車の修理代が払えないときの対処法!修理代が払えない場合は査定し売却?

車の女性

車の事故でいきなり修理代がかかってしまうと厳しいものがありますよね。そんな時は保険に頼るのが一番ですが自損事故なのかどうかも気になるところです。

修理しないで売却するという手もありますし、修理代と比較してじっくりと損得を考えながら納得の行く判断をしたいですよね。

今回は『』についてまとめたいと思います。

借金減額診断【無料】』はこちらからすぐ!
↓↓↓↓↓
東京ミネルヴァ法律事務所 [債務整理]借金減額診断イメージ

車の修理代が払えない時は任意保険を使う

車を所有しても任意保険に加入していない方がいますが、そもそも日本では車を所有する際には車検を受けて車検証を貰う必要があります。車検を受ける条件として自賠責に加入する義務がありますが、自賠責は自動車事故を起こした場合に被害者へ補償するための保険で自分自身には一切の補償がないです。

そこで任意保険に加入しておけば、事故で車を修理しなければならなくなった場合に自分に対する補償を行ってもらえます。任意保険は自賠責の補償範囲を超える部分をカバーし、一般車両保険を付ければ自分の車の修理代を受け取ることができます。

任意保険の一般車両保険に加入していれば電柱にぶつかってしまって車が傷ついてしまったという自損事故を含む全ての事故で修理代を受け取ることが可能です。つまり、任意保険の一般車両保険に加入することで修理代を保険でカバーすることができるのです。

審査に喜ぶ男性
前給で乗り切る! 給料債権ファクタリングは【七福神】

故障だと自分で全ての費用を支払う必要がある

任意保険の車両保険では事故の時の修理代をカバーしてくれますが、故障の場合は全ての費用を自分で支払う必要があります。そのために車の修理に必要な金額を正確に把握すべく、ディーラーや自動車整備工場で修理見積を依頼することです。見積は無料で行ってもらえるので見積額を出してもらいます。

さらに、加入している任意保険でカバーできるところがあるかを確認することです。例えば、窓のヒビは任意保険の車両保険に加入していれば補償が利用できるのでその分修理代をカバーできます。任意保険で対応できる修理個所があれば、修理代の自己負担が少なくできます。ディーラーや修理工場では支払いに関しては厳しいので料金が払えないのでツケは受け付けられず、認めてもらえません。

なので、見積もりを出してもらった時点で修理代が払えないと思ったら他の方法で修理代を少しでも減らしたり、売却や廃車にするといった別の方法を考える必要があります。

キャッシングをオススメする女性
30日間無利息キャンペーン中のキャッシングのフタバ

修理代が払えない場合は査定し売却することも検討する

修理代が捻出できない場合は修理しないで査定に出し、車を売却することも検討します。事故車や故障車は修理しないで売却した方が有利なケースがあり、自分で修理に出すと整備工場の利益分を含む修理代が必要となりますが、そのまま売却する場合は修理の実費分のみ請求されることになります。

つまり、修理しないで売却することで必要な経費のみの負担となるため、余計な費用がかからないというメリットがあります。

そのまま修理工場に依頼し廃車にしてもらう方法もある

修理代が高い場合は修理をしないで廃車にしてしまうのも一つの方法です。車によっては低年式で距離数が多いと車自体の価値がゼロに近い可能性があるので修理工場やディーラーに依頼して廃車にしてもらう方が良いです。

修理工場やディーラーによってバラつきがありますが廃車にかかる手数料は3万円から5万円くらいかかります。修理代で数十万かかる場合もあるので、それなら修理しないで廃車手数料を払って廃車にした方が良いです。ですが、ディーラーや修理工場だと廃車手数料が必要になりますが自分で廃車業者を手配した場合は手数料がかかりません。

事故車、多走行車、水害車、過走行車、故障による不動車など訳ありな車でも廃車したい車を対象としている買取サービスを利用することでそのまま買取できます。全国どこでもどんな状態でも0円の買取保証があるところを選べば、廃車手数料を支払って修理業者に依頼するのと比べたら、少しでも高く買取してくれる業者を自分で見つける方が良いことが分かります。

あなたにオススメする借金対策方法!

借金返済プランに驚く男性

①債務整理検討していない人もまずは借金減額診断しよう!


②ダメ元でおまとめローンの審査に申し込んでみる!

30日間利息無料のキャッシングに申し込んでみる!

④会社勤めの方は給料ファクタリングで前給を検討!