多重債務のサラリーマンが限界!家庭と会社を守るには?

多重債務のサラリーマン

サラリーマンが多重債務に・・・。何が問題かといえば収入がほぼMAXの状態で月々の支払いが困難になるということですよね。さらに生活費が一定額かかってきますので支出も大きくは削れないというのが現状です。こうなると仕事を増やさないと返済は滞納し、やがては給料が差し押さえられる危険性が増すことになります。現実的に毎日のように残業している人などはダブルワークはキツイでしょうし、家族がいると支出を減らすのは大変に困難です。何より借金について内緒にしている人などは、いつ差し押さえで会社に連絡が行ってバレないか頭を抱えているのではないでしょうか。多重債務のサラリーマンが限界を迎えた時にとるべき対策を考えていきたいと思います。

借金減額シミュレーター【無料】』はこちらからすぐ!
↓↓↓↓↓
東京ミネルヴァ法律事務所
東京ミネルヴァ法律事務所】東京都港区新橋2-12-17 新橋I-Nビル9階 代表弁護士:川島 浩 東京弁護士会(登録番号43058)

取引明細を取り寄せよう

グズグズ考えている時間があるのでしたら、まずご自分の借入状況をまず確認する所から始めましょう。貸金業者はどこも郵送や直接店舗でもこれらの取引明細は発行してもらえます。稀に「何に必要なのですか?」と聞かれますが自分の借金の状況を確認したい旨を返答すれば問題ないでしょう。弁護士とか債務整理ということはこの時点で言う必要はありません。取引明細書はいつからどのくらいの金利で借りているのか、その間に過払い金は発生していないか確認する必要があるからです。そしてそのまま弁護士に債務整理を依頼するときにも取引履歴を渡せば非常にスムーズに事が運びます。時効は10年ですがリボ払いは継続して完済しないまま新たな借金を重ねる形式ですから、期間が10年過ぎていても元の借金という扱いになれば過払い金に該当する可能性があります。期間が長い取引をうまく発掘できれば数百万円の還付金が見込めます。過払い金については弁護士の無料電話相談で聞いてみましょう詳しく説明いただけます。

5分で分かる!借金の電話・メール相談の流れです。主に債務整理の相談で不安の方に分かりやすく簡潔にご説明します。①事務所を探す何度でも無料相談してくれる事務所を...
審査に喜ぶ男性
前給で乗り切る! 給料債権ファクタリングは【七福神】

書類をまとめよう

上記の取引履歴を取り寄せるにも1-2周間はかかりますからその間に並行して書類の整理をはじめましょう。開封するのも恐ろしくなってくるので督促状などは開封せずに放置しているかと思いますが、今現在どの業者がどういう対応をしているのか整理する上でも、書類をまとめてファイリングして保管しましょう。業者ごとのファイリングであれば一目瞭然なので尚いいです。そして借金を滞納する頃は、他の支払いについても滞納をし始めている頃だと思います。携帯や各種細かい料金の請求書などについてもファイルにまとめて整理するようにしましょう。生活に必要なものから優先順位を付けておけばいつまでにいくら必要か大方把握できます。会社の給料やボーナス日などから逆算して、使ってはいけないお金というのがあると思いますので、支払い用の口座を別にしておくとか無駄なお金を今後は使わないように財布の紐を縛っておくことも大切です。

今月の借金の返済はしない!多重債務者で路頭に迷っている方。直近の支払いが困難になり頭を抱えている方。心配はいりません、債務整理の電話相談をして「弁護士と相談...
キャッシングをオススメする女性
30日間無利息キャンペーン中のキャッシングのフタバ

借り換えを検討する

多重債務のサラリーマンがおまとめローンの審査に受かるかは分かりませんが、借金は大きいが収入も多いという会社の役員や一流企業や公務員の人もいるでしょう。そういう人は万が一にもおまとめローンなど借り換えができる可能性があります。まずは金利の低い金融機関をリスト化していきましょう。収入が高くない方はおまとめローンは審査に通る可能性は低いので審査はしてもいいとは思いますし、時間がかかりますので1-2社の結果で判断したほうが良いと思います。ネットなどから申し込めるおまとめローンもいくつかあると思います。地元の信金など金融機関に相談するのも良いと思います。

怖いのは給料差し押さえ

滞納を続けていると督促状が届き、やがて貸金業者は毎月入る給料を差し押さえにきますが、原則として給与の4分の1に相当する部分のみについて差押えが可能です。ですからそれほど差し押さえの金額については心配がないのですが、お勤めの場合は気になるのが会社に連絡が入ることですよね。ここで当然、借金の差し押さえであることが発覚する訳です。これが一部上場の会社だったり、中小でも役員を勤めていたりするとマイナス査定になるのは必至です。自己管理能力の欠如ですからね。昇進に影響しますし家族にもバレる可能性があるでしょう。

借金を滞納していると一番怖いのが給料差し押さえですよね。給料は生活分が保証されていますから一部しか差し押さえできませんが、会社に連絡が行きますので「あなたな...

