プロが教える節約術よりもさらに節約できる方法まとめ!ドケチに生きる

節約料理

自炊前提の超節約についても、主婦か独身男性かでもだいぶ違ってきますよね。基本働いて忙しい独身男性の目線でプロが教える食費の節約方法よりさらに時短や低コストの方法を考えてみたいと思います。

今回は『プロが教える節約術よりもさらに節約できる方法まとめ!ドケチに生きる』についてまとめたいと思います。

食費の節約方法について考えてみたいと思います。【引用:livedoor NEWS

借金減額シミュレーター【無料】』はこちらからすぐ!
↓↓↓↓↓
東京ミネルヴァ法律事務所
東京ミネルヴァ法律事務所】東京都港区新橋2-12-17 新橋I-Nビル9階 代表弁護士:川島 浩 東京弁護士会(登録番号43058)

1:買ったものはすべて食べる

当たり前のように思えるかもしれませんが、日本の一般家庭での食品ロスはかなり高くなっています。半額シールが貼ってあるからと買って、賞味期限が切れて捨てるようなことをしては結果的に無駄遣いとなります。

セールで買ってきた食材はまず冷凍できるものは冷凍庫にいれます。意外と食パンも冷凍してもあまり味や食感は落ちませんよね。何週間もとなると不味くなりますが1週間程度なら問題ないです。食パンは結構おすすめです。あと米ですね。うどんなど麺類は食感が変わるのでNG。半額シールのある弁当も冷凍可能。

審査に喜ぶ男性
前給で乗り切る! 給料債権ファクタリングは【七福神】

2:残したものも翌日などに食べる

残したものを捨ててしまっている家庭も実際には多くあります。そのまま翌日に出すのが気が引けるようであれば、リメイクするのも手です。

翌日の弁当や朝食などがベターですよね。カレーなど大量に作っておいても大丈夫です、小分けで冷凍しておけば。従って残したものも翌日などに食べる必要はありません!

キャッシングをオススメする女性
30日間無利息キャンペーン中のキャッシングのフタバ

3:可食部分はすべて食べる

主に野菜の話になりますが、食べられる部分は捨てずに食べるというのも食費節約の基本となります。ブロッコリーの軸や大根の皮なども、お金を払って買ったもの。これらもちょっと手を加えることで、立派な一料理として食べることができます。

食べられる部分、これは野菜だと思うのですが、おいしくないのに無理に食べる必要はないですよね。味噌汁の具とかカレーとか鍋とか具材のバリエーションが効く料理に入れるのがいいです。ですから定期的に鍋やカレ-を作って食材を片付けてしまいましょう!闇鍋とかはご法度ですよw

4:調味料など在庫を持ちすぎない

食費節約をしているという人に多くみられるのですが、セールなどで調味料や缶詰が安く売っていると「いずれ使うから」という理由でたくさん買ってしまってはいないでしょうか。在庫を抱えすぎて今家にいくつあるのかが分からず、また買ってしまう。そして賞味期限が切れてしまうという人も多くいるのです。在庫は最低限、自分で把握できる量までとします。

缶詰は問題ないでしょう、保存も効くしいずれは必ず食べますから。10缶とか異常な在庫は必要ないですけども。在庫がある安心感やストレス解消はあるんですよね。調味料も使う頻度を考えてみましょう。頻度が高ければストックはあってもいいのです。意外とドレッシングやソースが余るので1人暮らしの人は容量の少ないものを買っておきましょう。

5:食べきれない分はその日のうちに冷凍する

割安だからと肉の大パックを買ったり、野菜ををまるごと買ったりした場合、後日ではなくその日のうちに冷凍する習慣をつけましょう。後でと思っていると、面倒になってしまい、そのまま賞味期限が切れてしまうということもあります。

例えばもやしなどはそのまま冷凍せずに一旦茹でておくと冷凍しやすいです。自分の場合はチキンカツなども衣を付けた状態まで仕込んで冷凍します。特売の食材はその日のうちに冷凍庫にぶち込みますよね。肉などはラップで小分けにしています。料理にちょこちょこ使えますからね。

