FX負けて借金返せない!なぜやめられない、なぜ勝てない!

FX負けて借金が気になる男性

FXにハマり続けて10年、トータル損失1500万、やめられない止まらない!そう私のことです。一時期は資産が倍になったり、スキャルピングで1ヶ月勝ち続けて食品で有名な某FX会社のトレードバトルでドル円収益部門で3位に入ったり、自分で神格化したり、勘違いしてハイになることもあるのですがなぜか結局最後は資産が溶けて退場しています。

幸い私は税金滞納はあっても借金やローンがないので生活に深刻なダメージはないのですが、年月が積み重なるとマンション買えるくらいにはなっていますので、やはり根本的な原因と対策、トレードに関してのルールや勝利の方程式を何とか考えなければいけないかなと思っています。目先のテクニカルのロジックではなく生き残るための戦略です。FXのそうしたなぜやめられない、なぜ勝てない!ロジックを考えていきたいと思います。

実は私はFXの損失で自己破産を過去にしているのですが、そうしたFXの損失がキャッシング(リボ払い)が原資であったり、あるいは損失補てんにそうした借金に手を出してしまった方は非常に多いのではないかと想像します。これはFXに限らず株やスロットなどのギャンブルも同じです。ギャンブルは自己破産できないなどの都市伝説がありますが果たして本当なのか?またFXで債務整理できるのか?借金を脱出したい方の為にこうした債務整理のリアルな情報も後半載せています。

借金減額シミュレーター【無料】』はこちらからすぐ!
↓↓↓↓↓
東京ミネルヴァ法律事務所
東京ミネルヴァ法律事務所】東京都港区新橋2-12-17 新橋I-Nビル9階 代表弁護士:川島 浩 東京弁護士会(登録番号43058)

なぜFXをやめられないのか

プロトレーダーは第一に生き残ることを前提としてオーバートレードはしませんよね。種が無くなったらゲームオーバーなのですから。金融機関で顧客のお金を運用しているトレーダーなどは青天井に資金はマージできるでしょうけれども。依存症は負けても借金してでも取り返してやる!とこういう状態ですから一種の病気です。土日などはトレードできなくてソワソワしてませんか?そういうあなたは依存症の徴候がありますよね。

FXは勝ってもその次のステージにたどり着きたい、お金をさらに増やしたい欲求からやめられなくなります。逆に負けると勝っていた時のイメージもありますから「絶対に取り返せる」という根拠なき自信が潜在意識で働きかけてきますので、これもやめられなくなります。特に負けた時はより早く負けを取り返したいという感情からオーバートレードになりやすいです。つまりこういう時に大きな損失を出して退場する確率が大きくなると考えてください。

審査に喜ぶ男性
前給で乗り切る! 給料債権ファクタリングは【七福神】

依存症とプロトレーダーの違い?

FXのトレードにこだわるという意味では、そういう執着が勝てるトレーダーになる原動力になる場合もあるのです。実際に勝っているトレーダーは試行錯誤をかなりの回数やっていますよね。天才型のトレーダーがいきなり勝ち続けることができるような甘い業界ではないのです。といいますのはいろいろな相場を経験してパターンを認識しないといけないわけです。勿論他人の分析を判断材料に自分のノウハウとして活用できる人もいますが、自分のお経験に勝るデータはないのです。

ですから冷静に客観的に生き残れる、そして勝てるトレーダーになるために鬼のルールを遵守している、これがプロと依存症負けトレーダーの分かれ目だと思います。依存症でも勝ち続けていたら問題ないですよね?株で数百億稼いだBNFは確かに依存症かもしれませんが立派な勝てるトレーダーなのです。しかもプロの目から見ても天才トレーダーになるでしょう。

ですが彼はボロ株でも名の蜘蛛の大金を平気でつぎ込む時があります。それで負けてもトータルで勝てる算段がついているのだと思います。損失ルールや勝てるリスクリワードをキチンと理解した上で、負けることも前提にトレードに望んでいますよねプロは。一方で負けたらムキになって全資産をぶち込んでオールインしたり、早く損失を取り戻そうとしたり、これがさらに大火傷を負うことになるのですが、こういうメンタルコントロールと退場しない鬼ルールについては非常にトレードにおいては重要な要素になります。負けている退場している原因はこのメンタルとルールですからここを見直しましょう。

