなく、コンビニやファーストフード店の食べ物も安くておいしくなっているので、店を継続するのは本当に大変な時代です。そのような状況で売上が芳しくなく、やむなく家賃の滞納に至るケースは増えてきています。それでは、契約で3ヵ月の滞納で解除と決めて、実際に滞納してしまったらどうなるのでしょうか。

そのときは基本的には撤退を覚悟しなければなりません。しかし、大家との交渉でうまくいけば多少は待ってもらえるかも知れません。その際単純に待ってもらうよりは、分納のほうが良いでしょう。交渉により分納で了解してもれえれば何とかつなぐことはできます。

もしも厳しい大家で、信頼関係が壊れたと契約通り解除を求められたらどうでしょうか。そのときは契約次第では現状復帰工事をしてから出て行けとなるかも知れません。家賃の支払もできないのに、さらにせっかく内装工事などお金をかけたのに、現状復帰工事でお金をかけることなんてとても無理でしょう

経営者としてはとても苦しむことになります。もともと経営がうまくいっていないので、銀行も貸してはくれません。行き詰まって、夜逃げ同然で撤退となるのです。あなたの近くにも昔の看板がかかったまま営業していないお店がちらほらありますよね。

きれいな撤退方法はあるか?

それでは、そういう最悪のケースでもソフトランディングできるものなのでしょうか。何とかしようとするなら、大家の了解を得て、この場所で創業したい人に内装設備と厨房設備一式を買い取ってもらう方法があります。うまくいけば現状復帰工事をせずに、しかも売却金額もいくらかは手に入ることになります。

創業時には銀行や日本政策金融公庫などから借入をしているはずですから、その返済に回すこともできます。夜逃げやただ単に現状復帰をするよりはよっぽど良い撤退になるでしょう。

自営業で赤字に陥るとなかなか抜け出せなくなりますよね、そんな中でふと廃業も頭をよぎります。自営業が営業を続けるのにも大概は現金が必要ですから、お金がなくなる...

家賃が滞納しない経営計画

ここまで飲食店が家賃滞納した場合にどうなるのかを見てきましたが、実際に家賃が滞納し始めたら経営的にはもう赤信号です。その飲食店はもはやほとんど継続できません。経営者としてはその前の黄信号を見落とさずに、経営のてこ入れを早めにすることが肝心です。

黄信号としては、例えば、売上の減少、単価の減少、競合店の増加などであり、それをいち早くキャッチして対応する必要があります。それが後手に回ると家賃を対応させざるを得ない状況に追い込まれます。家賃滞納のつらさは前述のとおりであり、経営者はそうならないように、絶え間ない経営努力が必要となるのです。

あなたにオススメする借金対策方法!

借金返済プランに驚く男性

①債務整理検討していない人もまずは借金減額診断しよう!


②ダメ元でおまとめローンの審査に申し込んでみる!

30日間利息無料のキャッシングに申し込んでみる!

④会社勤めの方は給料ファクタリングで前給を検討!