債務整理至急相談の画像

任意売却と競売

自己破産をする者が不動産を所有する場合、その不動産はどのように処理されるのでしょうか。 その場合、破産手続きの中で不動産の処理をするものと誤解されている方は多いのではないでしょうか。

ところが、自己破産手続きと不動産の競売手続きというのは、全く別の手続きになります。 自己破産をする際に不動産はどのように処理されるかということですが、通常は不動産の価値よりも、いわゆる住宅ローンの方が金額が大きい、オーバーローンの状態になっているという場合がほとんどです。 このオーバーローンの場合、オーバーローンの程度が不動産価値の1.5倍以上である場合には、その不動産は財産価値がないということで裁判所は財産と、みなさないということになります。

この場合には住宅ローン債権者が別個に競売の手続きをとるケースはありますが、破産の裁判所の手続きの中では、不動産の換価というのは進められず同時廃止ということで破産手続きは終わることになります。 不動産が別個に競売手続きが開始されて初めて競売不動産の処分ということになります。

こういった場合に、競売を待つという場合もありますが、自ら任意売却という形で不動産を売却するという方法を取ることができます。 任意売却では引っ越し代を出して貰うことができます。 引っ越しお金がないと任意売却できないということで、法律的に権利があるということではありませんが、引っ越し代相当額が支払われるのが慣例です。

競売の場合は強制的に追い出されるということです。 任意売却の場合にはすぐに1ヶ月や2ヶ月での退去が予定されますが、競売の場合は半年程度の時間がかかる事を考えますと、まだしばらく住んでいたいと考える場合には、 競売の方を選択する方が良いでしょう。

競売に入ってしまうと、通常住宅ローンの支払いはしませんので、例えば半年の間に家賃的なものを全く払う必要がありませんので、債務者の中には敢えて競売を選択する人もいるようです。

この点で、任意売却がいいのか、競売がいいのか、というのは多様な法律的な問題も存在しますので、不動産をお持ちの方は弁護士の方に相談して決断するようにして下さい。



弁護士に電話相談

1人で悩むより、まず司法書士や弁護士に電話相談をしてみましょう。すべて債務整理に特化した評判の良い事務所さんですので安心してご相談できます。【任意整理・個人再生・自己破産・過払い金】全国対応。

▼債務整理の専門!

イストワール法律事務所

安心の弁護士が対応!ダメ元でもメールで打診してみましょう!解決案があるかも。全国対応24h借金に関する無料相談。借金の取立てを即日STOPすることも可能です。債務整理専門の弁護士事務所。元大手金融業者スタッフ在籍。20,000件超の実績。債権者側の交渉と駆引きの手法を熟知した極限の交渉術。東京都千代田区平河町2-4-13ノーブルコート平河町403号【イストワール法律事務所 弁護士 多田浩章】第二東京弁護士会(登録番号35986)


▼ヤミ金に関しては下記より相談下さい

ウィズユー司法書士事務所


▼おまとめローンは原則で担保・保証人不要です。実質年率7.3%~15%、ご融資金額100万円~700万円

おまとめローン特集



 

© 2014-2018 債務整理を成功させるコツ All Rights Reserved.