キャッシングをオススメする女性
30日間無利息キャンペーン中のキャッシングのフタバ

借金でFXをやるということ

よく外国のFX会社でアイフォレックスなどがありますよね、アイフォ戦士と呼ばれていていますがレバレッジ200倍などで小資金を数千万にまで短期で稼いでしまう方法です。あれも実際は種が数万円が数千万に1ヶ月でなってしまう例があるので、これ自体は疑う余地はないのですが、やはり確率的には相当難しいゲームになるわけです。

その原資もキャッシングだったりするのですが、負ける人が多い中でこういう勝負をするとやはり借金漬けの多重債務者が量産される結果となります。他にボラティリティが大きいトレードでBO(バイナリーオプション)などがありますが、あれも同じ理屈です。結果的に多くの人が借金地獄です。キャッシングの金利を上回るリターンをこれらのトレードで実現しようという考えがまず無理がありますよね。こういうバクチはある程度FXで経験を積んだ人がやるべきで、投機歴1年未満の人がやった場合は勝てる確率がさらに低くなります。

生活費に手を出してしまうようですと、私のように自己破産への道に進むことになります。ここで会社員ですとかアルバイトでも低収入がある人はまだ救いがあるのですが、例えばFXでワンショット2万円を数分で取れるレベルになると働いている時間と報酬を比較してしまい、馬鹿らしくて大体の人が仕事を辞めてしまうことでしょう。勝っている時はこうして専業トレーダーとして自信も風格も出てくるのですが、問題はFXはこうした常勝トレーダでも一気に大損失で退場がありえるというところです。私は株でも上場廃止で紙くずにされた経験もあり追証で100万以上マイナスになったこともあるのですが(株の生涯成績はそれでも300万くらいプラスです)トレードは短期のスキャルだとしても、一瞬の気の緩みや相場の急変で判断ミスにより大損失は被るものなのです。

余裕資金でやらないと負ける

トレードを続けるには借金はしてはダメです。毎月の支払いや生活費が気になっている状態でトレードをすると、さらに勝てなくなるというロジックがあります。理由は「恐れ」です。これを溶かしたら今月の支払いができなくなる!などの切羽詰まった状態では、利益を延ばすことが出来ずにすぐに利益を確定してしまうことになり、逆に損失は切りたくないとロスカットがズルズル遅くなって損失を大きくしてしまう結果になるからです。リスクリワードが悪いとトータルで勝てる見込みはなくなります。リスクリワード(損失1:利益1)が同じでも勝率が7-8割ある人はスキャルピングでも勝てますが、損失が2倍になるとかなりの勝率でもきつくなります。

余裕資金は勝てるトレードの必須条件です。実際に複数ペアをリスクヘッジしたり、ナンピンでカバーできるのは勝率をかなりの部分で引き上げることができます。利益を削ってでもこうしたリスクを減らすことは大切です。ナンピンは悪手ともいわれますが分散投資と考えればいいのです。最悪のラインではキチンとロスカットすると決めているのであれば問題は全くありません。金持ちはこうしたナンピン資金がふんだんにありますので勝率は高いのです。ですから余裕資金を持てるように逆に借金を抱えてビクビクしたトレードを続けていてもいずれ退場することになるでしょう。

借金を片付ける

最終的に借金を片付けるためには一旦トレードを休止しましょう。借金で手持ち数万円でトレードをしている人など。特にキャッシング地獄で天井張り付きの重症な人などは、アルバイトでもいいですから定収入を確保してから、債務整理の電話相談を専門家にしてみましょう。そうすれば債務整理で月々の支払いが少しでも楽になり、取り立ても来ませんからね。月々に少し余った分を溜めてまたトレードも再開できると思います。健全な財務体質でトレードを再開します、その時は鬼ルールやメンタル強化も忘れずにしてください。依存症ではなくプロを目指すのです。

そういう私もFXトレードを一旦休止して、ビジネスで再起を図り、またトレード再開しようと思っています!プロのトレーダーになるために。FXトレードは老いても一生できますし、その経験は全く無駄にはならないはずです、焦らずに行きましょう。

あなたにオススメする資金繰り対策!

借金返済プランに驚く男性

①債務整理検討していない人もまずは借金減額シミュレーター

②ダメ元でおまとめローンの審査に申し込んでみる!

30日間利息無料のキャッシングに申し込んでみる!

④会社勤めの方は給料ファクタリングで前給を検討!

⑤請求書をオンラインで現金化クラウドファクタリングが便利!