債務整理を成功させるコツの画像 口コミ体験談の画像 アース司法書士事務所の画像

弁護士の辞任理由について

債務整理受任後にどのような場合に弁護士が辞任してしまうのでしょうか?

虚偽の申告について

依頼者との信頼関係が保てなくなった場合ですから相当な理由がなければ弁護士はまず辞任はしませんが 依頼者からの虚偽の申告、分割金の不払い、音信不通・行方不明などが理由として挙げられます。

代理人に虚偽の事実を告げ、あるいは必要な事実を告げない場合があります。 具体的な事例としては債権者(借入先)を過小に申告する場合が多く見られます。 特に債務者は法的知識がなくクレジットカードによる物品購入や親族・友人からの借り入れを借財として認識していない場合があります。 ヤミ金にような高利貸し、あるいは保証人、親族、恩人を意図的に除外する例もあります。 このような部分的処理は依頼者自身の多重債務の根元を阻害する要因になりますから、全ての情報を開示するように心がけましょう。

分割金の不払い

依頼者の中には分割支払いの約束をしているにも関わらずに着手金の支払いを滞らせ一回も支払わないような人もいます。 このような依頼者が多いことから最近の債務整理は着手金を取る方針にしている弁護士や司法書士は多くなっています。

分割金を滞らせている理由について、親族の急病で出費がかさんだ等の個別理由がある場合もあります。 個別の理由を速やかに明らかにして分割金滞納を解消する方途を弁護士に相談しながら探っていくべきです。 数回の滞納でも辞任されるケースや何も言わない弁護士もいるようですが、信頼を裏切らない行動をしていきましょう。

特定の債権者だけ

債務整理においては弁護士の判断で特定の債務者に対する債務について債務整理の対象から外す場合もあります。 これは債務者の利益に適うという判断と債務者間の公平性に反しないとの判断があってなされることです。 自己の判断や不合理な根拠によって一部債権者へ減額することなく優先的に弁済を行いたいとして債務整理の対象から除外することを 希望する人がいますが、無理に代理人にこうした方針を押しつけるのは止めましょう。

音信不通・行方不明

債務整理の依頼者の中には代理人と音信不通や行方不明になってしまう人もいます。 こういう場合は代理人が辞任するのが一般的です。

逆に弁護士の方が音信不通になってしまい、懲戒事例などもあるようです。 自己破産申立事件を受任した弁護士が依頼者と連絡が取れないなどの事情によって早期に破産申立てができない状態になったということで懲戒処分になったケースです。



■関連エントリー
弁護士に電話相談

1人で悩むより、まず司法書士や弁護士に電話相談をしてみましょう。すべて債務整理に特化した評判の良い事務所さんですので安心してご相談できます。【任意整理・個人再生・自己破産・過払い金】全国対応。

アース司法書士事務所

アース司法書士事務所

24時間電話相談!早朝、夜間、土日祝日対応!全国対応!借金問題の実績5,000件以上の認定司法書士事務所です。個人再生オススメです。 無料ヒアリングであなたの悩みを解決。分かりやすい料金体系、着手金、減額報酬、オプション報酬なし。裁判所から支払督促や訴訟対応OK。法テラス扶助制度の利用が可能。債務者の希望にできるだけ応え粘り強く交渉し。また、手続選択や連絡手段もご依頼者様のニーズに合わせて柔軟に対応。大阪府大阪市北区紅梅町1-7久幸ビル4階【認定司法書士 登録番号3331 近藤陽介】


▼債務整理の専門!

イストワール法律事務所

安心の弁護士が対応!ダメ元でもメールで打診してみましょう!解決案があるかも。全国対応24h借金に関する無料相談。借金の取立てを即日STOPすることも可能です。債務整理専門の弁護士事務所。元大手金融業者スタッフ在籍。20,000件超の実績。債権者側の交渉と駆引きの手法を熟知した極限の交渉術。東京都千代田区平河町2-4-13ノーブルコート平河町403号【イストワール法律事務所 弁護士 多田浩章】第二東京弁護士会(登録番号35986)


▼ヤミ金に関しては下記より相談下さい

ウィズユー司法書士事務所


▼おまとめローンは原則で担保・保証人不要です。実質年率7.3%~15%、ご融資金額100万円~700万円

おまとめローン特集



 

© 2014-2018 債務整理を成功させるコツ All Rights Reserved.