老後お金で苦労せず、ゆとりある老後生活をおくるには?

老後生活が心配な中年男性

老後に向けて準備しておきたいことは色々とあります。資産形成もしておいたほうがいいですし健康リスクもありますよね。年金や住宅ローンなどの問題も片付けておきたいものです。まずどういう問題があるのか知っておくだけでも違いますよ。

お悩み人
もうすぐ定年だけどなんにも準備しないできたよなぁ。できることからやってみるか。

詳しい人
まず老後にどのくらいの生活費が必要なのか試算してみることです。現役で働いている時期とはかなり生活コストも収入も変わりますしね。

今回は『老後お金で苦労せず、ゆとりある老後生活をおくるには?』についてまとめたいと思います。

借金減額診断【無料】』はこちらからすぐ!
↓↓↓↓↓
東京ミネルヴァ法律事務所 [債務整理]借金減額診断イメージ
東京ミネルヴァ法律事務所】東京都港区新橋2-12-17 新橋I-Nビル9階 代表弁護士:川島 浩 東京弁護士会(登録番号43058)

ゆとりのある老後生活をおくるには


ゆとりのある老後生活をおくるには現役時代の過ごし方が大事です。早い内から老後について考えて計画、実践をしているととても有利になります。なので今回は老後でお金に苦労しない8つの特徴を紹介します。

審査に喜ぶ男性
前給で乗り切る! 給料債権ファクタリングは【七福神】

厚生年金と企業年金

①厚生年金の加入期間が長い。会社員や公務員の場合強制的に厚生年金に加入することになり、国民年金単独の加入者よりも将来受け取ることのできる年金額が多くなります。国民年金だけに加入している場合の平均受給月額は約5万円、厚生年金に加入している場合の平均受給月額は約14万円になっていますので大きな差があることがわかります。したがって、厚生年金に加入している期間、つまり会社員として働く期間が長いほど老後の資金が豊富に確保できることになります。

②企業年金を活用している。近年では国民年金や厚生年金に加えて企業と従業員が任意に契約して老後の資金を積み立てる企業年金制度も広がりを見せています。会社員として働く場合は、この企業年金を設置している企業を選び利用することで老後の備えをさらに盤石にできるでしょう。

詳しい人
国民年金の人は個人年金をプラスする必要がありそうです。厚生年金もそれだけで生活できるとも限りませんので収入確保なども視野に入れておきましょう。

キャッシングをオススメする女性
30日間無利息キャンペーン中のキャッシングのフタバ

個人年金保険と住宅ローン

③個人年金保険に加入している。保険会社が提供している個人年金保険も老後資金の確保には有効です。商品によって保険料は高いけれど生涯にわたって受け取れるもの、死亡時は遺族への補償もあるもの、戻って来るお金は大きくないけれどリスクも少ない円建て商品、リターンは大きいけれどリスクもある外貨建て商品など様々な種類があります。

自身の老後計画を見据えて個人年金に加入している人は、老後も安心して生活することができます。④老後までに住宅ローンを解消している。収入が減ってしまう老後生活では、住居費用が重い負担となります。したがって老後までに住宅ローンを払い終わっていない場合は、その分生活費を削減することになりかねません。反対に、現役時代から現実的な返済計画を立てて老後を迎えるまでに住宅ローンの完済を終えていれば、それだけ楽に生活できることになります。

詳しい人
外貨建てもリスキーではありますが、きちんと勉強して知識をつければ恐れるものではありません。一番ダメなのは日本の銀行に塩漬けしておくことですね。

マネタイズスキルと健康的な生活

⑤退職しても働けるスキルを身に付けている。現在、私たちの生活を取り巻く状況は年々変化しており、必ずしも老後までに貯めた資産だけで生活していけるとは限りません。そのような中でも、退職しても働けるスキル、つまりお金を生み出せるスキルを持っていると現役時代と同じように生活することも難しくありません。

仕事で培ったものでも趣味が高じたものでも構いませんので、それらをビジネスとして収益化できるよう準備しておくと老後も収入源に困ることはなくなるでしょう。社会とつながることで活力も生まれます。⑥健康的な生活をしている。年齢を重ねるにつれ、体調に問題を抱える可能性は高くなっていきます。一方、収入は減って行くので生活費に占める医療費は高くなって行くでしょう。だからこそ、若いころから健康に留意して過ごすことがとても重要です。健康であれば精力的に活動できますし、無駄に医療費をかける必要もありません。

医療費をかけずに済むということは、その分老後の資金にも充てることができるということです。現役時代から健康を意識する人は、老後も健康で経済的に恵まれた生活ができる可能性が高いのです。

詳しい人
健康対策のトレーニングなどはてっとり早くどの年代でも今から取り組めるものです。ジムに通ったりサプリなどにお金をかけることもなくウォーキングやホームトレーニングなど負担がなくてもできることはあるはずです。

贅沢せず早い内に資産運用しよう

⑦収入に見合った生活をしている。現役時代に貯金を残さず収入ぎりぎりの生活をしていると、老後に苦しむ可能性が非常に高くなります。そもそも老後資金が確保できないという面もありますが、人は長く続いた生活水準を簡単に落とすことができないためです。したがって、いざ年金生活に入った時、収入に見合った生活水準では我慢ができず借金などを繰り返し、結果、困窮生活に陥る可能性があるのです。現役時代から無駄に贅沢をせずに生活をすることは、老後資金を貯めるだけでなくストレスフリーに慎ましい老後生活を送る準備にもなるのです。

⑧早い段階から資産運用を行っている。年金だけに頼らない資産運用を目指して早い内から老後の資産を形成する人は、余裕を持った資金で老後を迎えることが可能です。これは早ければ早いほど効果的です。時間をかければかけるほど運用益が増していくからです。

特に複利で運用する場合は、加速度的に資産が増えていきます。したがって、運用利回りの小さい堅実な金融商品であっても長期的に運用することで大きな資産を形成できるのです。若い内から資産運用について勉強をしておけば、老後も安心して過ごすことができます。

詳しい人
資産運用するためにも借金は片付けておきたいものです。老後に借金があるときついですよね。

あなたにオススメする借金対策方法!

借金返済プランに驚く男性

①債務整理検討していない人もまずは借金減額診断しよう!


②ダメ元でおまとめローンの審査に申し込んでみる!

30日間利息無料のキャッシングに申し込んでみる!

④会社勤めの方は給料ファクタリングで前給を検討!