交通違反や駐車違反の罰金が払えない!放置で出頭要請は怖いよ?

車から顔出す女性

結構、交通違反や駐車違反をバックレてしまう人が多いのですが、あとで面倒なことになりますからね。違反金に関してどういう対応をすればいいのか知恵をつけておきましょう。

今回は『交通違反や駐車違反の罰金が払えない!放置で出頭要請は怖いよ?』についてまとめたいと思います。

赤信号無視や一時停止違反をすると、青切符と呼ばれる「交通反則通告書」と、「仮納付書」が渡されます。青切符の場合は「反則金」のため、赤切符の「罰金」とは違って対応が異なります。

借金減額診断【無料】』はこちらからすぐ!
↓↓↓↓↓
東京ミネルヴァ法律事務所 [債務整理]借金減額診断イメージ

青切符と赤切符の違い

赤切符の場合は刑事罰がほぼ確定しているため「罰金」となり、支払わないと強制執行による「差押え」になるか、「労役留置」になります。

一方、青切符のような軽微な違反は数が多過ぎるため、裁判所でもさばききれないことから、反則金を支払うことで刑事罰を科さないという制度が設けられています。従って、仮納付書を渡された翌日から7日以内に銀行・郵便局で納付すれば、それで終了です。なお、コンビニでの納付は基本的にできません。

審査に喜ぶ男性
前給で乗り切る! 給料債権ファクタリングは【七福神】

反則金の納付期限を過ぎた場合

反則金を支払わなかったからといって、すぐに逮捕されることはありません。仮納付書の期限を過ぎた場合は、1ヶ月程度経つと交通反則通告センターから「納付書(本納付)」が送られてきます。この時点では、郵送料相当として反則金に800円(消費税別)が加算されています。受取った日を入れて11日以内に反則金を納付すれば、処置は終了します。

キャッシングをオススメする女性
30日間無利息キャンペーン中のキャッシングのフタバ

さらに不払いの場合

実は、反則金の納付は任意であり、強制ではありません。つまり、警察官が青切符を切ったことに納得がいかなければ、反則金を支払う必要はありません。そして、納付書の期限までに支払わないと、警察から日時を指定して出頭要請があります。仕事で都合が悪い場合は、日時を変更してもらうこともできます。

警察の取調べの場で、『取締りに納得がいきません』と主張するか、否認すると、送検されて検察からの出頭要請を待つことになります。

検察からの出頭要請

現実としては、検察から出頭要請が来ることは滅多にありません。出頭要請がないため連絡すると、『不起訴になりました』と言われます。

例えば、一時停止違反の場合、運転者が『ちゃんと、標識の手前で止まった』と主張すると、警察が違反を立証することが難しくなるのが実態です。また、事故があったわけでもない軽微な事件まで、裁判所は対応していられないという現実があります。裁判官は非常に忙しく、東京地裁の裁判官などは1人で月に約100件もの案件を抱えています。そこで、検察も確実に立証できる案件でもない限り、不起訴にしています。

不起訴になれば、反則金は無くなります。ただし、不起訴になったからといって、違反点数が削除されるわけではありません。従って、その違反のために免停になった場合、免停が取消されるわけではありません。納得できない場合は、公安委員会に不服申立てをできますが、こちらはほぼ100%却下されます。

悪質性の高い場合は起訴

「滅多に」無いということは、起訴されるケースもあるということです。悪質性の高い交通違反や、違反を繰返す度に警察の出頭要請に応じない運転者は逮捕・起訴されることがあります。

万が一、略式裁判になると、違反点数の加算だけでは済まなくなります。略式裁判というのは、簡易裁判所が公判手続きによらずに、罰金や科料を課す手続きのことです。時間のかかる裁判の手間を省いて、有罪判決を確定させるということです。略式裁判であっても、裁判での有罪判決に変わりはないため、前科が付きます。少額の反則金の不払いの代償としては、あまりにも大き過ぎます

確固たる自信がある以外は支払った方が賢明

絶対に違反を犯していないという自信がある時は、正々堂々と否認すべきです。警察が間違っていれば、違反事実を立証できないはずです。ただし、「儲けよう」と思って反則金を支払わないのはやめた方が無難です。

なお、反則金を支払えない時は交通反則通告センターに相談すると、期限の延長はなくても、送検をされなくなる可能性はあります。

あなたにオススメする借金対策方法!

借金返済プランに驚く男性

①債務整理検討していない人もまずは借金減額診断しよう!


②ダメ元でおまとめローンの審査に申し込んでみる!

30日間利息無料のキャッシングに申し込んでみる!

④会社勤めの方は給料ファクタリングで前給を検討!