楽天証券で確定拠出年金(iDeCo)をやった方が良い理由?フリーランス節税におすすめ

確定拠出年金で万全なフリーランス

iDeCoもかなり節税でやっている方増えましたよね。今回は楽天証券を推しているフリーランスの方がいましたので特集します。

お悩み人
ちょっと儲かってきたフリーランスですがやはりiDeCoでしょうか?

詳しい人
節税でiDeCo、将来のためにも自分の身は自分で守るということで。

今回は『楽天証券で確定拠出年金(iDeCo)をやった方が良い理由?フリーランス節税におすすめ』についてまとめたいと思います。

借金減額診断【無料】』はこちらからすぐ!
↓↓↓↓↓
東京ミネルヴァ法律事務所 [債務整理]借金減額診断イメージ
東京ミネルヴァ法律事務所】東京都港区新橋2-12-17 新橋I-Nビル9階 代表弁護士:川島 浩 東京弁護士会(登録番号43058)

iDeCoとは?そのメリットは?


楽天証券の中でもローリスクでやっておいた方が良い物、それがiDeCoです。iDeCoとは、個人型確定拠出年金のことです。

iDeCoにどんなメリットがあるかというと、①積立金額が総て所得控除の対象になるので、年間の所得税・住民税が節税することができます。給料が高ければ高い人ほどお得ということになります。確定拠出年金は預けるだけではなくて、投資信託のようにすることもできます。定期預金にもできます。

どれにするかは自分で選ぶことができます。②預けた利息などの利益はすべて非課税です。③受け取る時は年金などの控除対象となります

詳しい人
投資信託のような形にもできるんですね。

審査に喜ぶ男性
前給で乗り切る! 給料債権ファクタリングは【七福神】

iDeCoをどんな人が使っているのか?何故やるべきなのか?

iDeCoをどんな人が使っているのか?というと、年金を払っていれば大体入れます。一番オススメなのは自営業者です。自営業者は自分で退職金を積み立てないと、定年の時に退職金が出ないです。

何故iDeCoをやるべきなのか?誰だって毎年住民税や所得税などの税金を払っています。iDeCoをやることで所得税や住民税の節税が出来ます。簡単に言うと、会社員の300万円は年金などがすべて引かれた上での300万円です。しかし、自営業者はそういったものが引かれていません。同じ年収300万円でも会社員か自営業者かで意味合いが異なります。会社員は企業型年金などにすでに入っているので、会社がある程度払ってくれます。

しかし、自営業者は自分ですべて払わなくてはいけません。だからその分所得も当然多くなるのです。自営業者は700万円年収があったとしても、自分でいろいろと払っていかなくてはいけませんが、その割りに所得は高くなってしまうので、税金が高くなるということです。自営業者は年収が高くなって当然、そしてその分所得税などが高くなります。税金はどれだけ払ってもゼロです。税金=お国へ貢献するお金なので、なくなってしまいます。

それならば、自分の所得を減らして、払う税金も減らした方がいいです。だからといって自分の稼ぎを減らすのはもったいないです。意図的に売上を減らすのではなく、貯蓄しましょう。所得を減らして貯蓄するのがiDeCoです。

詳しい人
自営業者の貯蓄ということですね。

キャッシングをオススメする女性
30日間無利息キャンペーン中のキャッシングのフタバ

iDeCoの活用方法

自営業者の場合は、最大で月6.8万円まで貯蓄が可能です。6.8万円×12ヶ月すると、年間で81.6万円iDeCoに使えることになります。つまり、年間約80万円収入を減らすことができます。本当は700万円稼いだから、700万円から何%という税金がとられます。

所得控除があるとしても、330万円~695万円は所得税20%、695万円~900万円は23%。900万円~1800万円は33%、4000万円以上は45%と稼げば稼ぐほど税金にもっていかれてしまう率があがります。所得が増えると税率が上がるので、控除が受けられるiDeCoがお得です。稼げば稼ぐほど必要になるのが控除です。

iDeCoの最低月額は5000円、年に一度だけ変更が可能です。このiDeCoは楽天証券でも申し込むことができます。年間6万円所得を減らして、その上でそれが貯金として残るということです。

詳しい人
年間で81.6万円の所得減らしは大きいのでは?

まとめ

iDeCoは自分で作る退職金です。銀行口座で貯めるお金は所得として税金で持っていかれるから、それを避ける手段として準備されています。iDeCoは国が認めている節税制度です。脱税でもなんでもありません。ただし、運用ということになります。普通は60歳で受け取れますが、50歳を超えてから始めると受け取れるのが遅くなるはずです。そこだけ注意が必要です。

また、始めてしまうと月5000円が必要になるので、所得が少ない人は注意が必要です。余裕がないとい人はやる必要はないです。子供や配偶者がいる人はやった方が良いかなと思います。せっかく楽天銀行を開設して楽天証券をやるのであれば、無理に株やFX、投資信託をやる必要はないですが、そういったものが怖い人でもiDeCoはやった方がいいかなという話でした。自分の年収と相談して考えてみてください。

詳しい人
とりあえず最低額の月5千円は50歳になる前にiDeCoやっておいた方がいいですね。

あなたにオススメする借金対策方法!

借金返済プランに驚く男性

①債務整理検討していない人もまずは借金減額診断しよう!


②ダメ元でおまとめローンの審査に申し込んでみる!

30日間利息無料のキャッシングに申し込んでみる!

④会社勤めの方は給料ファクタリングで前給を検討!