急な出費!生協の「出資金」の払い戻し一時的に引き出す「減資」で対応する

高齢者

急な出費でお金が必要に・・・そんな時、生協に出資金を預けている人は減資することで一部のお金を引き出すことが可能になります。なるべく借金は増やしたくないですから、こういう制度は積極的に利用したほうがいいですよね。

今回は『急な出費!生協の「出資金」の払い戻し一時的に引き出す「減資」で対応する』についてまとめたいと思います。

借金減額診断【無料】』はこちらからすぐ!
↓↓↓↓↓
東京ミネルヴァ法律事務所 [債務整理]借金減額診断イメージ
東京ミネルヴァ法律事務所】東京都港区新橋2-12-17 新橋I-Nビル9階 代表弁護士:川島 浩 東京弁護士会(登録番号43058)

減資とは

生協には出資という仕組みがあります。生協の組合員になって出資金を払って積み立てていきますが、その出資金の一部を引き出し返還することができるのが減資です。簡単に言うと生協の出資は銀行の預金口座のようなもので、口座からお金を引き出すのが減資となります。つまり、生協に積み立てているお金を切り崩すことです。

審査に喜ぶ男性
前給で乗り切る! 給料債権ファクタリングは【七福神】

減資の手続き方法

各生協によって異なりますが、基本的には店頭、配達員、コールセンターへ連絡をすることで手続き可能です。返還の時期は減資後の出資金残高が5万円以上の場合は申請から15日から24日後、減資後の出資金残高が5万円未満の場合は申請から1カ月から6カ月後に返還されるケースだったり、毎年12月20日までの減資申請分が翌年3月20日までに返還されるケースなど返還時期は出資金の残高やいつ申請するかによって開きがあることが分かります。

手続きは簡単に行えますが、実際に返還されるまでの時期は各生協によって異なり、長い場合は半年以上かかることがあります。また、減資の手続き期間が決まっている生協もありそういった場合だと期間外だと減資の手続きができません。手続き方法は各生協によって異なっているので、まずは自分が組合員として利用している生協に問い合わせてどのような方法で減資の手続きを行うのかを確認する必要があります。

キャッシングをオススメする女性
30日間無利息キャンペーン中のキャッシングのフタバ

減資を行うあたっての注意点

減資を行うにあたっての注意点として、出資残高を残しておく必要があることです。各生協によって異なりますが、コープみらいの場合は減資後の出資残高を500円以上残しておくことが条件となっています。残しておく金額については各生協によって異なります。さらに減資後も残しておくべき金額が決まっているので、減資によって出資金全てを引き出してゼロにすることはできず、また減資後も一定額を残しておく必要がある点を知っておきます。

もしも、出資金を全額返還したい場合は生協を脱退することになります。減資は出資をすることで行われるので、全額返還するとなると出資しないことになるため、生協の組合員を脱退することになってしまうのです。例えば出資金の残高が5000円以上残ることが条件となっている生協の場合は出資金の残高が5000円を切らない限りはいくら減資しても良いということになります。

減資を行うメリットとデメリット

減資のメリットは手元にお金が入ることです。手続きに時間がかかりますが手元にお金が入るので、お金に困った場合に生協の出資金を減資する方法でお金を調達することが可能です。一方、デメリットは配当が減ってしまうことです。配当とは利益が発生すると出資している組合員に還元されることです。

配当は出資金に所定の配当率をかけた数値で算出されます。配当率は生協によっても年度によっても異なりますが、大体年率0.2%から0.5%となっています。ですが配当がついたら口座に直接振り込まれるのではなく、出資金に追加される仕組みとなっています。

配当は出資金に対して行われるので減資すると出資金が減るので、その分配当も減ってしまうのです。さらに、減資の手続きをしたからと言ってすぐにお金が手に入るわけではなく、手続きしてからある程度の期間が必要で、生協によってはいつでも減資手続きが行えるわけでなく、決まった期間んい行う必要があります。

減資手続きができる期間が決まっているケースだとその期間でないと減資出来ない点もデメリットとなります。減資すればお金が戻ってくるメリット、一方でその分出資金が減るので配当も減ってしまうこと、生協によっては減資の手続きが行える期間が決まっていることがあるのでいつでも減資できるわけではないというデメリットをふまえて減資を行うかどうかを検討する必要があります。

あなたにオススメする借金対策方法!

借金返済プランに驚く男性

①債務整理検討していない人もまずは借金減額診断しよう!


②ダメ元でおまとめローンの審査に申し込んでみる!

30日間利息無料のキャッシングに申し込んでみる!

④会社勤めの方は給料ファクタリングで前給を検討!