IT導入補助金には気を付けろ!クラウドやITツールが最大100万円割引?その中身とは

IT助成金を説明する女性

みなさんはIT導入補助金という行政の補助金をご存知でしょうか?

総予算100億円、中小企業対象に2/3助成、最大100万円補助、今年に入ってからIT界隈では密かな賑わいを見せているようです。省エネ家電の補助金の時も大フィーバーになりましたが、気になるその中身をまとめてみたいと思います。申請期限は2017年6月30日(金)17時までです。

この手の国のドーピング企画は殺到して期日前倒しで予算消化して終了してしまうのが常ですよね。まだ締切には間に合いますので、ITツールやクラウドなど割引を受けたい方は、情報をチェックして早めに申し込んでいただければと思います。今回のIT導入補助金もかなりの人気です。

借金減額シミュレーター【無料】』はこちらからすぐ!
↓↓↓↓↓
東京ミネルヴァ法律事務所
東京ミネルヴァ法律事務所】東京都港区新橋2-12-17 新橋I-Nビル9階 代表弁護士:川島 浩 東京弁護士会(登録番号43058)

IT導入補助金の中身

正式名称は「平成28年度補正 サービス等生産性向上IT導入支援事業」になります。名目は中小企業者等のITツール導入の事業経費を補助し、生産性向上のための「ITの利活用」を促進することが目的です。詳しくはこちらサービス等生産性向上IT導入支援事業

対象者は、
中小企業者(個人事業主を含む)
資本金が業種別に設定されています。例えば、製造業は資本金3億円以下、あるいは従業員300人以下など。
医療法人、社会福祉法人、特定非営利活動法人、組合関連

審査に喜ぶ男性
前給で乗り切る! 給料債権ファクタリングは【七福神】

補助対象

事務局の承認を受けた「IT導入支援事業者」の提供するITツール(ソフトウェア、サービス等)になります。ハードウェアは対象外。

具体的には、
パッケージソフトの本体費用、インストール費用
クラウドサービスの導入・初期費用、1年分のサービス利用料
ミドルウェアのインストール費用
ITツールの教育費用、導入から1年間の保守費用・サポート費用
ホームページ制作サービスの初期費用、WEBサーバーの導入から1年間の利用料

2/3が補助されますので、元々安いクラウドサービス等もまとめて一括して申し込むには絶好の機会ですよね。初期費用やサポート代金も含まれますので、コンサルティングが必要だったり社内で教育が必要なソフトウェアもコストが気になって踏み切れなかった案件も、この補助金で賄うことができそうです。

キャッシングをオススメする女性
30日間無利息キャンペーン中のキャッシングのフタバ

申請方法と期間

申請は「IT導入支援事業者」が代行して、事業計画書などを作成します。

公募終了:平成29年(2017年)6月30日17時まで
事業の実施期限:平成29年(2017年)9月29日(※導入・支払を完了させること)

申請は1事業者1回のみで補助金は補助対象者に直接支払われます。導入した後は結果を報告する義務などがあります。その辺りも全てIT導入支援事業者に任せられるとありがたいですよね。

予算消化のペースが早い!

このIT導入補助金、現在の二次締切が6/30までということで、締切が近いのですが、予算の消化がかなり早いという噂があり、期限前に終わってしまうのではないかと言われています。省エネ家電と賃貸住宅への補助金の時も予算100億があっという間に終わってしまいましたよね。

IT導入支援事業者以外で買ったソフトやサービスは補助金の対象にならないので、あくまでIT導入支援事業者を通す必要があります。
無料で相談可能で申請も全てやってもらえるIT導入支援事業者はこちらがオススメです。
特にクラウドやITツールなどをこの機会に導入されると、かなりのコストダウンが見込めますので、6/30までギリギリまで受け付けていますので、お早めにどうぞ。

IT導入補助金の相談
↑こちらの業者で申請代行や事業計画書、事後の報告書などお任せできます。無料相談可能です。

110万円のクラウドツール全部無料!

これら110万円のクラウドツールが全て無料で手に入ります。
補助金の受付は6/30まで!お急ぎ下さい。

効率的なクラウドやITツールをチョイスして、さらに投資額を2/3に抑えるのが賢いやり方だと思います。またこのIT導入支援事業者ではない業者の商品は買わないように注意しましょう。結局他社に飛ばしていたり、自分の所で申請ができない、また審査を通すノウハウがない会社ですと意味がありません。結構審査も厳しいものがありますので。

借入金や固定費が気になる方は、社内のシステムの見直しをしてみてはいかがでしょうか?ランニングコストは結構長期的に見ると大きいものがあります。最近は便利なクラウドサービスがたくさんありますのでこのIT導入補助金で事業を改革するいいチャンスですね。

クラウドサービス

あなたにオススメする資金繰り対策!

借金返済プランに驚く男性

①債務整理検討していない人もまずは借金減額シミュレーター

②ダメ元でおまとめローンの審査に申し込んでみる!

30日間利息無料のキャッシングに申し込んでみる!

④会社勤めの方は給料ファクタリングで前給を検討!

⑤請求書をオンラインで現金化クラウドファクタリングが便利!