不倫の慰謝料支払いを回避する方法!減額か回避か?

不倫カップル

不倫の慰謝料といわれても、できれば払いたくないですよね。でも向こうが弁護士を雇ってきたら裁判になりますし、キチンとどのような経緯で不倫でに至ったのか、できるだけこちらに都合が良い事実を主張するためにも調べておく必要がありそうです。

今回は『不倫の慰謝料支払いを回避する方法?減額か回避か』についてまとめたいと思います。

不倫をして不倫の慰謝料を請求された場合、不貞をしたのは自分ですから仕方のない思うでしょうが、不倫による慰謝料でも請求されたら必ず支払わなければいけないワケではありません。

状況によっては慰謝料請求を回避することができる可能性がありますし、請求額の減額に応じてくれる場合もあります。いざという時に慌てないためにも、どういった場合に慰謝料請求が回避できるのか、減額に応じてもらえるのかを知っておきましょう。

借金減額シミュレーター【無料】』はこちらからすぐ!
↓↓↓↓↓
東京ミネルヴァ法律事務所
東京ミネルヴァ法律事務所】東京都港区新橋2-12-17 新橋I-Nビル9階 代表弁護士:川島 浩 東京弁護士会(登録番号43058)

夫婦関係が破綻している

不倫時にすでに夫婦が別居状態になっていたとか、別居していなくても「夫婦間の関係がない」「一緒の家にいながらまったく別々に生活している」「まったく会話をしていない」といったように第三者から見て夫婦関係が破綻していると判断される場合は、慰謝料請求されても、それを回避できる可能性があります。

とくに長いこと別居しているとか、夫婦の場合は夫婦関係が長いことないセックスレス状態だったことが証明できれば慰謝料の支払いが回避できます。慰謝料請求されるのは、不倫が理由で夫婦・家庭環境を壊したからです。

不倫をする前から夫婦関係が壊れていたのなら、不倫による慰謝料を支払う義務はありません。これは夫婦のどちらかかが不倫した場合でなく、不倫相手が慰謝料請求された場合も同じで、「もう妻(夫)とは終わっているんだ」などと相手が配偶者との夫婦関係が壊れていることを何度も聞かされていたことが証明できれば、慰謝料の支払いを回避することができます。

審査に喜ぶ男性
前給で乗り切る! 給料債権ファクタリングは【七福神】

肉体関係がない・証明できない

デートに行っただけやハグやキスをしただけでも不倫と相手が思ってしまえば、不倫の慰謝料を相手に請求できるため、どうした状態を不倫とするのかは人さまざまですが、不倫相手と肉体関係がなかった場合、慰謝料の請求を回避することができます。

また不倫の裁判で慰謝料請求が認められるのは、 不倫の事実を証明する証拠があった場合です。そのため不倫相手と肉体関係があった場合でも、それを証明する証拠がない場合にも慰謝料を支払わなくてもよくなる可能性があります。

ただ肉体関係がなくても不倫慰謝料請求を認める裁判例もありますから、必ず回避できるワケではありませんが、基本的には相手との肉体関係がなければ慰謝料を支払う義務は発生しないと考えていいでしょう。

不倫をして(していたと思われていて)、不倫の慰謝料を請求されたからと慌てて支払うのではなく、 まずは弁護士に「相手とはどういった関係にあったか」「肉体関係にあったかを証明する証拠はあるのか」などを相談してみましょう。うまくいけば慰謝料請求を回避できるか、請求額を減額してもらえるかもしれません。

キャッシングをオススメする女性
30日間無利息キャンペーン中のキャッシングのフタバ

まずは謝罪、それでも回避できない場合は減額を

不倫をしたことを深く反省して真摯な対応をすれば、相手も慰謝料の請求を取り下げてくれる可能性もあります。とくに、まだ相手への愛があり、一時の激情で慰謝料請求をしたという場合には、今後不倫相手と接触しないという約束をしたり、謝罪文を書いたりすることで許してもらえたというケースも少なくありません。

支払いは回避できなくても、請求額を減額してもらえる可能性もあります。また慰謝料の請求額は収入や資産が少ない場合でも、相手に「慰謝料は○○万円しか払えない」と伝えることで請求してくる慰謝料の額を、現実的に支払える額に減額してもらえるかもしれません。

とくに慰謝料の請求額を減額させたいのなら、可能な限り早く弁護士に相談しましょう。弁護士に相談することで、相手の請求してくる慰謝料が「妥当な額なのか」「相場を無視してないか」を確認してくれ、どのぐらいの請求額が妥当な額なのかを過去の裁判例や不倫の状況から判断してくれます。

あなたにオススメする借金対策方法!

借金返済プランに驚く男性

①債務整理検討していない人もまずは借金減額シミュレーター

②ダメ元でおまとめローンの審査に申し込んでみる!

30日間利息無料のキャッシングに申し込んでみる!

④会社勤めの方は給料ファクタリングで前給を検討!