6:賞味期限が長い食材も利用する

缶詰・冷凍食品・乾物など、賞味期限が長い食材も積極的に利用すると節約につながります。賞味期限切れまでの期間が長くなりますし、少量ずつ使うこともできるので無駄にしてしまう可能性が低くなります。

缶詰はある程度ストックしておいたほうがいいのです。サバ缶やいわし缶はオメガ3でガン予防になりますし魚油は基本痩せますよね。健康にいいです。ストックしておくと夜に腹が減った時に米があればおかずになるからです。食材がないとコンビニに行って買ってしまったり、外食してしまいますよね。ですから缶詰はストックあった方がいいのです。缶詰のアレンジ料理も今はたくさんネットで紹介されています。野菜や芋なども干すと保存効きますよね、節約のプロレベルですが。

7:管理できるなら賞味期限の残りが少ないものを利用する

これはあくまでも「食べきることができるなら」という前提付きですが、閉店間際のスーパーで半額シールが貼られた食品も、食費節約になるので利用するといいでしょう。インターネットが普及してきた現在では、食品ロスを減らすためとして、オンラインスーパーでも賞味期限の残りが少なくなってきた食材を半額以下の値段で購入できるサービスも出てきています。

賞味期限の短いものから使っていくというのは基本ですよね。勿論スーパーで半額食材や弁当を買ってきたら当日に食べますが、冷凍できるものは冷凍でもいいでしょう。冷蔵庫にミニホワイトボードなどで消費期限をメモしておくと便利です。

8:割安な業務用食材を利用する

業務用は1つのパッケージが多くなっていますが、お値段は割安です。肉野菜鮮魚などから、冷凍野菜、調味料まで幅広くあります。生鮮食品は冷凍する手間もかかりますが、それができれば大きく食費の節約をすることが可能です。

業務用が安いと言われますが、そんなことはないですよね。量は勿論多いので買いすぎ食い過ぎになりやすいです。でも冷凍物が多いので保存すれば問題ないですが。業務用スーパーは安いという先入観は持たないほうがいいです。普段のスーパーのセール価格を常に頭に入れておけば割安かどうかはすぐに判断できます。

9:外食するならクーポン利用

最近ではファストフードからおしゃれなレストランまで、インターネット上で割引クーポンを発行しているところが多くあります。同じものを食べてクーポンを見せるか見せないかで料金が変わってくるのであれば、クーポンを見せて節約したいところです。

スマホがあるならかざして見せるだけですからクーポンは必須でしょうね。あとはカード払いもポイントが付きます。最近はデビットカードでも支払いができるとことが増えてきました。マック、ガスト、かっぱ寿司、コンビニ、デビットカード使えます。クレカではないので使いすぎても問題ないです。

10:「捨ててしまった簿」をつける

食費の管理は、「食費節約の準備」でお伝えした5項目に分けて管理すれば、細かく1品ずつ家計簿をつけなくても大丈夫です。ただし、買った食材で賞味期限切れして捨ててしまったものがあれば、それだけを記録に残す「捨ててしまった簿」をつけてみてください。

「捨ててしまった簿」これは面倒くさいですよね。捨てる時に反省して次は工夫していけばいいのです。こういう罪悪感持たない方がいいですね。私がおすすめするのは、これは節約になった!とかうまく保存できた!の方がむしろメモしておくといいですよね。そういうのは忘れてしまいますからね。

一応プロの節約術も参考になりましたが、男の1人暮らしはもっとアバウトですし、常に計算して節約できるわけではありませんからね。まぁ小分けと冷凍を心がけて、缶詰は切らさない程度にストックするのが一番効果的ですよね。お腹がへるとコンビニ、マックや弁当など持ち帰り、外食など衝動的にお金使いますからね。自炊しているのに1ヶ月3-4万使ってしまう人はまず2.5万程度に抑えてみましょう。外食たまに行っても、このくらいには収まるはずです。

あなたにオススメする資金繰り対策!

借金返済プランに驚く男性

①債務整理検討していない人もまずは借金減額シミュレーター

②ダメ元でおまとめローンの審査に申し込んでみる!

30日間利息無料のキャッシングに申し込んでみる!

④会社勤めの方は給料ファクタリングで前給を検討!

⑤請求書をオンラインで現金化クラウドファクタリングが便利!