債務整理至急相談の画像

労働金庫より一部融資を受けて解決

債務整理では業者の提示する返済条件を受け入れた方が、解決までスムーズにいくことも多いです。特に不動産などが担保にある場合はこちらの希望条件通りには運ばないケースもあります。今回は不動産担保の借入金を一部一括返済して解決した例になります。

Cさんは52歳の会社員で月収は15万円位でした。遊興費(飲食代)のために内緒でクレジット・消費者金融から債務を負担するようになり、短期間の内に信販会社3社・消費者金融5社より約400万円の負債を抱えてしまいました。

このうち消費者金融業者1社からは200万円の借入れをし、担保としてCさんとCさんの妻の共有名義の建物に200万円の根抵当権設定登記をしました。この消費者金融業者からの借金は、他の数社の借金をまとめて返済するために一度に200万円もの借入れをしたものでした。多額のクレジット・サラ金債務を抱えて返済困難になったために、家族への請求や取り立てが行われるようになったため、Cさんがクレジット・サラ金から借金していることが、妻にもバレてしまいました。

観念してCさんは妻と話し合った結果、妻も公務員として働いており18万円位の月収があったため、Cさんは自分の収入をすべて、クレジット・サラ金の返済に充てることで債務の整理を行うことを妻にも納得して貰い、債務整理を弁護士に依頼しました。

弁護士が利息制限法で計算した結果、Cさんの残債務は約240万円になりました。建物に根抵当権設定をしている消費者金融業者残債務として約190万円を請求していましたが、利息制限法で計算すると約130万円になりました。

担保を有していない7社の信販・消費者金融業者利息制限法により計算した残債務を認めた上で以後の利息を一切放棄して、Cさんの収入の範囲内で分割弁済することで承諾しました。根抵当権設定を有している消費者金融業者は130万円を一括で支払いでなければ応じない、そうでなければ建物の競売申立てをすると主張したので、Cさんは労働金庫に相談して、100万円の融資を受け、残りの30万円は自分の妻のボーナス分で決済して、根抵当権を抹消させることができました。

他のクレジット・消費者金融業者の債務もほぼ一年間ですべて返済を完了しました。勿論会社も退職しないで良かったので、一時は諦めていた退職金も全額貰えることになりました。



弁護士に電話相談

1人で悩むより、まず司法書士や弁護士に電話相談をしてみましょう。すべて債務整理に特化した評判の良い事務所さんですので安心してご相談できます。【任意整理・個人再生・自己破産・過払い金】全国対応。

▼債務整理の専門!

イストワール法律事務所

安心の弁護士が対応!ダメ元でもメールで打診してみましょう!解決案があるかも。全国対応24h借金に関する無料相談。借金の取立てを即日STOPすることも可能です。債務整理専門の弁護士事務所。元大手金融業者スタッフ在籍。20,000件超の実績。債権者側の交渉と駆引きの手法を熟知した極限の交渉術。東京都千代田区平河町2-4-13ノーブルコート平河町403号【イストワール法律事務所 弁護士 多田浩章】第二東京弁護士会(登録番号35986)


▼ヤミ金に関しては下記より相談下さい

ウィズユー司法書士事務所


▼おまとめローンは原則で担保・保証人不要です。実質年率7.3%~15%、ご融資金額100万円~700万円

おまとめローン特集



 

© 2014-2018 債務整理を成功させるコツ All Rights Reserved.