債務整理至急相談の画像

ギャンブルの免責

パチンコ・競馬などでもギャンブルで多重債務に陥った方は多いと思います。徳光和夫さんは競艇で5億負けていると言い、蛭子さんも1億ですよね。彼らはお金持ちですから債務者になることはないのですが、一般人は借金で負けを取り戻そうとしてしまいますからドロ沼に嵌るのでしょう。

法律上は射幸行為や浪費行為による借金というのは免責不許可事由にあたるというのが原則となっています。 そのため、ギャンブルによってたくさん借金ができたという場合には、基本的には破産はできたとしてもその後の借金を返さなくて良い「免責」決定が出ないということになりますが、 ギャンブルだからといってその借金を一生は払い続けることは酷でありますし、生活の再建に支障をきたすこともあるのです。

従って法律では「裁量免責」を認めています。これは裁判所の裁量によって免責となることがありうるという制度です。 それではギャンブルの場合、どういったケースでこの裁量免責が認められるのでしょうか? 通常は破産管財事件、破産管財人の調査によって生活がキチンと更正できるかどうかを確認した上で裁量免責の判断がなされることになります。 破産管財人を選任するには約20万円ほど裁判所に予納するということです。このプロセスを経た上で裁量免責が認められるという流れになります。

借金の額が1000万円など高額の場合など、裁判所が免責の判断を必ず出すかというと絶対ではありません。 このような高額でギャンブルが絡んでいる場合で自己破産が微妙な場合は、個人再生という方法で債務整理することをオススメします。 個人再生は五分の一か100万円の高い方に借金が減額されますしマイホームも保持できます。この個人再生の場合は借金がギャンブルでできたものかどうかは影響がありません。

ギャンブルでできた借金でもこのように解決方法の選択肢はありますので、諦めずに弁護士に相談して解決に向けてがんばってください。



■関連エントリー
弁護士に電話相談

1人で悩むより、まず司法書士や弁護士に電話相談をしてみましょう。すべて債務整理に特化した評判の良い事務所さんですので安心してご相談できます。【任意整理・個人再生・自己破産・過払い金】全国対応。

▼債務整理の専門!

イストワール法律事務所

安心の弁護士が対応!ダメ元でもメールで打診してみましょう!解決案があるかも。全国対応24h借金に関する無料相談。借金の取立てを即日STOPすることも可能です。債務整理専門の弁護士事務所。元大手金融業者スタッフ在籍。20,000件超の実績。債権者側の交渉と駆引きの手法を熟知した極限の交渉術。東京都千代田区平河町2-4-13ノーブルコート平河町403号【イストワール法律事務所 弁護士 多田浩章】第二東京弁護士会(登録番号35986)


▼ヤミ金に関しては下記より相談下さい

ウィズユー司法書士事務所


▼おまとめローンは原則で担保・保証人不要です。実質年率7.3%~15%、ご融資金額100万円~700万円

おまとめローン特集



 

© 2014-2018 債務整理を成功させるコツ All Rights Reserved.