クレジットカード年会費は無料or有料どちらが良い?マイルで選ぼう

クレジットカードの年会費が気になる女性

クレジットカードも年会費が高いものや無料のものもありますよね。年会費が高いのはマイルを貯めるのに有利ということになります。

お悩み人
ポイントをそのまま使えれば十分だよね。

詳しい人
そういう方は無料のクレジットカードでいいと思いますよ。

安倍首相もキャッシュレスのインフラ化に躍起ですよね。5%OFFにするそうです。

今回は『クレジットカード年会費は無料or有料どちらが良い?マイルで選ぼう』についてまとめたいと思います。

借金減額シミュレーター【無料】』はこちらからすぐ!
↓↓↓↓↓
東京ミネルヴァ法律事務所
東京ミネルヴァ法律事務所】東京都港区新橋2-12-17 新橋I-Nビル9階 代表弁護士:川島 浩 東京弁護士会(登録番号43058)

クレジットカードの年会費の有無の理由


今回はクレジットカードの年会費についてひとつの視点を与えようと思います。クレジットカードには年会費があるものとないものがあります。無料のものから数千円、1万円、高いものでは数十万円なんてクレジットカードもありますがその違いはなんでしょうか?

色んなカードを分析してひとつの傾向が分かりました。それは無料のものはマイルが貯まりません。そして有料のものの中にはマイルがよく貯まるものがあります。なんでそういうことが起きるのでしょうか?

審査に喜ぶ男性
前給で乗り切る! 給料債権ファクタリングは【七福神】

15000ポイントと15000マイルの違い

例えばあるポイントが15000ポイント貯まっているとして通常は1ポイント=1円です。しかし景品交換サイトを見てもらうと分かるのですがアマゾンギフト券などに替えると大体5000円分のものにしかなりません。なので純粋に1ポイント=1円で使えることも中々珍しいです。多くは1ポイント=0.3円くらいで15000ポイントを使うと大体3000円から5000円のものしか買えず、マックスで1ポイント1円になります。

なぜそうなるのかと言うと、15000ポイントをお客さんに使われるとカード会社は15000円の景品を提供しないといけません。それはカード会社はアマゾンギフト券をお客さんに与えるためには15000円を支出することになります。それで別の会社からアマゾンギフト券を購入しないといけず、それが1ポイント=1円以内になる理由じゃないか、関係しているのではないかと思います。しかしマイルにするとカード会社の負担はめちゃくちゃでかくなります。例えばお客さんが15000マイルに替えるとします。それを羽田発沖縄往復の飛行機のチケットに替えると時期に寄りますが3万~7万の価値があります。

7万円のチケットにすると1ポイント=4.6円になります。ポイントをポイントとして使うと1ポイント=1円ですが、マイルだとそれが跳ねあがってしまうのです。マイルだと航空券を買わないといけないので7万円の時だと支出が、その負担がポイントとは全然違う大きさになります。7万円の時に使われるとカード会社は赤字になる可能性があります。だから年会費無料のものだとマイルがほとんど貯まらないようになっているのではないかと思っています。

実際に年会費無料のクレジットカードだとマイルはほとんど貯まりません。ポイントはざくざくとよく貯まるけどもマイルに以降するとレートが一気に落ちてしまいます。そういうパターンがあります。楽天カードはよくポイントが貯まると有名ですが、そのポイント受取をマイルにするとがくっと落ちてしまいます。それに対し、マイルの還元率が良いものは年会費が必ず発生します。それはマイルを航空券にすると非常に支出が多いから年会費をとらないとやっていけないのでしょう。

詳しい人
マイルを使うかどうかで判断してください。

キャッシングをオススメする女性
30日間無利息キャンペーン中のキャッシングのフタバ

マイルを得るために年会費を払う

逆に言うと飛行機なんて乗らない、マイルなんて興味がない、ポイントをそのまま使えれば十分と言う人は年会費無料のものでOKです。年会費払うならマイル貯めた方がお得です。というかマイルを貯めておかないとペイできないと思います。マイルで頻繁に旅行したり、ずっと貯め続けて老後に旅行してその費用を全てマイルで使ったら良いでしょう。

貯め続けたら現金を使わなくても沖縄を何十往復もすることができます。そういうことを新しい資産形成もありだとおすすめしています。まったく飛行機に乗らない人生を送ると言う人、純粋にポイントをポイントとして買い物に使うことにしている人は年会費払う価値はありません。ひとつ基準として年会費を払うか払わないかはマイルを貯めたいか貯めないかで判断したら良いでしょう。楽天カードなどは凄くポイントが貯まるのでそれでお得にお買い物をするようにすれば無理に年会費を払ってマイルを貯めるなんてことをする必要はありません。

詳しい人
最近はpay支払いがブームですが、何らかのポイント還元可能なカードや支払いは必須な時代となりました。現金払いは損をするということです。

あなたにオススメする借金対策方法!

借金返済プランに驚く男性

①債務整理検討していない人もまずは借金減額シミュレーター

②ダメ元でおまとめローンの審査に申し込んでみる!

30日間利息無料のキャッシングに申し込んでみる!

④会社勤めの方は給料ファクタリングで前給を検討!