定期担保貸付を利用する時の注意点!自動融資機能は便利だけど・・

巨大な計算機を持つ女性

定期預金がある方は解約せずとも借り入れすることが可能ですから、預け入れている銀行のルールは日頃から確認しておいた方がいざという時に安心ですよね。

今回は『定期担保貸付を利用する時の注意点!自動融資機能は便利だけど・・』についてまとめたいと思います。

借金減額シミュレーター【無料】』はこちらからすぐ!
↓↓↓↓↓
東京ミネルヴァ法律事務所
東京ミネルヴァ法律事務所】東京都港区新橋2-12-17 新橋I-Nビル9階 代表弁護士:川島 浩 東京弁護士会(登録番号43058)

担保定期貸付とは?

定期預金や総合口座など積立している預金を担保にしてお金を借りることができる制度で、貯蓄商品を解約することなく積立をしている預金を担保にして、定期預金の金利は0.01%から0.2%程度の低い金利で貸付を受けられます。定期預金を利用してる方は銀行窓口の申し込みで、総合口座を利用してる方は利用額を引き出すだけで急にお金が必要となった場合も即日借入できるのでいざと言うときに安心です。

審査に喜ぶ男性
前給で乗り切る! 給料債権ファクタリングは【七福神】

担保定期貸付を行うには?

担保定期貸付を利用してお金を借りるには、定期預金や銀行の普通預金と財形貯蓄型商品を合わせた総合口座を開設してお金を積み立てる必要があります。実際に借りるには普通預金口座の残高が足りない時にその不足分を補う形でお金を借りることができます。

具体的には口座からお金を下ろしたい時や公共料金の口座引き落としで残高が足りなくなった時に自動的に不足分を担保にしている定期預金から融資してくれる仕組みでお金を借りられます。返済に関しては、特定の返済日はなく普通預金に入金があった場合、その金額が返済に充てられます。そして、年に2回利息の清算があり、毎年2回にその日までの利息を普通預金口座から支払う必要があります。

利息は定期預金の利率に0.5%足したもので設定されるケースが多いです。さらに、ゆうちょ銀行はお金を借りられるのが2年間なのでそれまでに返済が必要なこと、みずほ銀行の場合は限度額を超えたまま利息決算日を2回経過すると定期預金と相殺して返済する必要がある点に注意が必要です。

キャッシングをオススメする女性
30日間無利息キャンペーン中のキャッシングのフタバ

担保定期貸付の条件について

担保定期貸付には一般的なカードローンにある審査はありませんが「対象商品の積立があること」「20歳以上」という条件があります。担保定期貸付は定期預金を担保としてお金を借りるので担保となる積立があることが前提となります。

簡単な申し込みが必要な会社もありますが、基本的には担保となる積立があればお金を借りることができます。実際に対象となる貯蓄の積立があれば利用できる制度なので仕事をしているかどうか、他に借入があるかどうかといった一般的な審査項目になっていることは関係ありません。

つまり、仕事をしていなくても、他社からの借り入れがあっても対象となる貯蓄の積立があれば利用できます。ただ、ゆうちょ銀行は20歳以上のみという明確に規定されています。

いくらまで借りられるのか?

担保定期貸付を利用していくらまで借りられるのかは積み立てている金額によって決められます。多くの場合、実際に積み立てている額面の90%程度に設定されています。具体的に100万円積み立てている場合は90万円まで借りられるということです。

また、預金を積み立てていればそれだけ多く借りられる制度ではなく、限度額が設定されています。多くの金融機関は最大200万円までと決まっています。実際に借りる際は定期預金の額面90%と限度額のどちらか低い方が融資額となります。

定期担保貸付を利用する時の注意点

審査が無く低い金利で定期預金を解約せずに利用できるのが大きなメリットですが、注意したい点として「自動融資機能の仕組みを知ること」「預金を解約したほうがお得なケースがあること」「満期までに返済しないと預金と相殺されてしまうこと」の3点が挙げられます。

定期担保貸付は普通預金の残高が不足すると自動的に融資される自動融資機能があります。自動で融資されるのは便利な仕組みですが、気が付かないうちにお金を借り過ぎてしまうことに注意が必要です。会社によっては自動融資機能を停止することも可能なので停めておいた方が安心と言えます。

そして、定期担保貸付の利率は金融商品の利率よりも0.5%程度高めに設定されています。短い期間の融資であれば利息は少なくて済みますが、長い期間借りることになると預金で得られる利率よりも高くなる場合があるので、長いスパンで借りる場合は預金を解約した方がお得になるケースもあることを知っておきます。

さらに、定期担保貸付の返済は普通預金口座に入金があると自動的に行われるので普段その口座を利用していれば返済を忘れるリスクは少ないですが、定期預金の満期までに返済をしなかったり、途中で金融商品を解約した場合は借りていた分が定期預金と相殺されることを知っておきます。また、定期預金の満期とは別にゆうちょ銀行のように返済期限が決まっている場合もあり、合わせて注意が必要です。

あなたにオススメする借金対策方法!

借金返済プランに驚く男性

①債務整理検討していない人もまずは借金減額シミュレーター

②ダメ元でおまとめローンの審査に申し込んでみる!

30日間利息無料のキャッシングに申し込んでみる!

④会社勤めの方は給料ファクタリングで前給を検討!