UUUM所属YouTuberの広告収入83億円!だがアドセンスだけに頼る商売は危ない!

uuum

今はテレビを見る若者はいませんよね、YouTuberの動画を楽しむ人が増えてきました。勿論上位YouTuberのように大金をすぐに稼ぐことは難しいかもしれませんがコツコツとファンを増やしていけばどんな層にも一定のファンが付くものと思われます。こうして人を集めるメディアとして認識されていますので当然広告でも稼げるようになりますよね。

お悩み人
私もやってみようかなYouTuber?

詳しい人
まずはコストがかからないチャンネル放送でチャレンジしてみましょう。

今回は『UUUM所属YouTuberの広告収入83億円!だがアドセンスだけに頼る商売は危ない!』についてまとめたいと思います。

借金減額診断【無料】』はこちらからすぐ!
↓↓↓↓↓
東京ミネルヴァ法律事務所 [債務整理]借金減額診断イメージ

UUUMは有名YouTuber所属のマルチチャンネルネットワーク

今やYouTuberというというのは、非常に収入の高い職業のひとつです。数々の有名YouTuberが所属しているUUUMは最大手の会社でマルチチャンネルネットワークです。チャンネル登録者も多く、日本人では上位10位中の8名はUUUMの所属、それから100位でもチャンネル登録者数は100万人を超えています。もちろん、ヒカキンや、はじめしゃちょーのように複数のチャンネルがランクインされているのもありますが、100位までのチャンネルのうち、39チャンネルのクリエーターの人たちがUUUMに所属しているということで、非常に強い事務所であることがわかります。

審査に喜ぶ男性
前給で乗り切る! 給料債権ファクタリングは【七福神】

クリエーターに年間130億円

このように強いUUUMの第2四半期決算が出ましたので、そこからYouTuberの収入について解説していきたいと思います。決算の紐解いていきますと、結構なお金がクリエーターの方に支払われているようです。第2四半期は2018年の9月から11月の3ヶ月になるのですが、粗利益は、45億6,900万から12億7,200万円を引くと、何と3ヶ月で32億9,700万がUUUM所属のクリエーターに支払われているということになります。これは単純に4倍すると、年間では大体130億円がUUUMのクリエーターに支払われているかたちですね。昨年の決算をみると、年間では大体83億円です。なので、今年は昨年を超えるお金がクリエーターに行っているということになります。

粗利益の率の方も見てみると、12億7,200万÷45億6900万で、粗利益の率は27%位になります。ということは、クリエーターへの支払いも多いですが、意外と事務所の取り分も多いのではないか、これは企業案件が結構多いのではないかということが推測できます。再生回数は、第1四半期は100億回だったのが、第2四半期では95億回ということで少し再生回数が落ちていることがわかります。多分、これは第2四半期が夏休みの後だったからかもしれませんね。逆に夏休み効果で第1四半期が良すぎたのかもしれません。

チャンネル数はUUUMに所属している人だけでも7090チャンネルです。UUUMネットワークという下部組織の人たちが多く占めると思うので、実際には稼いでいる人たちは非常に少ないのではないかと思います。それでも年間130億円のお金がクリエーターに支払われていると考えると、上の方ではかなり、数千万円から1億円位稼いでいるクリエーターはたくさんいると思います。これは多分、1億円を稼いでいる人は吉本興業を超えているのではないかと思います。

詳しい人
UUUMに所属できれば色々と環境や営業面で有利になりますよね。そこそこ人気が出れば向こうから声がかかることもあるようです。


彼のようにUUUMに所属しない方がベストと考える人もいます。自分で企画を考え企業を経営し、自分のやりたいようにできる環境を望むのも面白いですよね。利益の面でもUUUMにマージンを数十%を抜かれるわけですから最大効率を考えたいところです。

キャッシングをオススメする女性
30日間無利息キャンペーン中のキャッシングのフタバ

広告料でも収入が稼げる

我々はGoogleアドセンスといった広告料を貰っているのですが、UUUMの決算の紐を解くと28億円がアドセンスの収入です。第2四半期は95億回の再生回数があったので、1回再生あたりの目安を計算すると0.294円で、0.3円位がアドセンスの収入になります。私の事業が大体1回あたりの目安として0.3円から0.4円です。12月は広告単価が少し上がるので、良くて0.46円行きましが、UUUMでは大体0.3円位アドセンスの方でも稼いでいるということになります。

ですから、このようにYouTubeの広告料収入で稼いでいくのも良いと思います。市場はどんどん大きくなっていて、2018年から2019年で上位5000人位でも平均年収が400万円行くのではないかと思います。1日1本を仕事みたいに出していくと、YouTubeの広告料収入やそこに少し周りの収入を含めても、年収で大体500万円くらいは見込めます。

私の場合はお金をあまり使って動画を撮りません。普通の授業動画ですから。ほとんどが利益になるようなことも可能です。YouTuberも職業のひとつとして、これから若い人達がどんどん活躍すると思いますし、我々のような講師なども、色々参入することになると思います。

みなさん、UUUMの決算発表というのも参考にしながら、今後の動画マーケティングや動画マーケティングを取り巻くビジネスなどについて考えて見るのも良いのではないかと思います。

詳しい人
チャンネルでも自分を出さずに動画を編集する人もいれば、リアルタイムにゲーム配信をする人もいますよね。必ずしも自分が表に出てキャラクターを演じる必要はないわけです。飽きられるのも早いですから、長期的に積み上げる動画ビジネスを目指したいものです。

アドセンスだけに頼る商売は危ない!

そんなYouTuberに夢を抱いている人多いと思いますが、必ずしも動画内で表示される広告が踏まれ購買に結びついているとは思えないので、アドセンスだけでYouTuberビジネスが成立するとは考えないほうがいいですよね。トップチューバーは必ず企業案件をやっていますし、プロモーションとして成立している企画であるからこそ広告の購買(コンバージョン)に結びつくのです。

私自身は動画内の広告を踏んだり、自動で再生される広告で何かを購買したことはありません。ですからチャンネルを開設する段階から、どういう広告プロモーションでビジネスしていくのか設計をする必要があります。今は再生数で一定の広告料が支払われているかと思いますが、この再生単価は価値のない動画についてはドンドン下がって行くものと思います。大手ゲーム配信でも単価が下がったり広告が付かなくなったり大手ゲーム配信者の引退騒動でニュースになっていましたが、あくまで広告とのマッチングは大事だということです。

多重債務者の方がYouTuberで借金返済!というケースもありますが、自分の経験を動画にしていくことは付加価値が高いですから、マイナスをプラスに変える意味でもYouTuberビジネス面白いかもしれませんね。

あなたにオススメする借金対策方法!

借金返済プランに驚く男性

①債務整理検討していない人もまずは借金減額診断しよう!


②ダメ元でおまとめローンの審査に申し込んでみる!

30日間利息無料のキャッシングに申し込んでみる!

④会社勤めの方は給料ファクタリングで前給を検討!