債務整理至急相談の画像

FXで自己破産はできるのか?


実際にFXで自己破産した私の「FXで自己破産はできるのか?」コラムです。 結論を言うとFXで自己破産は可能です、しかし免責は負債の内容によるというのが正直な意見です。

FXで一時的にせよ思わぬ大金を手にする人がいます。
元々ギャンブル性が高いFXへの資金規制でレバレッジは25倍に制限されていましたがボラティリティは大きくなっています。 そこから破産へ転落する人のパターンは多額の「税金」が起因となる場合が多いです。 従来のFX取引は雑所得ですから最大50%近く税金がかかります(国内業者に限り現在は分離課税で20%に統一されています) それを知らずに年内儲けてしまって多額の税金を発生させ翌年にスッカラカンになってしまうパターンです。 税金は儲かっている年の分が来年きますら、それで借金地獄に陥ることになります。 FXは証拠金内での損失に限定されるのが普通でそれ以上の損失はあまり出ないことが多いですが、 その資金をどこから捻出したのか?そこも重要です。 FXの負けをFXで取り戻したい一心で借金までしてやるような人もいるのです。 事業資金を使い資金がごっちゃになっている人も多いですね、ギャンブル中毒なのかもしれません。

自己破産に至る原因は様々ですが、こういったFXや株での多額の借金はギャンブル性が強く自己破産はできないと言われていました。 ただ私もFXが一要因の自己破産でしたが問題なく自己破産や免責は受けられると思います。 FXでも貿易会社など為替対策で売買することも多いので一概に趣味やギャンブルという決めつけは出来ないのだと思います。 仮に自営業や会社経営をしている人の方がFXでの損失を会計上で大きく見せないようにすることが可能です。 会社員でFXだけで多額の借金を抱えたケースでは裁判官にもよりますが免責が下りないケースも多々あるようです。 FXの資金源が消費者金融などが主になる場合もあると思いますがそうなると消費者金融の借金になるわけですから FX目的と断定されません。 免責にならないケースは「意図的に損失を増やしてFXで博打をした」という印象を受ける場合だと考えられます。 資金移動や損失隠しと間違えられるような行動は止めておいた方がいいでしょうね。

まとめるとFXで自己破産する場合は「事業を絡めてFXの損失を計上」「FXだけの場合は消費者金融である」この場合は通りやすい。 免責にならない場合は「意図的に損失を増やしてFXで博打をした」などFX専用会社を興しているとか、損失がFXに集中している場合。 FXだけではなく株や不動産にも投資したりしていれば投資性の損失であることは明確になるのですがね。 以上あくまで個人の体験に基づく見識なので正確なジャッジについてはその市町村の裁判官に委ねられます。 実際にFXの自己破産に厳しい裁判官は存在します。 また不安な方は弁護士に個別ケースを相談することをおすすめします。

確実な免責が必要であれば弁護士事務所で可能性を相談してもらってください。 借金の場合の相談は無料で出来ますし着手金も0にしてくれるところもあります。 ネットで無料で相談に乗ってもらえる弁護士事務所や法務事務所を以下ご紹介します。 全国で対応してもらえるそうです。



■関連エントリー
弁護士に電話相談

1人で悩むより、まず司法書士や弁護士に電話相談をしてみましょう。すべて債務整理に特化した評判の良い事務所さんですので安心してご相談できます。【任意整理・個人再生・自己破産・過払い金】全国対応。

▼債務整理の専門!

イストワール法律事務所

安心の弁護士が対応!ダメ元でもメールで打診してみましょう!解決案があるかも。全国対応24h借金に関する無料相談。借金の取立てを即日STOPすることも可能です。債務整理専門の弁護士事務所。元大手金融業者スタッフ在籍。20,000件超の実績。債権者側の交渉と駆引きの手法を熟知した極限の交渉術。東京都千代田区平河町2-4-13ノーブルコート平河町403号【イストワール法律事務所 弁護士 多田浩章】第二東京弁護士会(登録番号35986)


▼ヤミ金に関しては下記より相談下さい

ウィズユー司法書士事務所


▼おまとめローンは原則で担保・保証人不要です。実質年率7.3%~15%、ご融資金額100万円~700万円

おまとめローン特集



 

© 2014-2018 債務整理を成功させるコツ All Rights Reserved.