債務整理を成功させるコツの画像 口コミ体験談の画像 アース司法書士事務所の画像

破産とは債務者が経済的に破綻し、その資力をもって全ての債権者に対する債務を完全に弁済することができなくなった場合に、原則として債務者の生活に欠くことのできないものを除く全財産を換価して、すべての債権者に対し、債券額に応じて公平に弁済することを目的とする裁判上の手続きをいいます。

自己破産【特集】



【自己破産の解説まとめ】


破産とは債務者が経済的に破綻し、その資力をもって全ての債権者に対する債務を完全に弁済することができなくなった場合に、原則として債務者の生活に欠くことのできないものを除く全財産を換価して、すべての債権者に対し、債券額に応じて公平に弁済することを目的とする裁判上の手続きをいいます。

この破産は債権者の方からも申し立てることができますが、債務者自らが申し立てる破産を自己破産といいます。また会社など法人が行う自己破産に対して、クレジット・消費者金融利用者などの個人が行う自己破産は一般的に消費者破産とも呼ばれています。

このような自己破産が最近急激に増加してきており、クレジット・消費者金融などから多額の債務を抱えた人達の最後の救済手段として徐々に定着してきています。自己破産の申し立ても比較的簡略化されており、費用も小額で済みますので、債務者本人でも十分申し立てることができます。また、破産による不利益も一般に考えられているほどではありませんので、裁判所の窓口で手続きのやり方を聞いて、自己破産の申し立てをすることをおすすめします。

いかに苦しいからといって、夜逃げや蒸発は、何ら問題の根本的解決にはなりませんし、妻や子供を巻き添えにする一家心中は絶対にしてはならないことです。そのためにも、債務者の最後の救済策として、自己破産という法律上の制度があるのです。自己破産の宣告がなされ、その後免責が決定しますと、借金は無くなることになります。

自己破産の申立てをするには破産原因が存在することが必要です。クレジット・消費者金融の債務者など個人が行う自己破産の破産原因とは、支払不能の状態にあるということです。したがって、自己破産の申立てをして、申立人が支払不能の状態であると裁判所に認定されたときは破産宣告の決定がなされることになります。


「支払不能」の定義について分かりやすく解説していきましょう。


①弁済能力の欠乏とは、財産信用および労力ないし技能によって金銭調達することができないことをいい、債務者に財産がなくても債務者の信用や労力によって金銭を調達し得れば、弁済能力の欠乏とはいえませんし、反対に債務者に財産があっても換価が困難なために金銭を調達できなければ弁済能力が欠乏しているといえます。

②支払不能とは弁済できない状態が継続的であることを必要とし、一時的に家計が苦しく金がないことは支払い不能とはいえません。

③さらに支払い不能は債務者の客観的な財産状態をさしますから、債務者が単に主観的に支払えないと思っているだけでは、必ずしも支払い不能といえません。

支払不能は債務者の財産、信用、労力、技能、年齢、性別、職業、給料などを総合的に判断し、個別的にケースバイケースで認定されます。例えば、債務者が生活保護を受けているようなケースでは、総債務額が低額で債権者数が少数でも支払不能と認定され、破産宣告がなされることになります。


【質問】


30歳の会社員で月収手取り20万円ですが、現在、信販会社6社、消費者金融4社より約500万円の借金を抱えており、毎月の利息の支払いは15万円位に達しています。その為、やむを得ずカードでキャッシングをしたり、新しい消費者金融業者より借入れをして、弁済を続けている状態です。債務整理をしたいのですが、家財道具以外これといって財産もなく、また、親・兄弟の援助も受けられません。このままでは毎日、債務額が膨らんでいくばかりなので、悪循環を断たねばと考えています。雑誌でクレジット・消費者金融の借金苦で困っている人のために自己破産という制度があることを知りましたが、私のような場合でも自己破産の申立てをすれば、破産宣告が出るでしょうか。


【答え】


月収20万円前後の一般的なサラリーマンの場合、クレジット・消費者金融の借金であれば、債務総額350万円ないし400万円を目処に破産申立てができると考えてよいと思います。したがって月収手取り20万円で家財道具のほか特別な財産が無く、信販・消費者金融会社より約500万円の債務を抱えているということですから、自己破産の申立てをすれば破産宣告の決定が出ると思います。

東京地方裁判所において債務総額68万円で破産宣告なされた例があります。この事例は、消費者金融4社から総額68万円の借金をした女性(65歳、無職、年金生活者)の自己破産申立てに対して、破産宣告と免責を決定したというものです。


