債務整理至急相談の画像

和解案作成の流れ

弁護士がどのように和解案を作成し、どのような基準で返済額を決定し、業者と交渉決定するのか具体的な内容を解説します。まず任意整理で全ての貸金業者(債権者)から取引当初からの全取引経過が開示され、債務残高が確定した後に、次に依頼者の毎月返済額を元にした和解案を作成し提示することになります。 実際には、業者の協力が得られなかったりして取引経過の全面開示までに長時間を要する場合も少なくはありません。 このため、全ての業者の債券額の確定を待つことになると、取引経過の開示に積極的に協力してくれた業者に対する和解案の提示も著しく遅延してしまう結果になりかねません。

そこで、現実的な対応としては、大部分の業者から取引経過が開示された時点で、依頼者の債務総額を概算して和解案を作成せざるを得ないのです。 この場合、作成した和解案は、全取引経過を開示してくれた業者に対して、一斉に送付することになります。

後になって全取引経過を開示した業者に対しては、順次個別に和解案を作成・送付することになります。 それまでにプール金が積み立てられていれば、後で和解した業者についても、それまで弁済すべき金額を保留しておき、それを上積みした和解案を作成することも可能となります。

債務者の親族等の資金援助で一括弁済の和解案を提示することができるケースもあります。 この場合には20~50%程度の元本カットを前提として業者と交渉していくことが一般的といわれています。 しかしながら、債務者の収入を返済原資として和解案を作成・提示するケースが大部分です。

和解案の計算式

各業者に対する和解案の計算式です。

「業者への返済月額」=「債務者の返済原資(月額)」×「業者の債務額」/「債務者の総債務額」

すなわち、債権者平等の原則に基づき、債務者の総債務額を各業者の債券額シェアに応じて案分することになります。 但し、案分計算の結果、余りに小額となる場合はベット調整する必要があります。

返済原資について

債務者の返済原資(月額)は、依頼者から弁護士に毎月送金させる方法をとった場合には、毎月の送金額から未払いの弁護士費用・弁済代行手数料(振込1社あたり1千円)を差し引く必要がある。 例えば、10社の任意整理で毎月6万円のプール金が送金される場合には、弁済代行手数料は月1万円(10社×1,000円)となるので、月5万円が返済原資になります。

返済原資を債務者が確定するには、今後3年以上にわたる確実な収入を基盤にする必要があります。 例えば、本人のボーナス時の増額、本人・配偶者のアルバイト収入などは、不確定の要素を含んでいるので、返済原資として過度に依存することは危険で、甘い見通しで返済原資を多くすると 途中で挫折するリスクが高くなるので十分に注意しましょう。

業者に対する債権額

当該業者の債権額については、当該業者に開示させた取引当初からの全取引経過に基づいて利息制限法で引き直し計算をした残元本額になります。 利息・損害金については、最終取引日以後の利息・損害金は加算しませんし、また将来利息も加算しません。

債務者の総債務額については、全部の債権者の開示が得られ債務総額が正確に算出された場合を除いて、概算で計上せざるを得ません。 任意整理における分割弁済の支払期間は一般に3年程度が基本とされていますが、債務者の総債務額を月額の返済金額で割ると概ね36回程度になるはずです。

一部業者に対する過払金債権が発見された場合であっても、返還の時期・金額が未確定である以上、債務者の総債務額から過払金債権額を差し引くのは適当ではありません。



弁護士に電話相談

1人で悩むより、まず司法書士や弁護士に電話相談をしてみましょう。すべて債務整理に特化した評判の良い事務所さんですので安心してご相談できます。【任意整理・個人再生・自己破産・過払い金】全国対応。

▼債務整理の専門!

イストワール法律事務所

安心の弁護士が対応!ダメ元でもメールで打診してみましょう!解決案があるかも。全国対応24h借金に関する無料相談。借金の取立てを即日STOPすることも可能です。債務整理専門の弁護士事務所。元大手金融業者スタッフ在籍。20,000件超の実績。債権者側の交渉と駆引きの手法を熟知した極限の交渉術。東京都千代田区平河町2-4-13ノーブルコート平河町403号【イストワール法律事務所 弁護士 多田浩章】第二東京弁護士会(登録番号35986)


▼ヤミ金に関しては下記より相談下さい

ウィズユー司法書士事務所


▼おまとめローンは原則で担保・保証人不要です。実質年率7.3%~15%、ご融資金額100万円~700万円

おまとめローン特集



 

© 2014-2018 債務整理を成功させるコツ All Rights Reserved.