督促状と催告書の違いとは?怖いのはどっち?

頭がパニックの男性

滞納している人は消費者金融、ローン会社、役所、税務署、公共料金・・・様々なところから督促状や催告書が送られてきていることでしょう。この中でも特に危険な催告書を見逃していると、次は裁判所から通達が来るハメになるかもしれません。そうなる前にどの書類がヤバイのか?軽く知識を身につけておきましょう。

お悩み人
んーどれが督促状か催告書か混乱してきた・・・・

詳しい人
催告書は危険です、まずは督促状と催告書の違いを知って下さい。

今回は『督促状と催告書の違いとは?怖いのはどっち?』についてまとめたいと思います。

借金減額シミュレーター【無料】』はこちらからすぐ!
↓↓↓↓↓
東京ミネルヴァ法律事務所
東京ミネルヴァ法律事務所】東京都港区新橋2-12-17 新橋I-Nビル9階 代表弁護士:川島 浩 東京弁護士会(登録番号43058)

督促状とはどういた書類なのか

督促状は支払いや返済催促を促すための書類です。これは本来支払うべき料金が期限内に払われていなかったり、口座に入っている残高が足りなくて料金の引き落としができなかった場合に送られてくるのが督促状となっています。督促状が届いたら封筒に「重要」と書かれています。

督促状の内容は、ビジネス文書のような形式で一見するとそこまで迫られているものではありませんが、油断は禁物です。いつ頃請求されたのか、その金額、支払い期限、支払い方法、連絡先が文面に記載されています。何らかの理由で料金が支払われていないので記載されている期間までに入金もしくは支払いをして下さいねというものです。督促状が届いても、記載されている期限内に入金できれば問題ありません。

審査に喜ぶ男性
前給で乗り切る! 給料債権ファクタリングは【七福神】

催告書とはどういった書類なのか

督促状と似ていて、本来支払うべき料金が期限内に払われていない場合に催促する書類ですが、督促状はビジネス文書のような形式だったのが、催告書は迫り方が厳しくなります。督促状が届いたのにも関わらずそれを無視した場合に届くのが催告書です。

催告書は誰が誰宛てにどのような内容でいつ出したのかを公的に証明される内容証明郵便で送られてきます。内容証明郵便で送られてくるということは催告書を受け取った人がそんな書類を受け取っていないと言っても、内容証明郵便によって確実に届いていると証明できます。また、内容証明郵便は時効を止める効果があります。

請求には時効があり「支払いに応じられない」と突き通して時効が成立してしまえば請求できなくなってしまいますが、内容証明郵便を送ることで時効までの残り日数が6カ月ほど一時停止されるので支払えないを突き通して時効を迎えてしまうというリスクを無くせます。実際の文面は督促状よりも強く迫る口調で書かれており、文面に「法的処置をもっての請求」となっている場合もあります。こう書かれているといつ差し押さえが行われてもおかしくない状態になります。

キャッシングをオススメする女性
30日間無利息キャンペーン中のキャッシングのフタバ

督促状と催告書の違い

両方とも未払いを請求している内容の文面となっていますが、その違いは督促状は普通郵便で送られてくることが多いのに対し催告書は内容証明郵便で来ること、督促状はビジネス文書のような文面となっているのに対して、催告書は法的手段という言葉など迫るような文面で書かれていることが挙げられます。督促状を無視した状態が続いたら催告書が届くので、催告書は支払いに応じないと差し押さえが行われるといったより深刻な状態になっているので早急に支払いを求めています。

督促状を無視すると催告書が届く

督促状を無視し続け支払いしないで放置するとどのような流れになるのかを紹介します。督促状は1通だけでなく何通が届きます。最初はビジネス文書のような一般的な書類と変わらない内容の文面ですが、2通目以降の督促状では文面も厳しくなり、何通か督促状を送っても支払いに応じない場合は催告書が届きます。

1回目の督促状では「支払いが確認できなかったため、お手数ですが何日までに指定の方法で支払いをお願いします」という文面ですが、2通目以降の督促状になると「請求書について再三にわたり請求していますが、連絡もなく本日に至るまで支払いがないため至急何日までに支払いをお願いします」と文面が厳しくなります。そして催告書では「○日まで支払いが確認できなかった場合は法的手段も検討せざるを得ません」という督促状よりも文面が厳しくなります。

催告書が届いても支払いを無視し続けたら差し押さえなど法的手段を取られる可能性が高くなります。ローンなど分割払いで支払いを行っていた料金を滞納し督促状も催告書も無視すると期限の利益の喪失となり、分割払いの権利を失い一括払いで請求される可能性があります。ただし、税金に関しては税金未納の督促状が届いてから10日以降経っても連絡や支払いが無い場合は法律上で差し押さえが可能となり、最初に届く督促状から財産が差し押さえられる可能性があります。

あなたにオススメする資金繰り対策!

借金返済プランに驚く男性

①債務整理検討していない人もまずは借金減額シミュレーター

②ダメ元でおまとめローンの審査に申し込んでみる!

30日間利息無料のキャッシングに申し込んでみる!

④会社勤めの方は給料ファクタリングで前給を検討!

⑤請求書をオンラインで現金化クラウドファクタリングが便利!