突然のお通夜とお葬式!交通費や香典のお金がない!

お香典

突然のお通夜とお葬式、お金がない場合は厳しいですよね。

親族や知人でもどのくらい近い人なのかで対応は変わると思いますが、香典や遠隔地ですと交通費や滞在費などもかかりそうです。最低限失礼がない範囲でどういう対応ができるのかピックアップしてみました。

当サイトでは30日利息無料のキャッシング前給サービスの給料ファクタリングなども記事の後にご紹介していますので参考にして下さい。

借金減額診断【無料】』はこちらからすぐ!
↓↓↓↓↓
東京ミネルヴァ法律事務所 [債務整理]借金減額診断イメージ

香典の相場とは

香典の相場とは血縁関係の濃さや普段の付き合いで変わってきて、基本的に親しい間柄ほど多めの香典を用意するのがマナーです。具体的な金額の相場としてとして3000円から10000円と幅広くなっています。30代以上なら最低でも5000円は包んだ方が良いとも言われています。

審査に喜ぶ男性
前給で乗り切る! 給料債権ファクタリングは【七福神】

カードローンを利用する

香典はあまり親しくない方だったら3000円から5000円程度でも良いですが、親しい方だと1万円以上用意する必要があります。葬式は突然訪れるものですが、お金が無いから香典を用意できないというわけにはいきません。

そこで香典を用意する方法として「銀行や消費者金融のカードローン」を利用することです。特に消費者金融のカードローンの場合は大手であれば即日で融資してくれるところもあり、申し込んだその日にお金を借りることができるので、葬式のように急にお金が必要となった場合にも対応できます。最短で30分で審査が完了して即日融資できるところを利用すれば、香典のように急な出費にも有難いメリットがあります。申し込んだ当日にお金を工面することができるので、まずは香典を用意してお金が用意できたら返済することで、支払いに困った状態から解決できます。

また、電話連絡不要でネットで完結できる方法と取り入れるところもあるので誰にもばれずにカードローンを利用できる方法もあります。さらに新規契約の場合は30日間など一定期間無利息でお金を借りられるところもあるので、借りてすぐに返済できれば利息はかかりません。返済は数千円から行え、コンビニのATMでも行えるので便利な点もあります。香典を用意できないからお通夜や葬式に参列できないといったことが無いよう、香典を用意するのが難しい時は銀行や消費者金融のカードローンを検討することも必要と言えます。

身近な人の不幸は急に起こることで、突然お通夜や葬式に参列することになります。自分の年齢が上がるにつれて香典の金額も上がり、葬式に参列する機会も増えます。葬式が重なった場合にどうしても香典を用意できない場合は即日融資可能な消費者金融のカードローンを利用し、香典などの急な出費があっても役立ちます。

キャッシングをオススメする女性
30日間無利息キャンペーン中のキャッシングのフタバ

もし借りられる方がいたら借りるのも方法

親や兄弟姉妹など頼れる方がいる場合、事情を話して香典のお金を借りるのも一つの解決策です。手持ちに数万もないのかと言われてしまったり、香典も出せないくらい生活が逼迫しているのかと怪しまれてしまう可能性もあるので、どういった理由でお金が無いのかを具体的に説明し、いつなら返せるのかをきちんと伝えます。そして、給料が出たら必ず返す、何日にはお金を用意できるから必ず返すと口頭で伝えると共に借用書を作成し、いつ返せるのかをきちんと見えるように形で示してお願いすることです。

出せる金額だけ香典を包むのも一つの手段

貸してくれる人もいなく、カードローンの審査に落ちてしまったなどの場合、自分で出せる金額だけ香典を包むのも手段の一つです。特に親戚など身内の場合は欠席することが難しく、身内は関係性が濃いのでそれなりの金額の香典を包む必要がありますが、何も用意しないわけにはいかないので、自分で用意できる金額分だけでも包んで、気持ちを伝える姿勢を見せることが必要です。

香典を持たないで葬式にだけ参列するのはマナー違反です。そこまで親しくない間柄なら参列せず、後日お線香をあげたり、お墓参りに行くようにすることもできますが、例えお金が無い場合でも親しい間柄の方に対してはお金が無いから参列しないと言うわけにはいきません。自分で出せる範囲を香典として包んで参列し、最後のお別れをするのが礼儀と言えます。

あなたにオススメする借金対策方法!

借金返済プランに驚く男性

①債務整理検討していない人もまずは借金減額診断しよう!


②ダメ元でおまとめローンの審査に申し込んでみる!

30日間利息無料のキャッシングに申し込んでみる!

④会社勤めの方は給料ファクタリングで前給を検討!