借金減額でおすすめ!の債務整理とおまとめローン

土手で自由を満喫する男性

借金減額のおすすめは債務整理です!金融業者とリスケをしても結局高い金利を払い続けるのには変わりがないですからね。であれば債務整理でスパッと大きく減額したほうが完済までの年数が短くて済みます。債務整理でもおすすめできないものもケースバイケースで出てきますので、少し注意喚起も含めて債務整理の現状をお伝えします。

お悩み人
任意整理にしようと思うんだけど?

詳しい人
弁護士なり専門家に診断してもらって適切な債務整理を選んだほうがいいよ。

今回は『借金減額でおすすめできる債務整理5つまとめ!』についてまとめたいと思います。

借金減額診断【無料】』はこちらからすぐ!
↓↓↓↓↓
東京ミネルヴァ法律事務所 [債務整理]借金減額診断イメージ

借金減額でおすすめ!個人再生がベスト

借金減額で一番大きいのは個人再生になります(※自己破産除く)通常で借金が1/5に、借金が数千万など金額が大きい場合は条件が揃えば1/10まで圧縮可能。住宅ローンを債務整理の対象から除外する特例があることも重要となります。

問題点は個人再生は手続きが煩雑で裁判所を通すので手間がかかるのですよね、それと少し弁護士報酬が高いのがネックになります。個人再生は以下の通り二種類あります。

■小規模個人再生
返済額 → 最低弁済額と所有する財産の総額のどちらか金額の多いほうを返済額とする。
条件 → 借金の総額が5,000万円を超えないこと、将来において、反復継続した収入が見込まれること。

■給与所得者個人再生
返済額 → 最低弁済額と、所有する財産の総額、過去2年分の可処分所得のなかで、一番金額が多いものを返済額とする。
条件 → 給与などの定期的な収入を得る見込みがあること、その収入の額の変動が小さいと見込まれること。

詳しい人
借金が5千万までで金額が大きい人は特に個人再生が有利ですよね。1/5に圧縮できれば誰もが返済が楽になるのではないでしょうか?

審査に喜ぶ男性
前給で乗り切る! 給料債権ファクタリングは【七福神】

内緒で借金減額できる任意整理もおすすめ

任意整理は裁判所を通さずに金融業者との和解で、利息を除いた残金を3年をベースに支払っていく方法です。弁護士事務所としては既に金融業者と多くの和解をしている場合は、比較的スムーズに解決する場合が多いですよね。

任意整理は弁護士報酬が安く、家族や会社などにも内緒で手続きできるということで需要があります。過払い金ブームの時はこの任意整理とのセットが主流でしたが、過払い金も10年の時効を迎えていますので、任意整理単体ですとトータルの減額幅が見込めない分お得感が無くなりましたよね。

ただ利息がゼロになりますし、期間も裁判にならなければ個人再生などよりは短いですし、分割支払いまで一定の時間稼ぎもできますので、てっとり早く債務整理をしたい多重債務者にはおすすめです。

詳しい人
任意整理は大きな弁護士事務所にお願いした方が交渉は有利になるよね。当サイトのアーク東京法律事務所さんは特におすすめですよ。

お悩み人
家族に言えない借金だし・・・ということで任意整理を検討しつつ、まずは借金減額診断受けてみます!

借金の大きさ、件数、利息、仕事の安定度や収入、実家やひとり暮らしか?など色々な条件を考えた上で、最適の債務整理を提案してくれると思いますよ。

キャッシングをオススメする女性
30日間無利息キャンペーン中のキャッシングのフタバ

借金をゼロにするなら自己破産がおすすめ

資産は持っていないし現金もないという方は思い切って自己破産にした方がスッキリしますよね。私もそうでしたが会社が潰れたとか、努めてた会社が潰れた、解雇されたなど目の前の生活すらも危ういといった危機的状況であるならば、この自己破産を選択したほうがいいと思います。弁護士費用もかかりますので、お金が少しでもあるうちに手続きをお願いしたほうがいいですよね。

■弁護士にお願いするメリット
弁護士にお願いするメリットですが一番は免責が下りやすくなりますよね。地元の裁判官なども知っているでしょうし、免責になりやすい傾向や対策、手続きやフローも熟知していると思います。やはり自分でやるとどうしても不利な方向に持っていかれる裁判官も中にはいます。賄賂をもらっているわけではないのでしょうけど、特に裁判などは業者の味方になる裁判官の話もよく聞きますからね。

それと時間的に平日昼間に裁判所に通う時間が勿体無いという人、煩わしいことは全部弁護士に任せたいという人は全部投げてしまって、自分は仕事にでも専念したほうが建設的ですよね。特に自己破産は精神的なダメージも大きいですからね。

■私も自己破産を過去にしましたが・・
自己破産後のビジネスの制限や制約もありませんし、カードが作れなくなったりローンが組めないことはありますが何も問題はないですよね。勿論、多額の借金がゼロになった開放感は自己破産でしか味わえないと思いますが。

詳しい人
白旗を上げたほうが社会復帰は早いと思いますよ。当面どこからも借りれなくなるのは仕方ないですよね。

一番大変なのは、借金ができないので自営やフリーランスは資金繰りがシビアになるということです。生活もカードなし現金主義を貫かねばなりません。幸い持ち家がありますので何とかなっていますが(自己破産後に父親が亡くなり相続)

条件は厳しいが「おまとめローン」もおすすめ

債務整理は最後の切り札!という人も多いかと思います。債務整理をせずに何とか乗り切りたい。また債務整理でカードが使えなくなるのを嫌う人もいますよね。

そういう人で給料が比較的安定していて勤続年数が長く、債務超過でないという方は、このおまとめローンの審査に申し込んでみるのは得策だと思いますよ。審査に落ちても何の問題もありませんからね。

おまとめローンは会社によって審査や条件が異なるのですが、借金が少なすぎても儲かりませんし、借金が多すぎると今度は会社のリスクになってしまいます。ですからその条件に合致した人だけが晴れておまとめローンで借金を一本化出来るのです。

お悩み人
借金は銀行系カードが多いから、おまとめローンいけそうかな?

詳しい人
おまとめローンとの金利差が少ないと逆に借金総額が増えることもありますよね。

当サイトの推薦するおまとめローンは記事下より2社ご紹介しております。

借金減額診断が一番おすすめ

いかがだったでしょうか?借金減額といえば債務整理ですが、おまとめローンも条件によっては減額効果はあります。ただ債務整理の特に個人再生で借金を1/5にする方が一応の支払いで完済できるわけですから私的には個人再生が最もおすすめですよね。

他にもカードの現金化などグレーな手法もありますが、そういうのは今度は債務整理をする際に障害になりますから、それよりも早めに借金減額診断でどのくらい借金を減らすことが可能なのか、イメージすることが大切だと思います。

あなたにオススメする借金対策方法!

借金返済プランに驚く男性

①債務整理検討していない人もまずは借金減額診断しよう!


②ダメ元でおまとめローンの審査に申し込んでみる!

30日間利息無料のキャッシングに申し込んでみる!

④会社勤めの方は給料ファクタリングで前給を検討!