連帯保証人の借金電話相談『債務整理を成功させるコツ』
債務整理を成功させるコツの画像 口コミ体験談の画像 アース司法書士事務所の画像

連帯保証人になっている場合

保証人になって欲しいと頼むときには、大抵は迷惑をかけないようにしようと思っていますが、都合のいいことを言う人もいますよね。しかしながら責任を負った上で連帯保証人契約を結んでしまったわけですから、借金の支払いが自分に来たとしても連帯保証人の契約は解除する事が出来ません。 自分が連帯保証人になっている場合は、契約者(債務者)が返済をしなかった場合や自己破産をした場合など、債務またはそれに伴う遅延損害金は、すべて連帯保証人の元へ返済義務が課せられることになりますので注意が必要です。

そして請求された金額を支払うことが不可能であると判断した場合は、連帯保証人側が自己破産の申立もしくは個人再生の申立などを検討することになります。検討する段階で債務者の借金の内容を調べておかねばならないことがあります。 最終取引日から5年を経過すると債権は時効を迎えますし、債務者と消費者金融(債権者)がどのような契約を結び、これまでにどのような契約条件で返済をしてきたのかを連帯保証人側が把握する必要があります。

前提として安定した収入があり、返済できる見込みがあるのであれば、任意整理が一番適していると弁護士は判断すると思います。自己破産や個人再生となればブラックリストや信用状況に傷が付き、財産や仕事、私生活に影響を及ぼすことにかねないからです。ですからまずは任意整理で検討してから、個人再生や自己破産の選択肢を探ってみましょう。

連帯保証人が借金に関して何かしらの被害を被った場合は、速やかに弁護士に相談した方がいいでしょう。弁護士または行政書士などが相談相手になってくれますし、今は債務整理に関しては無料相談をしてくれる事務所も増えてきました。ご自分で解決策を考えるのではなく、専門家の意見を聞いてみることが重要です。何か法的に重要な落とし穴があるかもしれませんからね。

連帯保証人に請求される場合

連帯保証人に迷惑をかけたくないと思ったら、どうにかして任意整理で残債を返済していく必要があります。個人再生や自己破産をした場合は、回収できなかったお金については全て連帯保証人に請求がいくことになります。当然、残った借金については連帯保証人が返済していく必要があります。 自己破産することで「借金が免除される=金銭賃借契約自体が無効になる」と勘違いする方もいますよね。ところが、帳消しになったはずの債務は、そのまま丸ごと連帯保証人に請求される事になるのです。

それでも連帯保証人などに対して迷惑をかけたくないと思っているのであれば、弁護士や司法書士など債務整理の専門家に相談することで、自己破産以外の方法、例えば「任意整理」や「民事再生」などの解決策を提示してくれるかもしれません。 自分が自己破産を行った場合は、自分の借金は帳消しとなりますし、返済についての不安も解消されるのですが、連帯保証人に請求されてしまうのは何とか避けたいですよね。

それでも結果的に自己破産の手続きを行うことが決まったら、まずは連帯保証人の方に自己破産を行うこと、貴方がやるべき事は、連帯保証人に債務の請求がされるという事をできるだけ早く伝えるべきだと思います。 業者(債権者)から連帯保証人に「残りの借金を一括で支払いなさい」という請求が来ることになります。連帯保証人の債務は、基本的に一括支払いをしなくてはならないという契約になっているのです。

もし連帯保証人の方でも借金の返済が難しいということになれば、連帯保証人の方も債務整理等の手続きを行うという選択肢になります。一括支払いですから連帯保証人に債務の返済能力が無ければ、連帯保証人も自己破産することになるかもしれません。 その判断や検討をするためにも、連帯保証人に早めの連絡が必要だと思います。

そして任意整理で解決できない場合は連帯保証人にそのことを告げ、今後の対策を一緒に考えていく必要があります。決して黙って自己破産の手続きをしたりしないように、信頼して保証人になってくれた方を裏切る行為だけはしないでください。 しかしながら「あなたの借金の連帯保証人が自己破産をした」という結果に対しては、債務者は何も法的に責任が及ぶことはありません。

自己破産をする場合は連帯保証人に迷惑がかかるので、連帯保証人がついている業者だけは自己破産の手続きをせずに今までどおり返済したい、と希望される方が時々いらっしゃいますが、残念ながらそういう選択はできません。

任意整理になったとしても返済が終わるまでは安心できません。連帯保証人の信用状態が悪化した場合などは、連帯保証人の交代が必要ですし、残債務の一括返済について約款に記載されていれば、一括返済を求められる場合があるからです。

連帯保証人が付いている借金の滞納が発生したら、速やかに弁護士や司法書士など債務整理の専門家に相談してください。



弁護士に電話相談

1人で悩むより、まず司法書士や弁護士に電話相談をしてみましょう。すべて債務整理に特化した評判の良い事務所さんですので安心してご相談できます。【任意整理・個人再生・自己破産・過払い金】全国対応。

アース司法書士事務所

アース司法書士事務所

24時間電話相談!早朝、夜間、土日祝日対応!全国対応!借金問題の実績5,000件以上の認定司法書士事務所です。個人再生オススメです。 無料ヒアリングであなたの悩みを解決。分かりやすい料金体系、着手金、減額報酬、オプション報酬なし。裁判所から支払督促や訴訟対応OK。法テラス扶助制度の利用が可能。債務者の希望にできるだけ応え粘り強く交渉し。また、手続選択や連絡手段もご依頼者様のニーズに合わせて柔軟に対応。大阪府大阪市北区紅梅町1-7久幸ビル4階【認定司法書士 登録番号3331 近藤陽介】


▼債務整理の専門!

イストワール法律事務所

安心の弁護士が対応!ダメ元でもメールで打診してみましょう!解決案があるかも。全国対応24h借金に関する無料相談。借金の取立てを即日STOPすることも可能です。債務整理専門の弁護士事務所。元大手金融業者スタッフ在籍。20,000件超の実績。債権者側の交渉と駆引きの手法を熟知した極限の交渉術。東京都千代田区平河町2-4-13ノーブルコート平河町403号【イストワール法律事務所 弁護士 多田浩章】第二東京弁護士会(登録番号35986)


▼ヤミ金に関しては下記より相談下さい

ウィズユー司法書士事務所


▼おまとめローンは原則で担保・保証人不要です。実質年率7.3%~15%、ご融資金額100万円~700万円

おまとめローン特集



 

© 2014-2018 債務整理を成功させるコツ All Rights Reserved.