不労所得と副業の違いとは?自分が働いているというのはただの仕事

ITで不労所得のある男性

会社員で副業をやっておられる方は、収入を上げることは考えていても不労所得に出来るかどうかは深く考えていないと思います。会社員でも自分が動ける時間は限りがありますからね。やがて収入の天井が見えてきます。

お悩み人
ダブルワークやってきたけど歳とるとシンドイよね・・。

詳しい人
不労所得化しないと自分の労働力の限界までしか収入が伸びません。

不労所得はどれだけあっても時間を取られることはありません。自分でやらずに他人に任せて多少効率は落ちたとしても、自分が働かずに得た収益というのは価値が高いですよね。ただ副業でもやり方によっては不労所得になり得るのです。そういうテクニックや税金面などのお金を残す為の知識を深めていきましょう。

今回は『不労所得と副業の違いとは?自分が働いているというのはただの仕事』について動画をまとめたいと思います。

借金減額シミュレーター【無料】』はこちらからすぐ!
↓↓↓↓↓
東京ミネルヴァ法律事務所
東京ミネルヴァ法律事務所】東京都港区新橋2-12-17 新橋I-Nビル9階 代表弁護士:川島 浩 東京弁護士会(登録番号43058)

不労所得には仕組みがある

不労所得と副業との違いというのをお話ししたいと思います。案外あまりわかっている人は少ないです。

不労所得というのは、単純に自分が居なくてもお金が入ってくる仕組みがあるということです。例えば皆さんが社長だったとします。副業の場合は社長も働き、そうなると会社にあなたがいないとお金が入ってきません。不労所得の場合は仕組みがあることで、社長が会社を離れていても、あなたがどこに行っていても旅行していても海外に行っていてもどんな状態でもお金が入ってきます。副業と不労所得には仕組みがあるかないか、という差になってきます。

審査に喜ぶ男性
前給で乗り切る! 給料債権ファクタリングは【七福神】

仕事と宿題というワード

副業は「仕事」というワードがあり、不労所得には「宿題」というワードがあります。

例えば「ビジネスをやってます。」とか「サイドビジネスをやってます。」というような言い方をする人がいます。ですが、実際にはそのサイドビジネスをやっている人達は本当にサイドビジネスなのか、結構混乱している人が多いです。

そのビジネスやサイドビジネスに自分が必要、自分が働いているというのは、それはただの仕事です。「仕事」というワードです。例えば、別でバイトをする、せどりなどで物を仕入れて売るとか、アフェリエイトやインターネットでお金を稼いだり、ユーチューバーになり、YouTubeなど、収益をあげるような方法は色々ありますが、自分の時間を使って稼ぐということになり、これらは仕事であり副業です。

ただ、副業が不労所得にもなり得るわけです。せどりであっても不労所得になり得ます。

不労所得になり得るようにするにはどうしたら良いのでしょうか。例えば、仮にAさんが自分で仕事をしていたのを、Aさんの下に社員やバイトを2人くらい用意し、50万円ずつ渡し仕入れて利益を出してもらいます。それで同じく30%程の約15万利益が出たとして、働いてもらっている彼らに、それぞれ10万円位渡します。Aさんには約5万ずつで約10万円が入ってくるということになります。利益率で見ると副業と不労所得では差があるのですが、その分時間というのはかなり削減されます。要は、Aさんの労働が少なくなっています。

不労所得でも、完璧に自分が何も関与しないことはまずあり得ません。不動産でも、振り込みの確認とかはしますよね。何かしら100%動かないということはありません。
また、この少ない時間でより多くを得る方法についても考えないとできません。それは「宿題」というワードです。

自分で働いている仕事を何とか仕組みにできないかと考える「宿題」をすることで、それが不労所得に変わっていくわけです。

基本的には株式で配当を得たり、不動産で配当を得る方法はわかりやすい不労所得になります。自分自身ではなく、建物が家賃を回収してくれる、株式が配当を運んでくれます。それ以外にも不労所得は無限に作れます。どんなビジネスであっても作れます。

