ペットが病気で突然の出費!払えないけどどうしよう?ペットローンも検討

チワワ

ペットが突然病気に!手術なんてことになったらエライ出費ですよね。

とはいえペットは家族同然という方もいますし、あとで後悔もしたくないですからとりあえずは医者に見せに行くことにしましょう。どのくらい医療費がかかるのかは、診断の時に先生と相談すればいいのです。ペットの病気に関して事前知識としてある程度のことは知っておきましょう。

今回は『ペットが病気で突然の出費!払えないけどどうしよう?ペットローンも検討』についてまとめたいと思います。

借金減額診断【無料】』はこちらからすぐ!
↓↓↓↓↓
東京ミネルヴァ法律事務所 [債務整理]借金減額診断イメージ

ペットが病気や怪我の時にどのくらいお金がかかるのか?

ペットが病気や怪我をした場合は動物病院で診察をすることになりますが、動物病院の診療費というのは各病院によって異なり、どのくらいかかるのかは病院によって開きがありますが、大体の相場として犬の場合を見てみると初診料で1500円から2000円、診察料で1000円くらいとされています。

そして検査料としてX線検査は5500円から、尿検査は1500円から、糞便検査は1000円から、血液検査は3000円から1万円が相場とされています。さらに点滴を受けることになったら3000円から5000円かかり、入院となった場合は小型犬だと3000円、大型犬だと5000円が相場となり、入院は点滴や注射などの治療が行われるので入院費と治療費併せて小型犬6万円、大型犬で10万円程度かかると言われています。

薬料として3000円から5000円かかります。よって初診料だけでも数千円かかり、どのような病気なのかを知る検査にも数千円、薬料で数千円かかるので初診だけで1万円以上かかることもあります。

そして、病状によっても治療費が異なり、心臓病だと15000円から20000円、捻挫は3回の通院で13000円、骨折で1週間入院することになった場合は29万円、目の角膜損傷の場合3回の通院で12000円、椎間板ヘルニアだと1週間の入院で26万円、下痢の場合3回の通院で18000円、外耳炎の場合6回の通院で30000円、緑内障5日間の入院で32万円、膀胱炎は通院4回で18000円、皮膚病25000円、悪性腫瘍いわゆる癌の場合4日間入院で29万円が相場となっています。

病院や病状によっても相場よりもかなり変わることがあるので、利用する動物病院にどのくらい費用がかかるのかを確認することをおススメします。

審査に喜ぶ男性
前給で乗り切る! 給料債権ファクタリングは【七福神】

ペットが病気や怪我をしても治療費が払えない場合

動物病院の治療費は自由診療なので病院によっても治療費が異なります。ですが、大事なペットが病気や怪我で苦しんでいるのをお金が無いから、治療費が高いからという理由で放置するわけにはいきません。

そこでペットが怪我や病気で治療費が払えない場合に「即日融資をしてもらえるカードローンを利用して現金を用意する」方法を検討する必要があります。カードローンは悪い印象を持つ方もいますが、無理な借入をせず、毎月の返済シュミレーションでどのくらいの期間返し続ければ良いのかを確認して計画を立てていけばカードローンは悪いものではありません。

即日融資してくれるカードローンとして大手消費者金融のカードローンが挙げられます。銀行のカードローンは審査が厳しい傾向がありますが、消費者金融は正社員アルバイト派遣など関係なく毎月安定した収入がある方なら融資してもらえる可能性があります。近年、WEB上で申し込みまで完結でき、電話連絡なしで契約できるところも増えており、即日振込可能な会社も増えているので飼っているペットが突然具合が悪くなったり怪我したときにすぐに対応できることが、治療費を払うのが難しい時にカードローンを使うメリットと言えます。

初めてカードローンを利用する場合は最初の30日間など一定期間金利がかからなかったり、1万円という少額の借入もできたり、ネットで完結できるタイプだと誰にも分からずに借入できることもできるので、どうしても費用が工面できないときは即日融資できる大手消費者金融のカードローンを利用するのも解決策の一つです。

キャッシングをオススメする女性
30日間無利息キャンペーン中のキャッシングのフタバ

動物病院によっては分割払いやクレジットカードで対応してくれる可能性がある

診てもらう病院次第ですが、分割払いの相談をしてみることも一つの方法です。ただ、病院側も診療費を払わずに踏み倒されてしまうケースも懸念して分割払いには対応してない場合が多いですが、どうしてもその場で一括で払うことが難しい場合は相談に乗ることで次の診療日に準備することなど提案をしてくれる可能性があるので、まずは相談をしてみることです。

病院によってはクレジットカードを利用できるところもあるので、手持ちに現金は無いがクレジットカードの利用可能枠がある程度残ってる場合はクレジットカードを利用できる動物病院に行くのも方法です。

ペットローンを利用する

ペットローンというのはローンを組むことでペットの突然の病気や怪我などにかかる高額な費用を支払う方法です。ペットの医療費だけでなく、ペットが生きていく上で必要な餌代に対しても組めるローンなので、ペットを飼っている方はペットローンを組むことでいざという時に備えることができます。

現在、ペットローンを組むことができる銀行はスルガ銀行のみで、融資限度額は800万円、金利は7%から11%、返済回数は最大で120回となっています。ペットローンを利用するにあたって注意するべき点もあり、消費者金融のカードローンと比較して審査に時間がかかることです。状況によっても異なりますが早くても2日から3日はかかり、審査に1週間かかることがあるので今すぐ何とか治療費を工面したい場合には対応できないことです。

ペットローンは早い段階から組んでおく必要があり、備えとして契約しておくと安心です。

あなたにオススメする借金対策方法!

借金返済プランに驚く男性

①債務整理検討していない人もまずは借金減額診断しよう!


②ダメ元でおまとめローンの審査に申し込んでみる!

30日間利息無料のキャッシングに申し込んでみる!

④会社勤めの方は給料ファクタリングで前給を検討!