債務整理を成功させるコツ
債務整理を成功させるコツ【スマホ版】
債務整理を成功させるコツ【タブレット版】

消費者金融やクレジットから借金をして返済困難になった人を多重債務者と言っていますが、150万人から200万人の多重債務者は、自分の収入で返済ができなくなっています。返済しないとクレジット・消費者金融から厳しい取立てを受けることになり、特に職場に取立ての電話があれば職場に居づらくなります。職場にクレジット・消費者金融業者の取立ての電話が何度もかかってくるとリストラの対象になるので、何とか電話が来ないようにするために、新しい消費者金融やクレジットカードで借金をして自転車操業をしているわけです。

▽ どのような人が債務整理の対象?

どのような人が債務整理の対象?

【自転車操業による借金の雪だるま式増加】


消費者金融やクレジットから借金をして返済困難になった人を多重債務者と言っていますが、消費者金融の利用者は1900万人を突破したと言われています。150万人から200万人の多重債務者は、自分の収入で返済ができなくなっています。返済しないとクレジット・消費者金融から厳しい取立てを受けることになり、特に職場に取立ての電話があれば職場に居づらくなります。現在は、不況のまっただ中であり、職場にクレジット・消費者金融業者の取立ての電話が何度もかかってくるとリストラの対象になるので、何とか電話が来ないようにするために、新しい消費者金融やクレジットカードで借金をして自転車操業をしているわけです。

【多重債務の例】


5年前にふとしたことで消費者金融から30万円を借りたことがきっかけとなり、気が付くと借金の額がクレジット・消費者金融会社21社1372万円にも膨れあがってしまったということです。返済が遅れた分だけでも100万円近くに上っており、とても自分の収入(年収420万円)だけでは返済できず、少しでも返済が遅れると職場まで督促の電話がかかってきて仕事もできないほどであると訴えています。

消費者金融・クレジット会社21社から1372万円も借金をすると、通常は毎月の返済必要額が50万円から60万円になります。当然この年収では毎月の手取り月収は二十数万円程度ですのでとても払っていけません。

しかしながら、返済しないと毎月21社から取立ての電話が職場にかかってくることになります。そうすると職場に居づらくなるので、何とかしようと思い、結局は返済のために新たな借金をするという自転車操業を繰り返すことになるのです。

このように夜逃げをしている多重債務者の生活は非常に不安定であり、精神的にも肉体的にもボロボロになった末にホームレスになる人も多く存在します。

借金苦による犯罪も増加しています。ヤミ金融の取立てに追われた老女がひったくり事件を起こし、強盗容疑で逮捕されています。このところの医療費の負担増、年金支給額の引き下げ、不況による雇用難などが高齢者を直撃しており、高齢者が消費者金融やヤミ金の餌食になっているのです。

【借金苦による自殺・夜逃げ・ホームレス・犯罪】


多重債務やクレジット・消費者金融の苛酷な取立てを苦にした自殺や夜逃げが多発しています。経済苦・生活苦による自殺者の多くは、借金苦による自殺です。さらに借金苦のために夜逃げしている人は、年間十数万人に上っているといわれています。借金苦で夜逃げしている多重債務者は、みな住民票を移動しないで逃げています。住民票を移動するとすぐにクレジット・消費者金融業者の取立てが始まるからです。

住民票を移動しないと、ちゃんとした仕事になかなかつきにくくなります。日雇い仕事やパートやアルバイトといった不安定な仕事にしかつけません。また、小学校、中学校の子供がいた場合、住民票がないと正式入学ができず仮入学児童となります。さらに、夜逃げをした人が一番困るのは、病気になったり負傷したときです。住民票を移動していないと健康保険に加入できないので、治療費や入院費が全額自己負担になるからです。

【自己破産は最後の救済手段】


クレジット・消費者金融などにより多額多重債務を抱えてしまい、返済が困難となった場合に、任意整理により業者と交渉し、合意を取り付けて債務を整理する方法があります。しかしながら任意整理は、一定の返済資源を調達できる時にはじめて可能になる債務整理方法です。また、個人再生手続きによる債務整理についても、一定の返済資源を調達する必要があります。

