債務整理至急相談の画像

住民税は免責の対象にならない

【質問】 私は住民税を2年分ほど滞納しています。自己破産して免責になったら住民税は払わなくてもいいのでしょうか。


【答え】 免責許可決定がなされていても免責されない破産債権があって、これを「非免責権」といいます。住民税はこの「非免責権」に該当し免責される事はありません。

非免責債権について

免責許可の決定がなされていても免責されない破産債権があります。これを「非免責債権」といいます。以下は破産法が定めている非免責債権の内容です。

①租税等の請求権

②破産者が悪意で加えた不法行為に基づく損害賠償請求権

③破産者が故意または重過失により加えた人の生命又は身体を害する不法行為に基づく損害賠償請求権

④破産者が養育者または扶養義務者として負担すべき費用に関する請求権

⑤雇用関係に基づいて生じた使用人の請求権および使用人の預り金の返還請求権

⑥破産者が知りながら債権者名簿に記載しなかった請求権

⑦罰金等の請求権(罰金・科料・刑事訴訟費用・追徴金・科料の請求権など)

【メモ】私の経験談ですが免責が下りない場合でも税金などの強制執行は止まるケースが多いと思います。私の場合は実際に強制執行が止まり取り立てや連絡も来なくなりました。執行停止の書面が来ます。 その後は時効がありますので滞納も消えます。ただ行政のスタンスとしてはまとまったお金が入れば支払って欲しいという感じですから、完全に支払い義務が消えたと思わない方がいいでしょう。 小額でも払える方は月3千円~5千円を支払っておけば安心です。特に税金は滞納した場合の利息が大きいですから放置はおすすめしませんが。当然ながら他の消費者金融などについては自己破産で督促や強制執行などの連絡は全く来ません。



■関連エントリー
弁護士に電話相談

1人で悩むより、まず司法書士や弁護士に電話相談をしてみましょう。すべて債務整理に特化した評判の良い事務所さんですので安心してご相談できます。【任意整理・個人再生・自己破産・過払い金】全国対応。

▼債務整理の専門!

イストワール法律事務所

安心の弁護士が対応!ダメ元でもメールで打診してみましょう!解決案があるかも。全国対応24h借金に関する無料相談。借金の取立てを即日STOPすることも可能です。債務整理専門の弁護士事務所。元大手金融業者スタッフ在籍。20,000件超の実績。債権者側の交渉と駆引きの手法を熟知した極限の交渉術。東京都千代田区平河町2-4-13ノーブルコート平河町403号【イストワール法律事務所 弁護士 多田浩章】第二東京弁護士会(登録番号35986)


▼ヤミ金に関しては下記より相談下さい

ウィズユー司法書士事務所


▼おまとめローンは原則で担保・保証人不要です。実質年率7.3%~15%、ご融資金額100万円~700万円

おまとめローン特集



 

© 2014-2018 債務整理を成功させるコツ All Rights Reserved.