債務整理至急相談の画像

個人再生の不認可の理由

個人の民事再生(個人再生)は、認可率が90%を超えていると言われていますよね。不認可になる場合の理由は何でしょうか?

以下、東京地裁の場合を例に挙げてみます。

①申立後開始前の取下げ
②決議前の廃止
③債権者の否決

債権者の反対意見が債務の半分を超えると否決になりますが、債権者の否決が数としては多いですが不認可はあまりありません。

②は具体的には適法な再生計画案が作れなかったケースが大半で、①と②が同数くらいで③はその半分くらいです。 ちなみに①は申立てが酷すぎて、多少修正したくらいでは開始決定が出せないから裁判所や再生委員から取下げを勧告されたケースです。 申立内容に不備があったり、再生計画を裁判所が実現不可能と判断される場合もあるようです。



弁護士に電話相談

1人で悩むより、まず司法書士や弁護士に電話相談をしてみましょう。すべて債務整理に特化した評判の良い事務所さんですので安心してご相談できます。【任意整理・個人再生・自己破産・過払い金】全国対応。

▼債務整理の専門!

イストワール法律事務所

安心の弁護士が対応!ダメ元でもメールで打診してみましょう!解決案があるかも。全国対応24h借金に関する無料相談。借金の取立てを即日STOPすることも可能です。債務整理専門の弁護士事務所。元大手金融業者スタッフ在籍。20,000件超の実績。債権者側の交渉と駆引きの手法を熟知した極限の交渉術。東京都千代田区平河町2-4-13ノーブルコート平河町403号【イストワール法律事務所 弁護士 多田浩章】第二東京弁護士会(登録番号35986)


▼ヤミ金に関しては下記より相談下さい

ウィズユー司法書士事務所


▼おまとめローンは原則で担保・保証人不要です。実質年率7.3%~15%、ご融資金額100万円~700万円

おまとめローン特集



 

© 2014-2018 債務整理を成功させるコツ All Rights Reserved.