それでは、返済資源が全く調達できなかったり、調達できたとしてもとても業者(債権者)の同意を取り付けることができない位の小額であった場合はどうしたらよいのでしょうか。任意整理や個人再生手続きが困難なほどの多額多重債務を抱えた人々にも、再出発の機会を与える最後の救済手段として「自己破産」という制度があります。最近の多重債務者の破産申立てで特徴的なことは、バブル経済崩壊下の経済不況の影響を受けて、「不況型」「生活苦型」の破産申立てが急増していることです。

多重債務者の状況により債務整理の方法もいくつかあるわけですから、困難な状況でも諦めずに、弁護士に早めに相談して借金問題を早期に整理すべく、まず第一歩を踏み出してみましょう。



弁護士に電話相談

1人で悩むより、まず司法書士や弁護士に電話相談をしてみましょう。すべて債務整理に特化した評判の良い事務所さんですので安心してご相談できます。

アース司法書士事務所

アース司法書士事務所

24時間電話相談が可能!早朝、夜間、土日祝日も対応可能!借金問題の実績5,000件以上の法務大臣認定司法書士事務所です。 90分間の無料ヒアリングであなたの悩みを解決。難しい法律用語も分かりやすく丁寧に説明いたします。明快でわかりやすい料金体系、着手金、減額報酬、オプション報酬なし。 債務者の希望にできるだけ応えられるよう粘り強く交渉し受任から終了まで専属の担当者が親身なって対応いたします。また、手続選択や連絡手段についても、ご依頼者様のニーズに合わせて柔軟に対応。

大阪府大阪市北区紅梅町1-7久幸ビル4階【認定司法書士 近藤 陽介】


樋口総合法律事務所

http://higuchi-law.com/

全国対応・初期費用も¥0ですから安心して相談ができるオススメの弁護士事務所さんです。 24h借金に関する無料相談をネットから受け付けています。住宅ローンが心配な方、自己破産が心配、家族には知られずに債務整理したい方などご相談してみてはいかがでしょうか? 費用に関しては初期費用0で後払い分割払いにも対応していただけます。 受任後すぐに介入通知書を業者に送付する事で借金の取立てを即日STOPすることも可能です。借金総額や月々の返済額が大幅に減る可能性がありますので、まずは相談です!

東京都中央区京橋2-12-4光和ビル3階【弁護士 樋口 卓也】


はたの法務事務所

http://hatano-saimuseiri.net/lp/index2.html

24時間電話相談が可能な司法書士事務所さんです。「過払い・債務整理・借金・自己破産・登記」のご相談ができます。安心の30年で40,000人以上の相談実績。低価格の過払金請求で全国お客様満足度98%以上となります。 24時間365日全国出張対応。手持ち金0円で今月のお支払から止めることができます!催促ストップ可能!メール相談なども数多く対応している司法書士法人さんですので安心してください。「主人に内緒で完済できました!」という声があります女性でもお気軽に相談できますね。

東京都杉並区荻窪5-16-12荻窪NKビル5階【認定司法書士 幡野 博文】


借金の無料相談なら女性専用の債務レディ

http://www.kabaraichannel.com/

新大阪法務司法書士事務所による借金解決・債務整理に関する無料相談サービスです。女性スタッフのみで対応しています。家族に知られずに借金を解決! 24時間メール相談可能!債務整理・過払い請求・個人再生・自己破産に対応。当事務所の専門家に相談する際に、実際に初期費用・着手金を頂くことは、一切ありません。また、金融会社1社あたりの債務整理費用も、依頼者の費用負担を抑える料金設定の20,000円(税別)としておりますので、安心してご相談いただければと思います。

大阪府大阪市東淀川区東中島1-20-12-518【認定司法書士 金井 一美】


相談できないケース

ヤミ金に関してはこちらの弁護士に相談下さい


 

© 2014-2017 債務整理を成功させるコツ All Rights Reserved.