出会い系サイトにハマリ大借金!怪しいと思ったら証拠を残すべし!

出会い系にハマる男性

未だに中高年で出会い系に騙されて多額のお金を払う人多いみたいですね。出会い系サイト運営の現場を見たことがありますが、男がメールしている場合もありますからね。実際に会う約束までするケースもあります(実際には会わない)ポイントをカード決済するシステムですから、サクサクお金使ってしまうんですよね。

支払ってしまった人も裁判で取り返せた人はいますし、何らかのアクションは起こしてほしいですし、逆に気付いた段階ですっぱり諦めるのも手かと思います。今後時間を費やすのも勿体無いですからね。ただ家族には言えませんから、借金が大きくなってしまった人はその辺りは注意してもらいたいですよね。

今回は『出会い系サイトにハマリ大借金!怪しいと思ったら証拠を残すべし!』についてまとめたいと思います。

借金減額診断【無料】』はこちらからすぐ!
↓↓↓↓↓
東京ミネルヴァ法律事務所 [債務整理]借金減額診断イメージ

出会い系サイトの多くはサクラの可能性がある

出会い系サイトは1度メールを送るだけで500円と高い値段をつけ、これはサクラでは無いだろうか、怪しいと思いつつも、もしかしたら良い出会いに繋がるかもしれないと淡い期待を抱いてしまい、どんどんメールしたり貢いでしまってハマっていって気付いたら借金を背負うことになったというケースは多いです。

婚活サイトや恋活サイトは出会い系サイト規制法に基づいて運営されているのでサクラの可能性は低く安全に利用できますが、たった1通のメールを送るのに高額な請求を要求するのはサクラであり、違法な出会い系サイトの可能性が十分に考えられます。

違法な出会い系サイトは出会い系サイト規制法に違反しているので、そこで高額請求や詐欺被害に遭ってしまうことで多額の借金を背負う結果となるので、メールを送るだけで高額請求してくる出会い系サイトはサクラであり、詐欺であると疑ってかかる必要があります。

審査に喜ぶ男性
前給で乗り切る! 給料債権ファクタリングは【七福神】

身に覚えのない料金の請求があった場合

出会い系サイトにハマって、身に覚えのない請求をされるという被害が多く報告されています。メールを送るだけで高額請求するだけでなく、不当な契約を結ばされたり、出会い系を退会したくても退会フォームが存在せず辞められない仕組みになっていたり、クリックをしただけで高額請求されるワンクリック詐欺に引っ掛かったりなどで身に覚えの無い請求をされた場合は国民生活センターや消費者生活センターへ相談することです。

近年はスマホが普及してアプリやサイトを見ている時に出会い系サイトに誘導され、クリックすることで高額料金を請求されるといった出会い系詐欺が増えています。たとえば、副業サイトに登録したら実は違法な出会い系サイトだった、人気のある有名芸能人の名前を名乗って相談に乗って欲しい、メールをしよう、会って話をしたいというお誘いメールが来たり、それに引っ掛かってしまったというケースなど、突然怪しいメールが来たりして誰もが出会い系詐欺に引かかってしまう可能性があることを常に頭に入れ、身に覚えの無い請求をされたりと被害に遭ったらすみやかに消費生活センターや国民生活センターの相談窓口を利用することです。

キャッシングをオススメする女性
30日間無利息キャンペーン中のキャッシングのフタバ

多重債務につながってしまう

出会い系サイトの決済方法はクレジットカードが増えている傾向にあります。お目当ての女性とメールをやり取りするため、料金をクレジットカードで決済すると現金で払っていないのでお金を使っている感覚が鈍ってしまい、気付いたら数万、数百万の請求をされ、多額の請求に対して消費者金融からお金を借りたり、それでも間に合わない場合は闇金や街金に手を出してしまい、借金を借金で返す多重債務に陥ります。

出会い系サイトで作った借金から多重債務になり、お金の工面も難しくなって、どんどん借金額が膨れ上がるといった経験をしている方も実際にいます。

出会い系サイトで作ってしまった借金

出会い系にハマったことで作ってしまった借金が多額で返すことができなくなった場合は「どのようにして借金を作ってしまったのか」出会い系サイトの多くはサクラや詐欺サイトなので「どういった被害に遭ったのか」と「どんな出会い系サイトなのかの情報」を証拠として取っておくことです。

証拠として有効なのは、出会い系サイトを使った期間、やり取りした相手の名前や写真、出会い系サイトを使用したことで発生した被害額、カード決済の明細書、サイトの名前ややり取りの内容のスクリーンショット、運営会社の住所、連絡先、メールアドレス、料金体系のスクリーンショットやメモ、インターネット異性紹事業番号や公安委員会届出や第2電気通信事業が記載されているかどうかを確認することといった、証拠となりそうなものをスクリーンショットなどで画像として残し、プリントアウトしておくことをおススメします。

証拠を残すこと!

特にサクラや詐欺の出会い系サイトではトップページや利用規約がコロコロ変わったり、利用規約自体が削除されているケースが多いので怪しいと思ったところは証拠として残しておくようにし、証拠を集めた後、消費者生活センターに持ち寄って相談することです。それから、出会い系サイトをクレジット決済で利用していた場合はクレジット決済会社に問い合わせることで運営会社に問い合わせをしてくれるので支払い請求がストップしてもらえる可能性があります。実際に決済代行会社から出会い系サイトの運営会社に支払いを取り消す旨の書面を送り、全額返金に応じてもらったというケースもあります。

さらに、出会い系サイト詐欺に強い弁護士に相談することも有効です。出会い系サイトの中には返金したいと思っても既に倒産していて会社自体が存在していないというケースもあり、返金が困難な場合は弁護士に相談することをおススメします。相談してすぐに返金とはいかないですが、弁護士の無料の相談窓口を利用して証拠を持ち寄り、相談することです。

債務整理を検討する

返金を受けたとしても全額払うことができず、多重債務の状態から抜け出せなくなっているケースもあります。返金してもらっても多重債務の状態から抜け出せないくらい出会い系サイトにハマってしまっている場合は債務整理をする必要があります。

債務整理には返済額を圧縮して返済期間の短縮化を図る任意整理や個人再生、財産の処分や手続きが長期化になりますが返済義務が無くなる自己破産があります。自己破産は任意整理や個人再生でも返済できない場合の最終手段として考えます。

あなたにオススメする借金対策方法!

借金返済プランに驚く男性

①債務整理検討していない人もまずは借金減額診断しよう!


②ダメ元でおまとめローンの審査に申し込んでみる!

30日間利息無料のキャッシングに申し込んでみる!

④会社勤めの方は給料ファクタリングで前給を検討!