【個人生活への影響】


債務者の多くは、破産に対して非常に暗いイメージを持っています。また破産すると戸籍に記載されるのではないか、公民権が剥奪されてしまうのではないか、子供の学校に影響するのではないかなど、破産した場合の不利益を気にしています。戸籍に記載されることはありませんし、選挙権も被選挙権もなくなりません。また子供の教育には何の影響もありません。また破産したからといって会社を退職する必要はありませんし、これは公務員の場合も同様です。ただし破産・免責手続き中の給料差押えで、勤務先に破産の事実が発覚し、事実上退職を余儀なくされることは稀にあるようです。

また、破産すると債権者が押し掛けてくるとか、家財道具にベタベタと赤紙が貼られるといったことを気にしている依頼者もいますが、そういうことはあり得ません。債権者は破産申立てによって取立行為が禁止され、差押えを受けることもほとんどありません。


【免責決定を受けた後に残る不利益】


自己破産申立てをして最終的に免責決定を受ければ、一切の借金の支払い義務も無くなりますし、一切の資格制限も無くなることになります。免責決定を受けた後に残る不利益としては次の二つがあります。

①消費者信用取引の制限

破産宣告を受けたことは、わが国にある個人情報機関に事故情報(ブラックリスト)として登録されることになります。登録期間は、信用情報機関によって違いますが、大体5~7年間です。したがって、この期間は、銀行や消費者金融から融資を受けたり、クレジット会社からクレジットカードの発行を受けることが困難になります。

②今後10年間は原則として免責決定が受けられないこと

破産法は、破産者が免責申立て前10年以内に免責を受けたことがあることを免責不許可事由の一つとしてあげています。したがって、原則として今後10年間は、再び多額の借金をしても免責決定は受けられないことになります。自己破産の申立てをして免責決定を受けた人は、少なくともその後10年間は、自分の生活を厳しく管理し、再び多額の借金を抱えないように十分に注意する必要があるわけです。


弁護士に電話相談

1人で悩むより、まず司法書士や弁護士に電話相談をしてみましょう。すべて債務整理に特化した評判の良い事務所さんですので安心してご相談できます。【任意整理・個人再生・自己破産・過払い金】全国対応。

アース司法書士事務所

アース司法書士事務所

24時間電話相談!早朝、夜間、土日祝日対応!全国対応!借金問題の実績5,000件以上の認定司法書士事務所です。個人再生オススメです。 無料ヒアリングであなたの悩みを解決。難しい法律用語も分かりやすく丁寧にご説明。分かりやすい料金体系、着手金、減額報酬、オプション報酬なし。債務者の希望にできるだけ応え粘り強く交渉し受任から終了まで専属の担当者が親身なって対応。また、手続選択や連絡手段もご依頼者様のニーズに合わせて柔軟に対応。大阪府大阪市北区紅梅町1-7久幸ビル4階【認定司法書士 登録番号3331 近藤陽介】


弁護士法人サンク総合法律事務所

弁護士法人サンク総合法律事務所

全国対応・初期費用も¥0ですから安心して相談ができるオススメの弁護士事務所さんです。 24h借金に関する無料相談をネットから受け付けています。住宅ローンが心配な方、自己破産が心配、家族には知られずに債務整理したい方など。費用に関しては初期費用0で後払い分割払いにも対応していただけます。受任後すぐに介入通知書を業者に送付、借金の取立てを即日STOPすることも可能。借金総額や月々の返済額が大幅に減る可能性がありますので、まずは相談!東京都中央区京橋2-12-4光和ビル3階【弁護士 登録番号29906 樋口卓也】


天音法律事務所

弁護士法人天音法律事務所

全国対応の弁護士事務所、24時間365日受付対応、分割相談可能で初期費用0円。家族や会社に内緒の整理可能です。1件140万を超える債務の場合は弁護士必須。【解決例1】借入れ総額が大きく、任意整理での支払いが難しかった為、自己破産をご提案。【解決例2】将来金利のカットとアルバイトでの収入を加味して、任意整理をご提案。【解決例3】自己破産は避けたいとの事でしたので、任意整理にて将来金利をカット。 東京都千代田区平河町2-7-2 VORT永田町9階【弁護士 人見勝行】第一東京弁護士会(登録番号28805)


▼ヤミ金に関しては下記より相談下さい

ウィズユー司法書士事務所


▼おまとめローンは原則で担保・保証人不要です。実質年率7.3%~15%、ご融資金額100万円~700万円

おまとめローン特集



 

© 2014-2017 債務整理を成功させるコツ All Rights Reserved.