給料ファクタリングの手数料を低く抑える方法!キャッシングとの金利比較

給料ファクタリングの手数料を抑える男性

給料ファクタリングは借金ではないので利息はかかりませんよね。では手数料は利計算すると何%相当になるのでしょうか?2者間3者間でも違うと思いますし、お勤めの会社の信用度によっても変わりますよね。とはいえ資金調達方法としては給料ファクタリングに頼る他無いという方も多いのではないかと思います。

お悩み人
キャッシングの支払いは滞納できないから給料ファクタリングでなんとかできませんかね・・。

詳しい人
とりあえずは七福神に連絡して手数料を聞いてみることですね。給料ファクタリングはブラックでもOKなのですが審査によっては手数料に差が出るようです。お勤めの会社の安全性でしょうね。

今回は『給料ファクタリングの手数料を低く抑える方法!キャッシングとの金利比較』についてまとめたいと思います。

借金減額診断【無料】』はこちらからすぐ!
↓↓↓↓↓
東京ミネルヴァ法律事務所 [債務整理]借金減額診断イメージ
東京ミネルヴァ法律事務所】東京都港区新橋2-12-17 新橋I-Nビル9階 代表弁護士:川島 浩 東京弁護士会(登録番号43058)

給料ファクタリングの手数料!

給料ファクタリングで気になるのが手数料です。七福神の場合は2者間と三者間で手数料が異なり、3者間であれば圧倒的に手数料が安い(公式サイトでは3~5%と提示)ことが挙げられます。まず2者間と3者間の契約方法についてそれぞれお話しします。

2者間とは七福神と利用者の間で結ぶ契約のことで、七福神から手数料を引いた金額を受け取る代わりに給料日に契約した金額を七福神に渡すという方法です。形式としてはカードローンなどに近い契約方法かもしれません。その代わり会社や家族に知られることなく契約することができますが手数料がやや高いのが欠点です(公式サイトでは10%以上と提示)。3者間は七福神と利用者の勤務先企業と利用者の3者で結ぶ契約のことです。

七福神は利用者へ手数料を引いた金額のお金を渡し、給料日が来たら七福神は利用者の企業から直接利用者の給料を渡すというものです。この方法は勤務先へ直接請求するため、勤務先にはもちろんばれてしまいますし、勤務先の経路で家族にも知られるリスクがあります。その代わり安い手数料でお金を受け取ることができるというメリットがあります。七福神としても給与を直接押さえることができ、回収もしやすいことから手数料を下げて利用しやすくしているのです。

審査に喜ぶ男性
前給で乗り切る! 給料債権ファクタリングは【七福神】

キャッシングとの比較

キャッシング会社によるカードローンと比較を多くの方はしますが、ここでは実際に給料ファクタリングの金利を計算してみます。まず、キャッシング会社から10万円借りる場合の金利について提示します。

一般的に言われている数値ですが、銀行が運営する銀行カードローンが14.5%、消費者金融(いわゆるサラ金)のカードローンが18.0%程度です。これを元に給料ファクタリングの金利を計算してみます。まず、2者間契約で手数料15%とすると10万円欲しい場合は約117,647円(約11.7万円)支払う必要があります。

これを金利で計算すると17.7%程度、更に3者間契約で手数料5%とすると約105,263円(約10.5万円)となり、なんとたった5.3%程度の金利と計算できます。10万円を1年かけて返済するケースは少ないため圧倒的とは言えませんが、給料ファクタリングは金利計算した場合、2者間契約であってもキャッシング会社のカードローンとあまり変わらないという計算になるのです。さらに商品の性質上ローンが組めないブラックリスト入りした場合であっても資金調達ができるので、金利だけで見たら18%未満とかなり有効な資金調達方法と言えます。

詳しい人
金利で比較しても給料ファクタリングが有利ですね。

キャッシングをオススメする女性
30日間無利息キャンペーン中のキャッシングのフタバ

給料ファクタリングの手数料を低く抑える方法!

給料ファクタリングは金利で計算すると、低いのですが手数料15%というのは、かなり理想的なケースの場合(経営の安定した一流企業勤務や公務員で、毎月決まった金額が入る場合)が多いため、条件が悪い場合、例えばブラックリスト入りしていたり、勤務先の給与額が安定しない実際は20%程度となることも少なくありません。そうなると金利が25%となり、利息制限法を超える金利となってしまう場合もあります(ファクタリングは融資でないので金利は関係ありません)。

そう言う事情もあるので、手数料を安く抑えたいと考えるのは自然の流れです。確かに急を要するもの、秘密にしたいものなどは多少の手数料に目をつぶって早く入金してもらうことが重要ですが、安くするに越したことはありません。その方法とは3者間契約を結ぶこと、つまり勤務先と給料ファクタリング会社、そして利用者とが契約することです。確かに勤務先にはファクタリングの事実が発覚しますが、ファクタリング会社は確実に回収できますから、利用料も5%と金利で直すと5.3%程度に抑えることができ、担保付きの銀行の融資並みの安さになります。金利が安いと言われている銀行系カードローンよりも安い計算になりますから、低く抑えるには最適の方法です。

詳しい人
3者契約でできる方は手数料を抑えることができますね。

給料ファクタリングは継続利用可能!

給料ファクタリングは、あくまで給料を本やCDのように買い取ってくれるサービスで、平たく言えば手数料を払って給料の前借りができるようなものです。なので一回の融資を受けるごとに信用が失われる通常のローンと異なり、継続利用が可能です。ローンはいくら返済能力があっても毎月利用し続けると、ブラックリスト入りしたり、他のローンが組めなくなるというデメリットがありますが、給料ファクタリングは毎月継続利用しても毎月本を売りに行くようなものですから、信用情報に傷はつきません。

確かに手数料が20%近くなってしまったら、金利に換算すると高いかもしれませんが、理解ある経営者や親族が経営する勤務先であれば毎月3者契約を結ぶことによって銀行の融資並みの低金利で毎月お金を手にすることができます。さらにブラックリストに入っていても定職さえ就いていて、給料が支払われているのであれば、平気で現金を手にすることも可能ですから、魅力的かもしれません。スピード審査も強みになっていますから、今月は利用する予定ではなかったのに利用する必要が出てきてしまったというケースにも十分対応できます。このようにとっさの状況でも継続利用できてしまうのが給料ファクタリングの強みですから、もし資金繰りに困ったら現金調達の一手段として考えてみるのはいかがでしょうか。

詳しい人
前給システムは派遣とか日雇いに多く導入されていますが、一般企業はまだ同人は進んでいません。給料ファクタリングの七福神は前給できない方に超オススメですよ。

あなたにオススメする借金対策方法!

借金返済プランに驚く男性

①債務整理検討していない人もまずは借金減額診断しよう!


②ダメ元でおまとめローンの審査に申し込んでみる!

30日間利息無料のキャッシングに申し込んでみる!

④会社勤めの方は給料ファクタリングで前給を検討!