【ハロー効果】無駄遣いをなくす方法!賢い消費者になろう

買い物しまくる女性

無駄遣いが多いとお金はたまりませんし借金も増えてしまいます。必要なモノを必要な人が買えるように学習しておけば、セールや刺激的な売り込みにも対処できると思うのです。

お悩み人
買う予定なかったんだけど、ついセールで衝動買いしてしまった!今月支払いあるのにー。

詳しい人
必要なものを必要なタイミングで買える賢い消費者になればお金も貯まりますよね。

今回は『【ハロー効果】無駄遣いをなくす方法!賢い消費者になろう』についてまとめたいと思います。

クレジットカード現金化!
フォームで入金依頼⇒即日入金!94%保証
↓↓↓↓↓
クレジットカード現金化

無駄遣いをなくす方法!賢い消費者になろう

お金を持っていると、つい無駄遣いをしてしまうことが少なくありません。しかも、ネットや広告などを見た時、意図せずクリックをしてしまったり映画のポスターの売り文句を見て気付くと映画館に足を運んでしまったりすることも珍しいことではないはずです。

しかし、これらはすべて偶然の無駄遣いではなく意図して作られたきっかけに乗ってしまっている場合もあります。今回、このきっかけについて心理学などの行動原理などを挙げながらお話しします。

人が無駄遣いをする時、突発的な感情が出る時が多い

例えば、何となく何か買いたいと思った時、「本日のみ!70%Off」や「1時間だけのタイムセール中」という言葉を見て「今買わないと損をしてしまう」、「これを逃すと安く買えない」という心理が働くことがあります。

この心理が働いた時冷静な判断ができなくなり、結果必要のないものを買ってしまい無駄遣いをしてしまうのです。このように人が無駄遣いをする時にはきっかけになるトリガーが存在するのです。

この例の場合売り文句(「1時間だけのタイムセール中」など)がトリガーとなって、買うべきか、買わざるべきかの判断をつける間もなく「1時間だけ」というタイムリミットが冷静な判断を鈍らせ正確な判断ができなくなり、その商品を購入してしまし衝動買いなどの無駄遣いになる可能性が高くなります。

これは自然に目に入ってくるものではなく意図的に企業が心理的な戦略を取って消費者に買い物を促すための行動として見せている場合が多く、企業がトリガーを用意して消費者に意図してそのトリガーを引かせようとしているのです。これを知ることによって買い物をする時冷静に対応することができますから、無駄遣いをなくすことにつながります。

【ハロー効果】から心理を学び、お金を学ぶ

例えば「日本のダンゴムシ」という平凡なタイトルの映画があるとします。映画の広告ポスターの言葉に「絶賛ロード中!」と書かれた場合とスピルバーグ氏が絶賛!「このダンゴムシこそ、日本の代表映画になる!」という言葉が書かれた場合の二つがあった場合、後者の方が見に行きたくなるという心理が働きます(恐らく前者の言葉だけではほとんど見に行く人はいないでしょう)。

後者のスピルバーグのコメントが入ったポスターを見て映画へ行く(興味を引く)という現象、これはハロー効果というもので、スピルバーグ氏という映画界の巨匠の権威によってこの映画の評価が増したように感じる心理が起こるものです(映画の内容は変わらないにも関わらず)。

このように言葉だけで心理を動かすものも少なくありません。企業は自社の製品やサービスを消費者が衝動的にでも多く買ってもらうために意図的に心理的な戦略を取っていることを学び、もしそういったものに遭遇してしまった時は冷静になり深呼吸をして、企業の意図や戦略を思い出すことが必要です。

そして、必要なモノを必要な人が買えるようにするため、自身が心理を学び、お金を学ぶことによって賢い消費者になって欲しいのです。学ぶことによって知らぬうちに無駄遣いをするのを防ぐことができます。

詳しい人
お金を使いそうになったら、一度深呼吸して客観的に自分にとって必要なものか考えるようにしましょう。

お金はあなたの人生を楽しくするためのツール

タイトルにも挙げましたが、お金はあなたの人生を楽しくするためのツール(道具)です。お金があれば旅行や買い物などを含めた様々な選択肢を大きく増やすことができるのです。つまり、お金というツールを使いこなせれば、人生が楽しくなるのです。このお金とうまく付き合うためにお金と心理学を通じて、人生を楽しくするためのヒントを得ていただければ幸いです。