クレジットカード(キャッシュレス)は何枚持ちが正解?

クレジットカードで遊ぶ女性

paypai祭りからスマホ支払いがブームになっていますが、デビットやクレカでもポイント還元していますよね。自分に合ったカードを選びたいものです。

お悩み人
クレカでポイント還元利用して節約していきたいよね。

詳しい人
用途に応じて使い分けたいところですが。現金払いは損をする時代になりました。

今回は『クレジットカード(キャッシュレス)は何枚持ちが正解?』についてまとめたいと思います。

今やるべきことは借金一本化!
最短で翌日の融資!老舗の安心できる企業です!
↓↓↓↓↓

クレジットカードは何枚必要?


クレジットカードは何枚必要かと言うとそれは人によるのではっきりとした結論は出せません。クレジットカードには2つ特徴があり、1つは利便性です。最近ではスマートフォンに入りクイックペイ、スマホ支払い、Suicaなどで携帯一つで都内で生活できるようになっています。

まだスマートフォンに免許証と保険証は入らないので運転する時は財布が必要ですが不便なのでこれから電子ベース化されていくでしょう。2つ目はお得さで、ライフスタイルはひとそれぞれなのでどういうお得さを求めるかが人によって違ういます。クレジットカードを何枚持つはお得さ、利便性から変わります。

おまとめローンに通った男性
1本化ローンのユーファイナンス

マイルを貯める

クレジットカードを何枚持てば良いのかは大きく分けて2つのことから考えます。それはマイルを貯めるか節約するかです。マイルの資産価値は高く、基本的にマイルを貯めた方がお得です。普通もらえるポイントというのは1ポイント1円で使えるものですが、マイルは1ポイントが5円にもなるので非常に価値が高い、資産価値が高いです。デメリットは航空券でしか貯まらないこと、他で使うと対価が1ポイント1円になることです。

これでは飛行機にまったく乗らない人には意味がありません。飛行機に乗らない人は失効、3年後同じ日付に失効してしまうのですが、失効しないカードは貯め続けることができます。例えば老後は暇なので旅行したくなるのでそれまでマイル貯め続けて90万ポイントになったとします。沖縄に夫婦2人で15往復、毎年15年間1往復できるます。このように価値を貯め続けることができることに価値がある、将来使う予定があるなら資産価値あります。

キャッシングをオススメする女性
30日間無利息キャンペーン中のキャッシングのフタバ

節約をする

節約をするためにクレジットカードを持つことですが、これは例えばビックカメラのカードがあればポイント貯まりますが、ビックカメラ以外で使う時にはそれほどお得ではありません。でも年会費無料ならそういうカードがたくさんあれば節約になります。生活の中でやりくりしていきたい人、日々の節約をしたい人、そういう方は色んなカードを持っていればお得になります。

そして必要なカードが5枚、6枚と増えていきます。作った先でお得に買い物ができます。資産価値を重視するならマイルが貯まるカードに、節約するのが一番だったら色んなところのカードを持つと良いです。なんせ年会費無料ならただなのでちょっと節約したいなら5枚ぐらい買い物に行くところやライフスタイルによって色々作っておくとお得です。

クレジットカードは2~6枚持つ

マイルを貯めて置くなら必要枚数は2枚になります。マイルを貯めやすいカードは限られており、例えばJALカードを持つとそれがメインカードになります。基本的にそれだけで買い物をするようになるのですが、それが使えないお店もあるかもしれません。そういう時のために国際ブランドによってサブカードを作ります。例えばそのJALカードがJCBだとVISAしか使えないお店があると困ります。

VISAが使えるお店は大体Masterが使えます。そしてJCBが使えるお店ならアメックスかダイナースが使えます。なのでメインカードがJCBの場合はVISAかMasterのどちらかをサブカードとして持っておきましょう。海外ならVISA、それがダメならJCB、アメックス、ダイナースのカードを使います。節約するのなら行く先々のお店で年会費無料のカードを作って使い分けるのですが、大体5枚、6枚になります。

あまり作り過ぎると不正利用されたりと管理が大変なので気を付けてください。マイル貯めるなら2枚ぐらい、節約なら大体5枚か6枚になりますが、ケースバイケースで判断したら良いでしょう。

詳しい人
債務整理でクレカが使えない人でも利用できる決済手段は増えていますよね。同じ支払いなら1円でも安くしていきましょう。利用勝手もいいですからね。

あなたにオススメする資金繰り対策!

借金返済プランに驚く男性

借金減額シミュレーターはここからスグ!借金どのくらい減る?


②借金相談は債務整理の全国無料相談で解決する!

③借金増えたらおまとめローンの審査に申し込んでみる!

30日間利息無料のキャッシングに申し込んでみる!