クラウドファクタリング通りやすい条件は?自営業者でも可能?

クラウドファクタリングを申し込むに当たって気になるのが審査ですよね。自営業者でも通るのか?取引先の信用や規模が重要なのか基準も気になりますし、AI審査でどのような判断をするのでしょうか。また自営業者や零細事業者の資金繰りについても言及しています。

お悩み人
うちは自営業者だけど、取引先は上場企業もいるから審査が通るなら現金化をお願いしたいよね。

詳しい人
クラウドファクタリングは審査も早いですからね一度審査してもらえれば御社の基準ができるのではないでしょうか。

今回は『クラウドファクタリング通りやすい条件は?自営業者でも可能?』についてまとめたいと思います。

借金減額シミュレーター【無料】』はこちらからすぐ!
↓↓↓↓↓
東京ミネルヴァ法律事務所
東京ミネルヴァ法律事務所】東京都港区新橋2-12-17 新橋I-Nビル9階 代表弁護士:川島 浩 東京弁護士会(登録番号43058)

自営業者の資金繰りの現状

自営業者は家族経営であったり小規模な経営を行っている業者です。この自営業者の資金繰りの現状は厳しいものがあります。例えば、大きな資本がない、金融機関からの融資が期待できない、支払いが企業並みに多いという点です。大きな資本がないというのは、最初の開業時から手持ち資金がギリギリの状態でスタートすることが多く、そこから極端に手持ち資金が増えていると言うわけではないということです。

そのため、支払いに対して常に余裕の現金を持っているわけではなく、ある程度資金繰りに腐心する必要があります。金融機関からの融資が期待できないという点も現状です。銀行などの金融機関は余程経営が安定した自営業者以外には基本的に融資を行いません。そのため社会保険料の滞納が一回でもあれば融資の対象外にすることすら珍しくないのです。つまり、資金繰りの手段として利用しにくいといえます。自営業者と言っても通常の企業と同じく材料の仕入れなど様々な出費に迫られるというのも現状です。端的に言うと出費はしっかりあります。

そのため、常にその出費に対して支払いを行う必要があり、慢性的に現金が必要な状態が続いているというのが自営業の現状なのです。このように常に現金が必要な状態が続き、資金調達もしにくいというのが自営業と言えます。

審査に喜ぶ男性
前給で乗り切る! 給料債権ファクタリングは【七福神】

自営業者もクラウドファクタリングが主流になる!

資金調達に問題を抱えやすい自営業者ですが、売掛金などの請求書を買い取ってもらい売り上げの前借ができるサービスであるファクタリングが利用できます。しかし問題があるのです。企業と異なり文字通りギリギリの人数で行っていることが多いため、経営者がいなくなるとその日は休業せざるを得ないことがほとんどという点がその理由として挙げられます。

ファクタリング会社へ訪問した日は休業しなければいけない場合があるのです。郵送でもファクタリングのやり取りは可能ですが、郵送の手間や書類整理で時間をとられ、本業が行いにくいというリスクもあります。そういった時間的な問題でファクタリングが利用しにくいというのが難点です。しかし、そのような手間や時間を最小限に抑えてくれるサービスがあります。それはクラウドファクタリングです

このクラウドファクタリングはネット上のやり取りだけで申し込みから売掛金の審査、入金までをスピーディーに行ってくれるサービスと言う特徴があります。そのため、時間のない自営業者であっても気軽に利用でき、仕事の合間にファクタリングの手続きを進めていくことができるのです。そういった特徴から自営業者の間では今後利用しやすい資金調達法であるクラウドファクタリングが主流になるといえます。

キャッシングをオススメする女性
30日間無利息キャンペーン中のキャッシングのフタバ

自営業者の業種や申込みケースなど

自営業者の業種や申し込みケースなどを製造、建設、医療の業界の事例から紹介していきます。製造業では自営業の場合部品製造などを行ったり、食品を製造したりすることが多いです。部品製造のケースですが、中堅企業に対して部品製造を行い納入し、支払いは後日と言う形で売掛金が基本的に発生していました。

