生命保険の積立金を借入する方法とは?契約者貸付制度を解説

生命保険で借り入れできないか悩む

資金難でも生命保険を解約すること無く、契約者貸付制度でお金を借りることが出来ます。掛け捨てタイプの保険は利用できないなど注意するポイントがありますのでチェックしておきましょう。

今回は『生命保険の積立金を借入する方法とは?契約者貸付制度を解説』についてまとめたいと思います。

借金減額シミュレーター【無料】』はこちらからすぐ!
↓↓↓↓↓
東京ミネルヴァ法律事務所
東京ミネルヴァ法律事務所】東京都港区新橋2-12-17 新橋I-Nビル9階 代表弁護士:川島 浩 東京弁護士会(登録番号43058)

生命保険の積立金を借入する方法とは?

毎月支払って積み立てている生命保険には「契約者貸付制度」と言われる制度があります。これは解約返戻金の一部を保険会社から借入できることです。積み立てている間のお金は契約者のものであり、契約者貸付制度を使うことで積立金を崩して保険会社から借金をすることで借入できる制度です。

審査に喜ぶ男性
前給で乗り切る! 給料債権ファクタリングは【七福神】

契約者貸付制度を利用するには?

保険会社にも異なりますが「店頭で直接申し込む方法」「電話で担当者や担当部署へ問い合わせる方法」「ホームページから申請する方法」「専用電話番号を利用しての自動取引」「ATMを利用する方法」の5つが挙げられます。その中で取られる方法は店舗、問い合わせ、ホームページからの申請となります。

店頭で申し込む場合は本人確認として印鑑や保険証が必要となり、電話で問い合わせると手続きするための書類が郵送され、必要事項を記入します。ホームページから契約者貸付制度を利用できる専用のサイトを用意している保険会社もあり、来店したり問い合わせすることなくIDやパスワードを入力すれば借入や返済ができる方法となっています。

保険会社によっては窓口のみでしか受け付けていないケース、借入や返済方法が指定されているケースなどさまざまなので、どういった方法で利用できるのかを確認する必要があります。また、利用金額も個人や契約している保険の種類によっても異なることも知っておきます。

キャッシングをオススメする女性
30日間無利息キャンペーン中のキャッシングのフタバ

契約者貸付制度を利用できる条件とは?

保険に入っている人全てが利用できるわけでなく、終身保険や養老保険などで解約返戻金がある保険であることが条件です。契約者貸付制度は解約返戻金を元手にして借入するので、掛け捨てタイプの保険、無契約返戻金型保険、一般的な定期保険なでは利用できない点を知っておきましょう。

しかし、保険の種類によっては解約返戻金が出るタイプでも、契約者貸付制度を利用できないこともあるので、保険会社の担当窓口やコールセンターなどで問い合わせてみる必要があります。さらに、条件として知っておきたいのが、契約者貸付制度は保険会社から借金をしている状態となり、借入金額に応じて利息が発生することです。利率は制度の対象となる契約における契約日によって決まり、利息は借入日から発生します。利息が返済されないと1年後の借入日に残った利子は元金へ繰り入れられ、その金額に対して新たに利息が発生するので、一般的な借金の利息とは違う点に注意が必要です。

契約者貸付制度を利用するメリット

メリットは「保険を解約することなく借入できること」「カードローンと比較して金利が低いこと」「返済の自由度が高いこと」が挙げられます。保険を解約することなく解約返戻金の一部を借入することで保険を続けながら借入できるのが一番のメリットと言えます。契約者貸付制度の利率は保険会社や金額によりますが2%から6%前後とされており、カードローンよりも利率が低いので急にお金が必要になった時に役立てることができます。

また、一般的なキャッシングやローンの分割払いだと月々の返済日に少しずつお金を返してくことになりますが、そのお金が工面できないと他の金融機関からお金を借りて返済に充てるというさらに借金を増やしてしまいますが、契約者貸付制度の場合は借入金額が解約返戻金以下であれば返済方法が自由なので返済計画を自由に立てられるのが魅力です。

契約者貸付制度を利用するデメリット

契約者貸付制度を利用するにあたって注意したいのが保険が失効されたり、解除される可能性があることです。保険を解約しなくても解約返戻金の一部を借入できるメリットがある一方、契約者貸付制度で借りられる金額は解約返戻金の範囲内となり、借りているお金と利子を足した元利金が解約返戻金の範囲を超えた場合は保険料を支払っていたとしても契約が失効したり解除される可能性があります。特に利子が解約返戻金の範囲を超えてしまうことで保険が続けられなくなったというケースは多いです。

解約返戻金ど同額を借りると利子が発生した時点で超えてしまったり、返済を全くしないと利子が雪だるまのようにどんどん大きくなって解約返戻金の範囲を超えて、保険を続けられないリスクが発生することを知っておきます。さらに、保険金やお祝い金が返済に充てられてしまうことがあったり、高金利時代の保険商品は保険料が安く、リターンが大きくお宝保険と言われています。お宝保険は予定利率が高く、保険金や解約返戻金が多い特徴がありますが、契約者貸付制度は利率が高いと金利も高くなる点もデメリットとなることを知っておきます。

あなたにオススメする資金繰り対策!

借金返済プランに驚く男性

①債務整理検討していない人もまずは借金減額シミュレーター

②ダメ元でおまとめローンの審査に申し込んでみる!

30日間利息無料のキャッシングに申し込んでみる!

④会社勤めの方は給料ファクタリングで前給を検討!

⑤請求書をオンラインで現金化クラウドファクタリングが便利!