停止するのは難しい

給料差し押さえの令状が届いてから慌てて弁護士さんに相談する方が多いのですが、債務整理をやられている弁護士さんはこういうケースは受任しませんよね。もう事件化してる状況ですと債務整理の範疇を超えるのと、別のオペレーションが必要になってきます。ましてやお金に困っている多重債務者となると報酬の問題もあり受任はしにくいのではないでしょうか。交渉といってもこの時点では貸金業者は一括支払いを求めているでしょうし。差押命令が出てから弁護士に相談した場合、仮に話し合いができたとしても書類の準備などを含めると数ヶ月間の差押えは覚悟しなければならないでしょう。

裁判所を介して話し合うことができる特定調停などが現在行われているのかは分かりませんが業者との交渉が万が一できるのであれば可能性はあります。あるいは別の金融機関や自分の家族から一時的にお金を借りて、差し押さえをしてきた業者に一括弁済する用意があるなどの手を打つなど。そうなると弁護士さんは必要ありませんよね。スムーズに処理するならば諦めて自己破産を進めるしか手はなさそうですし、実際に弁護士さんにも自己破産を勧められるのではないかと思います。この時点で差し押さえを回避するための交渉や任意整理の交渉は不利になるのは必至です。給料差し押さえに関して相談を受ける怪しいNPOや債務整理の窓口などはよく情報を調べてから相談するようにしてください。こういう困っている状況につけ込む詐欺も多いです。

借金の滞納を続けると督促の封書は大量に届くし、携帯にも督促の電話が来るようになりますよね。さらに複数の借り入れがある人は給料日にATMをハシゴしたり奔走すること...

督促の段階で早めに相談

督促を放置していると差し押さえになりますが予告などは無いわけですから、滞納して督促が届いている段階で早めに弁護士や司法書士さんに相談するようにしましょう。この段階ですと債務整理ではいろいろな手を打つことが出来ます。また任意整理では借金の金利を免除してもらい月々の返済額を圧縮した上で窓口は弁護士になり取り立てもない状況で、安心して内緒で債務を返済していくことも可能なのです。

住宅ローンなどが心配な人は個人再生手続きという制度がありますが、住宅ローンを債務整理から除外してもらい借金を五分の一(MAX100万まで)に削減してもらえるという大変便利な制度があります。審査や書類が煩雑ですから専門家が必要になり報酬も少々高めですが借金のトータルを大きく減らして住宅ローンを守ることができるでしょう。個人再生手続きは今かなり人気がある債務整理方法ですからオススメです。

最良の判断は督促が来ている状況のうちに、早めに債務整理の無料電話相談でまず過払い金がないか、どういう債務整理ができそうか、債務整理はどういうものなのか話を聞いてみることをおすすめします。

キャッシングで1社支払いができなくなると、もう1枚新たにカードを作りその借入で補填する。カード枚数が増えてくると、いわゆる与信状態が限度額パンパンになりますの...

今月の支払いはしない!

くれぐれも睡眠不足やストレスは正常な判断ができなくなる恐れが有るので、借金のことで思い悩んで体を壊さないように注意してください。そして今月の支払いはせずに放置しましょう。これは債務整理の電話相談を弁護士にするという前提ですが、債務整理すればどのみち金利が0になりますので今無理に支払いをする必要はなくなります。督促の電話は当然ガンガン来ると思いますが「弁護士に相談中です」といえば向こうも理解します。メジャーな貸金業者でしたらそれ以上取り立てには来ないと思います(ヤミ金は無理)

相談して弁護士の先生におまかせすると決めた段階で支払いをスルーするのは常套手段になります。といいますのは弁護士に払う着手金の積立をしないとなりませんからその分に充てるのです。勿論今の支払いよりは少なくしてもらえますので事情を考慮して相談に乗っていただけます。

支払いを滞納するようになったら赤信号ですから、督促のうちに早めに弁護士や司法書士に相談すること!差し押さえ令状が来たらどこにも相談できなくなりますよ!事件化したら相談でもお金を取られてしまいます。債務整理の範疇であれば相談も無料です。

今月の借金の返済はしない!多重債務者で路頭に迷っている方。直近の支払いが困難になり頭を抱えている方。心配はいりません、債務整理の電話相談をして「弁護士と相談...

あなたにオススメする借金対策方法!

借金返済プランに驚く男性

①債務整理検討していない人もまずは借金減額シミュレーター

②ダメ元でおまとめローンの審査に申し込んでみる!

30日間利息無料のキャッシングに申し込んでみる!

④会社勤めの方は給料ファクタリングで前給を検討!