それはどこまでを人に任せるかということです。OPT(他人の時間を使うこと)とOPM(他人のお金を使うこと)という考え方があります。これらを駆使することができると、不労所得を生み出すことができ、不労所得にチェンジしていくことができます。副業と不労所得の差もようやくわかってきたと思います。

詳しい人
他人に任せて利益が発生したらそれは不労所得になるということです。今はクラウドワークスなどクラウドもありますからピンポイントでチーム化できますね。
キャッシングをオススメする女性
30日間無利息キャンペーン中のキャッシングのフタバ

お金について学ぶことは大事

自分で仕事をしていて、別でもがむしゃらに働く。それもすごく良いのですけども、残念ながら、特に日本というのは、頑張れば頑張るほど、税金が取られていきます。累進課税です。

ざっくり1億の売り上げだとか、利益を出している会社でも、大体2,500万位しか現金で残せません。個人に渡したとしても、25%くらいです。全然自由ではありません。実際、ただがむしゃらに働いて得たお金を勤労所得として流していくというのも良いことなんですけども、それでは割りが悪いです。要はルールを知らなければ損をしている方も多いのです。

税金のこと、会社法、ビジネスの仕組みなど、皆さんにはもっと多くのことを学んでほしいです。特にお金の事に関しては、もう本当に常に更新されていきます。税法は変わりますし、税金の値も変わる、稼ぎ方も変わっていきます。

つい10年前には、今のような手法は一つもありませんでした。セブンイレブンをやる、フランチャイズをやるくらいしかないでしょう。副業といったこともありませんでした。アフェリエイト、ドロップシッピングや、YouTube、アプリやラインを使ってお金を稼ぐといったこと、すべてありませんでした。

でも今は沢山あります。ただ、それらはすべて副業です。割が良いかもしれませんが、不労所得ではないのです。圧倒的に経験の差や知識の差、知っているか知らないかだけで、損をすることは、特にこの投資の世界などには沢山あります。

考える時間を生み出していく

お金の流れや世の中のルールを沢山知ることに時間をかけていくということも重要であると思います。働かなくても得られる所得というのは作ることが出来ます。ある程度、自分が働かなくても入ってくる仕組みをつくることです。

どれだけ稼いでいるか、どれだけ沢山お金が入ってくるかではなく、お金を回し続ける事ができるか、出て行くお金以上に入る状況を作り続けることができるか、といった宿題を僕らはいつでも出されていると思って、それをこなすことで沢山のアイデアが出てきます。それをお金に換えていくのです。

多くの人がお金持ちになれない理由のもう一つに、暇がないこともあります。まとまって人生を考えたり、このビジネスが何で儲かっているんだろうとか考えるまでもなく、今日暮らすために働こうと思ってひたすら働く。そうなると暇もなく何も考えられません。たまに暇になっても遊んだりしますからね。

なので、できるだけ多くの時間をつくる。お金をたくさん稼がなくても良いのですが、それよりも収入が自分の生活以上に入ってくるような仕組みを作り、そうして多くの時間を作っていくことで、もっと効果的なことに自分の時間を使うことができます。

アイデアを出したり、自分の人生について考えてみたり、これはどういう仕組みなんだろうと疑問を持ってみたりするような考える時間。多くの場合、自分の勤めている会社の中ではこうであろうという思いによって、考えることすら許されていない、考えるというその発想自体も奪われているケースが多くあります。「こんなもんだ。」って。そんなことではないです。

全部自分の頭で考え、自分のプランを組み立て、自分で決断を下すこと以外に大切なことはないと伝えておきます。誰かに言われたから意見を変える必要性もなく、自分で考え、自分で決断をして、良いも悪いも自分に返ってくるというのを、とにかく続けてもらえたらいいのではないかと思います。

詳しい人
まずは不労所得を作るために考える時間が必要です!借金は全く逆になりますから早々に債務整理なりで片付けることをオススメしますよ。

あなたにオススメする資金繰り対策!

借金返済プランに驚く男性

①債務整理検討していない人もまずは借金減額シミュレーター

②ダメ元でおまとめローンの審査に申し込んでみる!

30日間利息無料のキャッシングに申し込んでみる!

④会社勤めの方は給料ファクタリングで前給を検討!

⑤請求書をオンラインで現金化クラウドファクタリングが便利!