債務整理を成功させるコツの画像 口コミ体験談の画像 アース司法書士事務所の画像

任意整理とは、裁判所などの公的機関を利用せず、指摘にクレジット・消費者金融業者と話し合い、合意により集団的に債務整理をすることです。その場合、債務者本人ではなかなか債務整理に応じてくれませんので、弁護士などに整理を委任した方がよいでしょう。任意整理を弁護士に依頼すると、直ちに当該業者に対して受任の通知書を送付します、これにより取り立てなどがストップすることになります。

任意整理【特集】



【任意整理の解説まとめ】


クレジット・消費者金融の整理方法としては、任意整理・特定調停・訴訟・自己破産などが考えられますが、多額の債務を抱えて支払不能の状態に陥った人が最期の救済手段として利用している自己破産を除いて、債務整理の方法として弁護士の間で一般的に多く用いられているのは、任意整理による方法です。

任意整理とは、裁判所などの公的機関を利用せず、指摘にクレジット・消費者金融業者と話し合い、合意により集団的に債務整理をすることです。その場合、債務者本人ではなかなか債務整理に応じてくれませんので、弁護士などに整理を委任した方がよいでしょう。任意整理を弁護士に依頼すると、直ちに当該業者に対して受任の通知書を送付します、これにより取り立てなどがストップすることになります。

【任意整理に向くケース】


任意整理に向いている場合というのは、まだ債務が非常に小額で債権者の数も少ない場合ですとか、親戚、知人、友人などに事情を話してお金を借りて、 すべての業者に一括して返すことのできる場合に適しているといえます。

【任意整理の手順】


それぞれの事情によって返済計画は異なりますが、最も一般的な手順として次のような場合が挙げられます。

①債務調査→②債務確定→③弁済案の作成→④業者との交渉→⑤整理案に対する業者の同意→弁済の開始

まず①の債務確定ですが、債務確定を行う前段階として、それぞれのクレジット・消費者金融業者からの借受金額、借受年月日、返済金額、返済年月日を手許にある借用証、領収証、振込金受領書などに基づいて、債務調査表を作成します。借用証や領収証などが手許にない場合は、直接クレジット・消費者金融業者に照会するか、債権調査票を送付して回答を求める方法で調査します。

次にその債務調査結果に基づいて債務確定作業を行いますが、この過程で重要なのは、消費者金融業者はみんな利息制限法違反の利息を取っていますので、利息制限法に基づいて計算して残債務を確定することです。利息制限法の制限利息を超過する部分は元本に充当され、元本に充当した結果、元本が完済となった後の過払い金は返還請求できます。

利息制限法に基づいて計算すると債務は大体少なくとも二~三割は減縮されます。 また、多いときは五割位減縮できる時もありますし、固定した消費者金融業者に長期間支払っている場合は過払いとなり、過払い金の返還請求ができる場合もあります。クレジット会社(信販会社)のキャッシング債務は、同じローン債務ですので、消費者金融の債務と同様に利息制限法に基づき計算して確定すればよいわけです。

このようにして、残債務を確定した後、弁済案を作成します。弁済案は一括弁済案か分割弁済案になります。

親、兄弟などから援助が得られて一定のまとまった資金調達が可能であれば、一括弁済案を作成し、それが困難なときは、毎月の収入より家族の生活に必要な経費を差し引いて返済に充てられる金額を配当資源として、各業者の債券額に応じて毎月弁済していく分割弁済案を作成します。場合によれば各業者に一定のまとまった頭金を支払い、残額について分割払いをしていくというような弁済案を作成することもあります。弁済案は債務者の収入や周囲の援助額などを勘案して、状況に合った柔軟な弁済案を作成していくことが必要です。

弁済案が作成されれば、各業者に送付し業者と交渉し、同意が得られたら弁済を開始します。利息制限法に基づいて債務を確定させ、任意整理を行う場合、債務者本人や親族の者が、クレジット・消費者金融と交渉すれば、業者は言うことを聞かずに困難が伴う事が多いと思われますので、そのような場合は、交渉を弁護士に委任すれば、ほとんどのクレジット・消費者金融業者が交渉に応じ、整理案を承諾します。

【相談事例】


私は信販会社3社、消費者金融4社より約500万円の借金をしていますが、月収は手取り30万円で家族は妻と小学校1年の子供が1人います。最近妻もパートで働き始め一ヶ月約7万円の収入がありますので、毎月20万円はクレジット・消費者金融債務の返済に充てられますが、現在は利息だけでも毎月16万位になるので、完済の見通しが立たず困っています。私のような場合でも任意整理の方法で解決できますか?