それでも安く原料の買い付けを行う必要があるため、現金が常に必要な状態です。しかし、原料値上げに伴い調達が難しくなったということがありました。そういった時、中堅企業に対する売掛金をファクタリング会社に買い取ってもらったところ速やかに入金され、現金が手に入ったことで運転資金を賄うことができたのです。建設業界も完成後にやっと売り上げが入るためその間は支払いに追われます。

このケ―スでは半年後の完成のために材料やリース代、人件費などをまかなう必要があり、資金繰りに苦労していました。しかし、ファクタリングを利用してそういった支払いを滞りなく行いこの局面を乗り越えたのです。医療業界では歯科医院を経営している院長が長年勤めていた従業員の急な退職で退職金の工面が困難になり、健康保険の医療請求の売掛金を買い取ってもらうことで資金を手にしたというケースもあります。このように一時的な資金問題を解決するには有効な手段です。

取引先が上場企業だと通りやすいの?

取引先が上場企業だと通りやすいです。その理由としてファクタリング業者も確実にその売掛金を回収することができるという点が挙げられます。このように売掛金の内容によっても審査が通りやすい、通りにくいという条件が発生するのです。このファクタリングが通りやすい条件として、このほかに経営が安定している企業向への売掛金や行政への売掛金が挙げられます。

経営が安定している企業だとファクタリング業者が審査の時点で判断すれば通りやすいです。こちらも売掛金が回収できないという心配がないからという点が挙げられます。売掛金の入金日前までに倒産されると回収が困難になりますが、安定していて入金も行われる可能性が高い場合は確実に審査が通るのです。同様に行政向けの売掛金も通りやすいです。都道府県や国、市町村などはまず潰れることはありませんし、売掛金も確実に入金が期待できます。

そういった意味でこの内容も通りやすいです。そのほかのものとして大企業や行政が経営する健康保険組合なども審査が通りやすいです。潰れにくい組織が運営する団体で回収しやすいという点もありますが、大企業が経営する健康保険組合が解散しても受け皿となる組織がきちんと支払いを行ってくれるからと言うのがその理由です。これらの条件のいずれかに当てはまれば審査は通りやすいのです。

詳しい人
どういう基準で評価付けしているのかはファクタリング会社によって違いますから、まずは一度その請求書が通るのかどうか試してみるのがいいと思います。

いざという時のクラウドファクタリング(簡単なまとめ、OLTA誘導)

自営業者は製造業、建設業、医療業など多くの業種で常に現金の資金繰りに苦戦しています。しかし、金融機関は余程の信用がない限り安易に運転資金の融資などを行うことはありません。

そういった時にファクタリングと言う売掛金の買取を行うサービスが重宝しますが、実際に仕事を休んで申し込みにいったり、書類の郵送などで本業を行う時間が圧迫されてしまうことがあります。そういった手間を改善させてくれるのがクラウドファクタリングです。このサービスは実際に訪問や郵送、あるいは面会と言ったファクタリングの手間を全てオンライン上で行うことによって大幅に時間の制約をなくしたファクタリングサービスです。これを利用することでよりスムーズで素早い資金調達を可能としているのです。

そういった意味で人的にも資金的にも余裕のない自営業者にとってクラウドファクタリングは今後資金調達の主流になる可能性が高いです。このようなファクタリングですが、どんな形態のファクタリングであっても大企業や安定した企業、行政や保険組合への売掛金は審査に通りやすいですから、優先的に申し込むのが良いのではないでしょうか。このような手段を利用して、自営業の資金繰りを改善させていきましょう。このクラウドファクタリングは業界大手のOLTAが実績や規模の大きさから信用でき、おすすめです。

OLTAはメールアドレスで簡単に無料登録できますので試しに中を覗いてみましょう。

あなたにオススメする資金繰り対策!

借金返済プランに驚く男性

①債務整理検討していない人もまずは借金減額シミュレーター

②ダメ元でおまとめローンの審査に申し込んでみる!

30日間利息無料のキャッシングに申し込んでみる!

④会社勤めの方は給料ファクタリングで前給を検討!

⑤請求書をオンラインで現金化クラウドファクタリングが便利!