【答え】


利息制限法で計算すれば、クレジット・消費者金融の債務は二~三割減縮できるのが普通ですから、200万円以下の債務額になると思われます。そうすると毎月10万円ずつ支払っていけば、完済までの中間利息を考慮しても、ほぼ二年間で完済できる分割弁済案が提示できますから、十分、業者の承諾は得られますので、任意整理の方法で解決可能と思われます。くれぐれも弁済案に基づく返済は滞らないようにしてください。

【任意整理が難しい要因】


債務整理で悩んでいる人の中には、この任意整理にこだわり、なかなか自己破産に踏み切れない人もいます。しかし、任意整理を成功させるのは、一般的にはなかなか難しいといわざるを得ません。

その原因はいろいろありますが、まず①利息制限法引直し計算をきちんとしない業者がいること。計算の基礎になる取引経過書を出さないケースがあります。いつ、いくら返したのかを記載したものが無ければ計算できませんし、本人も混乱していて全然覚えていないのが通常です。

全債権者に債権の一部をカットを呑ませるのも、なかなか困難です。自己破産であれば全額取りはぐれるわけですから、3割カットであればゼロよりはいいと思うはずですが、全ての業者がこのように合理的に行動するとは限りません。やはり裁判所が介入して、資産・収入などをきちんと調査してもらわないと安心できないということでしょうか。

計画に従った返済に関しても、これをきちんとやらない人も残念ながら非常に多いのです。裁判所の正式の手続きを経ていないからでしょうか、ただ当座の請求だけ止まればいいという安易な考えで任意整理を望んでも、うまくいきません。任意整理をした人の7割が結局自己破産していると言われています。しかしじゃあ何でも自己破産で行けばいいのかというと、これにも限界があるのが現実です。


弁護士に電話相談

1人で悩むより、まず司法書士や弁護士に電話相談をしてみましょう。すべて債務整理に特化した評判の良い事務所さんですので安心してご相談できます。【任意整理・個人再生・自己破産・過払い金】全国対応。お電話の際に「借入件数」「総金額」「借入期間」などお伝えいただくとスムーズです。

アース司法書士事務所

アース司法書士事務所

24時間電話相談!早朝、夜間、土日祝日対応!借金問題の実績5,000件以上の法務大臣認定司法書士事務所です。 90分間の無料ヒアリングであなたの悩みを解決。難しい法律用語も分かりやすく丁寧に説明いたします。明快でわかりやすい料金体系、着手金、減額報酬、オプション報酬なし。債務者の希望にできるだけ応えられるよう粘り強く交渉し受任から終了まで専属の担当者が親身なって対応いたします。また、手続選択や連絡手段についても、ご依頼者様のニーズに合わせて柔軟に対応。 大阪府大阪市北区紅梅町1-7久幸ビル4階【認定司法書士 登録番号3331 近藤陽介】


弁護士法人サンク総合法律事務所

弁護士法人サンク総合法律事務所

全国対応・初期費用も¥0ですから安心して相談ができるオススメの弁護士事務所さんです。 24h借金に関する無料相談をネットから受け付けています。住宅ローンが心配な方、自己破産が心配、家族には知られずに債務整理したい方などご相談してみてはいかがでしょうか? 費用に関しては初期費用0で後払い分割払いにも対応していただけます。 受任後すぐに介入通知書を業者に送付する事で借金の取立てを即日STOPすることも可能です。借金総額や月々の返済額が大幅に減る可能性がありますので、まずは相談です! 東京都中央区京橋2-12-4光和ビル3階【弁護士 登録番号29906 樋口卓也】


▼借金問題の専門!

イストワール法律事務所

詳しく細かく無料メール相談できます!交渉力の強い司法書士事務所さんです。「過払い・債務整理・借金・自己破産」のご相談ができます。安心の5,000人以上の相談実績。今月のお支払から止めることができます!催促ストップ可能!メール相談なども数多く対応している司法書士法人さんですので安心してください。元大手金融業者や債務整理経験者のスタッフがいます。損をさせない綿密な引き直し計算と妥協のない返還請求! 東京都渋谷区道玄坂1-19-11セピアビル9F イストワール法律事務所【認定司法書士 登録番号1392 小宮山博之】


▼ヤミ金に関しては同じ認定司法書士の小宮山博之さんに下記より相談下さい

全国対応!ヤミ金解決のジャパンネット法務事務所



 

© 2014-2017 債務整理を成功させるコツ All Rights Reserved.